ミドルの転職体験レポート

50代の転職体験レポート

431
59歳 / 男性 / 年収650万円
NEW
銀行のコンプライアンス・監査(59歳)が、金融業の経営企画にキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:600万円 職種:コンプライアンス・監査 業種:金融(銀行)
  • 現職 年収:650万円 職種:経営企画 業種:金融(その他)
2022/12/06
51歳 / 男性 / 年収1000万円
NEW
総合商社の法人営業(51歳)が、電気・電子・半導体メーカーへ年収1000万円で転職成功。
  • 前職 年収:1250万円 職種:営業(法人向け) 業種:商社(総合)
  • 現職 年収:1000万円 職種:営業(法人向け) 業種:メーカー(電気・電子・半導体)
#年収ダウン #異業種への転職 #新しい分野への挑戦
2022/12/01
50歳 / 男性 / 年収1300万円
NEW
「書類選考NGになった会社から、驚きの内定取得」IT企業の営業企画(50歳)が選考に復活できた理由とは?
  • 前職 年収:1100万円 職種:営業企画 業種:IT
  • 現職 年収:1300万円 職種:商品企画・開発 業種:IT
2022/11/28
54歳 / 男性 / 年収600万円
NEW
「転職したばかりの会社で短期離職の憂き目に...」不動産会社の総務(54歳)が、しくじり転職から学んだポイント。
  • 前職 年収:500万円 職種:総務 業種:不動産
  • 現職 年収:600万円 職種:管理部長 業種:メーカー(機械)
2022/11/28
56歳 / 男性 / 年収750万円
「2回目の転職は妥協しない」意中の1社に集中して、他企業のオファーを辞退したWeb系プロジェクトマネージャー(56歳)の目論見。
  • 前職 年収:700万円 職種:プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) 業種:IT
  • 現職 年収:750万円 職種:ITコンサルタント 業種:メーカー(その他)
#ワークライフバランス #異業種への転職
2022/11/17
56歳 / 男性 / 年収1250万円
「55歳を迎え、残りの10年をどう働くか」総合商社の内部監査(56歳)が見据えた、最後の会社員生活の過ごし方。
  • 前職 年収:1100万円 職種:内部監査 業種:商社(総合)
  • 現職 年収:1250万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(化学・素材・食品・衣料) 業種:商社(鉄鋼・金属)
#年収アップ #キャリアの集大成
2022/11/14
58歳 / 男性 / 年収600万円
食品商社の生産管理(58歳)が、百貨店・スーパーへ転職成功。
  • 前職 年収:600万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(化学・素材・食品・衣料) 業種:商社(食品)
  • 現職 年収:600万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(化学・素材・食品・衣料) 業種:流通・小売(百貨店・スーパー・コンビニ)
#異業種への転職
2022/11/08
54歳 / 男性 / 年収850万円
「役職定年でやる気を失い、”働かないおじさん”になりたくない」機械メーカーの内部監査(54歳)が求めた、仕事のやりがい。
  • 前職 年収:950万円 職種:内部監査 業種:メーカー(機械)
  • 現職 年収:850万円 職種:財務・コントローラー 業種:メーカー(化学・素材)
#社会貢献 #キャリアの集大成
2022/11/07
51歳 / 男性 / 年収600万円
「ぜひうちに来て欲しい」通信系メーカーの施工管理(51歳)が、応募先の社長に直接乞われて転職成功。
  • 前職 年収:550万円 職種:施工管理(設備) 業種:メーカー(コンピューター・通信系)
  • 現職 年収:600万円 職種:その他、技術系(建築・設備・土木・プラント) 業種:電気・ガス・水道
#異業種への転職 #事業再編
2022/11/07
54歳 / 女性 / 年収800万円
機械メーカーの法務・コンプライアンス(54歳)が、電気・電子・半導体メーカーへ年収800万円で転職成功。
  • 前職 年収:750万円 職種:法務・コンプライアンス 業種:メーカー(機械)
  • 現職 年収:800万円 職種:法務・コンプライアンス 業種:メーカー(電気・電子・半導体)
2022/11/05
51歳 / 男性 / 年収950万円
金融業の汎用系PM(51歳)が、広告・出版業のWeb・オープン系PMに年収950万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:900万円 職種:プロジェクトマネージャー(汎用系) 業種:金融(その他)
  • 現職 年収:950万円 職種:プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) 業種:放送・広告・印刷・出版
#年収アップ #異業種への転職
2022/11/03
53歳 / 男性 / 年収700万円
医療機関の経営幹部(53歳)が、建築・土木業の建築設計に年収700万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:299万円以下 職種:経営者・COO・経営幹部・カントリーヘッド 業種:医療
  • 現職 年収:700万円 職種:設計(建築) 業種:建築・土木
#異業種への転職 #異職種への転職 #コロナ禍
2022/11/02
53歳 / 男性 / 年収600万円
自動車・輸送機器メーカーの生産技術(53歳)が、電気・電子・半導体メーカーの生産管理にキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:450万円 職種:生産技術・製造技術・エンジニアリング(機械・自動車) 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
  • 現職 年収:600万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(電気・電子) 業種:メーカー(電気・電子・半導体)
#年収アップ
2022/11/02
54歳 / 男性 / 年収700万円
不動産業の社内SE・システム管理(54歳)が、保険会社のITコンサルタントに年収700万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:450万円 職種:社内SE・システム管理 業種:不動産
  • 現職 年収:700万円 職種:ITコンサルタント 業種:金融(保険)
#年収アップ #異業種への転職 #異職種への転職
2022/10/31
52歳 / 男性 / 年収850万円
「会社が存続の危機で、定年までの勤務は難しい」転職の時期を前倒した不動産管理の総務(52歳)が、メーカー総務に転職成功。
  • 前職 年収:800万円 職種:総務 業種:不動産
  • 現職 年収:850万円 職種:総務 業種:メーカー(その他)
#異業種への転職 #最後の転職
2022/10/31
53歳 / 男性 / 年収1050万円
コンサル・シンクタンクの人事(53歳)が、医薬品・医療機器メーカーの人事へ年収1050万円で転職成功。
  • 前職 年収:1100万円 職種:人事(採用・労務・教育など) 業種:コンサルティングファーム・シンクタンク
  • 現職 年収:1050万円 職種:人事(採用・労務・教育など) 業種:メーカー(医薬品・医療機器)
#社会貢献 #異業種への転職
2022/10/30
52歳 / 女性 / 年収750万円
自動車・輸送機器メーカーの人事企画(52歳)が、アパレル販売業へ年収750万円で転職成功。
  • 前職 年収:700万円 職種:人事制度・企画 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
  • 現職 年収:750万円 職種:人事制度・企画 業種:流通・小売(ファッション・アパレル)
#異業種への転職
2022/10/30
55歳 / 男性 / 年収750万円
不動産業の法務・コンプライアンス(55歳)が、管理系職に年収750万円で転職成功。
  • 前職 年収:700万円 職種:法務・コンプライアンス 業種:不動産
  • 現職 年収:750万円 職種:その他、管理部門系 業種:不動産
#年収アップ
2022/10/17
50歳 / 男性 / 年収900万円
百貨店・スーパーの総務(50歳)が、鉄鋼・金属商社へ年収900万円で転職成功。
  • 前職 年収:850万円 職種:総務 業種:流通・小売(百貨店・スーパー・コンビニ)
  • 現職 年収:900万円 職種:総務 業種:商社(鉄鋼・金属)
#年収アップ
2022/10/17
52歳 / 男性 / 年収700万円
「マネジメント業務より、化学知識を活かした技術営業をしたい」化学メーカーの生産管理(52歳)がチャレンジした最後の転職。
  • 前職 年収:700万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(化学・素材・食品・衣料) 業種:メーカー(化学・素材)
  • 現職 年収:700万円 職種:その他、技術系(化学・素材・食品・衣料) 業種:メーカー(その他)
#専門性の追求
2022/10/17
52歳 / 男性 / 年収600万円
機械メーカーの海外営業(52歳)が、商社の法人営業にキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:650万円 職種:海外営業 業種:メーカー(機械)
  • 現職 年収:600万円 職種:営業(法人向け) 業種:商社(その他)
#事業再編
2022/10/16
52歳 / 男性 / 年収600万円
医薬品・化粧品・バイオ商社のMR・MS(52歳)が、医療機関へ転職成功。
  • 前職 年収:1350万円 職種:MR(医薬情報担当者)・MS(医薬品卸販売担当者) 業種:商社(医薬品・化粧品・バイオ)
  • 現職 年収:600万円 職種:MR(医薬情報担当者)・MS(医薬品卸販売担当者) 業種:医療
#年収ダウン #介護との両立
2022/10/13
59歳 / 男性 / 年収1050万円
自動車・輸送機器メーカーの研究開発(59歳)が、メーカーの生産管理に年収1050万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:1000万円 職種:研究・開発(その他、化学・素材・食品・衣料) 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
  • 現職 年収:1050万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(化学・素材・食品・衣料) 業種:メーカー(その他)
#年収アップ
2022/10/05
57歳 / 男性 / 年収1100万円
IT企業の社内SE・システム管理(57歳)が、金融業へ年収1100万円で転職成功。
  • 前職 年収:800万円 職種:社内SE・システム管理 業種:IT
  • 現職 年収:1100万円 職種:社内SE・システム管理 業種:金融(その他)
#年収アップ #異業種への転職 #役職付き転職
2022/10/05
53歳 / 男性 / 年収950万円
銀行のリスク管理・与信管理(53歳)が、年収950万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:800万円 職種:リスク管理・与信管理・債権管理 業種:金融(銀行)
  • 現職 年収:950万円 職種:法務・コンプライアンス 業種:建築・土木
#年収アップ #異業種への転職
2022/10/03
51歳 / 男性 / 年収550万円
不動産業のファシリティマネジメント(51歳)が、プロパティマネジメントに転職成功。
  • 前職 年収:450万円 職種:ファシリティマネジメント・設備管理 業種:不動産
  • 現職 年収:550万円 職種:プロパティマネジメント 業種:不動産
#ワークライフバランス
2022/10/03
52歳 / 男性 / 年収1200万円
コンサル・シンクタンクの組織・人事コンサルタント(52歳)、年収1200万円で転職成功。
  • 前職 年収:1200万円 職種:組織・人事コンサルタント 業種:コンサルティングファーム・シンクタンク
  • 現職 年収:1200万円 職種:組織・人事コンサルタント 業種:コンサルティングファーム・シンクタンク
2022/10/02
52歳 / 男性 / 年収600万円
自動車・輸送機器メーカーの購買・調達(52歳)が、機械メーカーへ転職成功。
  • 前職 年収:900万円 職種:購買・調達 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
  • 現職 年収:600万円 職種:購買・調達 業種:メーカー(機械)
#早期退職
2022/10/01
52歳 / 男性 / 年収600万円
機械メーカーの海外営業(52歳)が、鉄鋼・金属商社へ転職。
  • 前職 年収:650万円 職種:海外営業 業種:メーカー(機械)
  • 現職 年収:600万円 職種:営業(法人向け) 業種:商社(鉄鋼・金属)
2022/10/01
50歳 / 男性 / 年収1200万円
IT企業の営業マネージャー(50歳)、年収1200万円で転職成功。
  • 前職 年収:1650万円 職種:営業マネージャー・管理職 業種:IT
  • 現職 年収:1200万円 職種:営業マネージャー・管理職 業種:IT
2022/09/30
57歳 / 男性 / 年収600万円
コンサル・シンクタンクの会計士・税理士、57歳での転職成功。
  • 前職 年収:600万円 職種:会計士・税理士 業種:コンサルティングファーム・シンクタンク
  • 現職 年収:600万円 職種:会計士・税理士 業種:コンサルティングファーム・シンクタンク
2022/09/30
53歳 / 男性 / 年収900万円
機械メーカーの企画系職(53歳)が、法人営業に年収900万円で転職成功。
  • 前職 年収:900万円 職種:その他、経営・経営企画・事業企画系 業種:メーカー(機械)
  • 現職 年収:900万円 職種:営業(法人向け) 業種:メーカー(機械)
#異職種への転職
2022/09/30
51歳 / 男性 / 年収600万円
不動産業の総務(51歳)が、建築・土木業へ転職成功。
  • 前職 年収:700万円 職種:総務 業種:不動産
  • 現職 年収:600万円 職種:総務 業種:建築・土木
2022/09/29
50歳 / 男性 / 年収700万円
医療機関の技術系職(50歳)が、福祉・介護業の経理に年収700万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:550万円 職種:その他、技術・専門職系(メディカル) 業種:医療
  • 現職 年収:700万円 職種:経理 業種:福祉、介護
#年収アップ #異職種への転職
2022/09/29
59歳 / 男性 / 年収500万円
電気・電子・半導体メーカーの電気設計エンジニア、59歳での転職成功。
  • 前職 年収:450万円 職種:設計・開発エンジニア(電気) 業種:メーカー(電気・電子・半導体)
  • 現職 年収:500万円 職種:設計・開発エンジニア(電気) 業種:メーカー(電気・電子・半導体)
#年収アップ
2022/09/29
57歳 / 男性 / 年収800万円
「これまで培った知見を次世代に伝承したい」鉄鋼商社のベテラン生産管理(57歳)が、自動車メーカーに見出したキャリア展望。
  • 前職 年収:800万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(機械・自動車) 業種:商社(鉄鋼・金属)
  • 現職 年収:800万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(化学・素材・食品・衣料) 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
#次世代への継承
2022/09/29
52歳 / 男性 / 年収1500万円
通信販売業の物流企画(52歳)が、電気・電子・半導体メーカーの生産管理に年収1500万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:1400万円 職種:物流企画・ロジスティクス 業種:通信販売
  • 現職 年収:1500万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(電気・電子) 業種:メーカー(電気・電子・半導体)
#年収アップ #異業種への転職
2022/09/28
50歳 / 男性 / 年収1200万円
医薬品・医療機器メーカーの販促企画(50歳)が、回路設計エンジニアに年収1200万円で転職成功。
  • 前職 年収:1200万円 職種:マーケティング・販促企画 業種:メーカー(医薬品・医療機器)
  • 現職 年収:1200万円 職種:設計・開発エンジニア(電子回路) 業種:メーカー(医薬品・医療機器)
#異職種への転職
2022/09/28
50歳 / 女性 / 年収900万円
広告・出版業のWeb・ゲームプロデューサー(50歳)が、人材ビジネスの組織・人事コンサルタントに年収900万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:1000万円 職種:プロデューサー・ディレクター(Web・モバイル・ゲーム関連) 業種:放送・広告・印刷・出版
  • 現職 年収:900万円 職種:組織・人事コンサルタント 業種:人材ビジネス
#年収ダウン #異業種への転職 #異職種への転職
2022/09/28
54歳 / 男性 / 年収600万円
メーカーの法人営業、54歳での転職成功。
  • 前職 年収:1050万円 職種:営業(法人向け) 業種:メーカー(その他)
  • 現職 年収:600万円 職種:営業(法人向け) 業種:メーカー(その他)
#ワークライフバランス #年収ダウン #転居・移住
2022/09/28
58歳 / 男性 / 年収1300万円
電気・電子・半導体メーカーの経理(58歳)、年収1300万円で転職成功。
  • 前職 年収:1350万円 職種:経理 業種:メーカー(電気・電子・半導体)
  • 現職 年収:1300万円 職種:経理 業種:メーカー(電気・電子・半導体)
#年収ダウン #キャリアの集大成
2022/09/27
56歳 / 男性 / 年収500万円
官公庁・団体の事務(56歳)が、特許・知財に転職成功。
  • 前職 年収:900万円 職種:一般事務・営業事務 業種:団体・連合会・官公庁
  • 現職 年収:500万円 職種:特許・知的財産関連 業種:団体・連合会・官公庁
#年収ダウン #専門性の追求
2022/09/27
57歳 / 男性 / 年収1200万円
建築・土木業の社内SE・システム管理(57歳)が、アパレル販売業のCTO・CIOに年収1200万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:1050万円 職種:社内SE・システム管理 業種:建築・土木
  • 現職 年収:1200万円 職種:CTO・CIO 業種:流通・小売(ファッション・アパレル)
#年収アップ #異業種への転職 #異職種への転職
2022/09/24
50歳 / 男性 / 年収650万円
証券会社のWeb・オープン系SE、50歳での転職成功。
  • 前職 年収:600万円 職種:SE(Web・オープン系) 業種:金融(証券)
  • 現職 年収:650万円 職種:SE(Web・オープン系) 業種:金融(証券)
#ワークライフバランス #年収アップ
2022/09/23
53歳 / 男性 / 年収900万円
その他の業種の経営幹部(53歳)が、自動車・輸送機器メーカーの人事に年収900万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:750万円 職種:経営者・COO・経営幹部・カントリーヘッド 業種:その他の業種
  • 現職 年収:900万円 職種:人事(採用・労務・教育など) 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
#年収アップ #異業種への転職
2022/09/23
55歳 / 男性 / 年収700万円
通信販売業の経営幹部(55歳)が、機械メーカーの総務に年収700万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:700万円 職種:経営者・COO・経営幹部・カントリーヘッド 業種:通信販売
  • 現職 年収:700万円 職種:総務 業種:メーカー(機械)
#異業種への転職 #異職種への転職 #コロナ禍 #新しい分野への挑戦
2022/09/19
54歳 / 男性 / 年収1450万円
「メーカーの経営企画」から「IT系企業のプレイングマネージャー」に転身した54歳。年収大幅アップの秘訣とは。
  • 前職 年収:900万円 職種:経営企画 業種:メーカー(その他)
  • 現職 年収:1450万円 職種:営業マネージャー・管理職 業種:IT
#年収アップ #異業種への転職 #役職付き転職 #グローバルでの活躍
2022/09/19
56歳 / 男性 / 年収500万円
化学・素材メーカーの生産技術(56歳)が、その他の業種の調査員・リサーチャーにキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:800万円 職種:生産技術・製造技術・エンジニアリング(化学・素材・食品・衣料) 業種:メーカー(化学・素材)
  • 現職 年収:500万円 職種:調査員・リサーチャー 業種:その他の業種
#年収ダウン #異業種への転職 #異職種への転職
2022/09/15
51歳 / 男性 / 年収700万円
「50代になり、会社もちょうど世代交代の時期」閑職に追いやられる前に、同業での年収アップ転職を実現した施工管理職(51歳)。
  • 前職 年収:350万円 職種:施工管理(建築) 業種:建築・土木
  • 現職 年収:700万円 職種:施工管理(建築) 業種:建築・土木
#年収アップ
2022/09/14
51歳 / 男性 / 年収400万円
「約1年のブランクから復帰したい」かたっぱしから過去の経験職種に応募した51歳が、転職ハンデを乗り越えられたワケ。
  • 前職 年収:600万円 職種:人事制度・企画 業種:その他の業種
  • 現職 年収:400万円 職種:SE(Web・オープン系) 業種:IT
#年収ダウン #異職種への転職
2022/09/12
50代転職のギモンを解決!ミドルの転職 Q&A

50代の転職は厳しい?成功の秘訣は?

「あと何年かで定年も見えてきた。しかし、人生100年時代。まだ仕事でチャレンジできるのでは?」
「60代になる前、50代の今の方が転職できるのでは?厳しいのか?」

迫りくる定年の壁を前に、自分の仕事と生活の先行きを考え直すタイミングでもある50代。今のままの会社に残るという選択はもちろんありますが、自身の本当にやりたいことやライフワークを追及するために転職するという選択をする50代は、実際に増えている状況です。

とはいえ、50代の転職活動はかなり厳しいものになることは間違いありません。その理由などを解説していきます。

これまでの転職では、「転職で実現したいこと」を実現できたか?に関するアンケート結果

事実、転職を成功させた方に実施した調査では、25%の人が理想通りの転職を「実現できた」と回答。つまり、4人に1人程度の確率で、希望を全て叶えるような転職はできないという結果となっています。50代の転職活動が、簡単ではないことが見て取れます。

50代の転職活動が厳しくなる理由は、なにより企業の求人が少ないことが第一。そして企業側の求めるスキル・経験と、応募者のスキル・経験のマッチングが難しいという点が挙げられます。

また、転職活動が成功して入社をした後にも、加齢による体力の低下、新しい環境での学習困難や、スキル獲得の不調等、上手く順応できずに「こんなはずじゃなかった…」と、離職してしまう例も多々あります。つまり、最終定着するところまで含めて、50代の転職活動は難しく、成功するためには、事前に転職市場の動向や企業側の意向を収集し、対策を打つ必要があるでしょう。

50代の転職市場の動向は?

では、ここからは50代の転職市場の動向に関して、解説します。

2021年4月に施行された「改正高年齢者雇用安定法」により、企業には労働者が70歳になるまでの雇用機会の確保が求められるようになりました。結果、企業側の「ミドル・シニア活用」が増え、求人が増加を始めています。実際に企業側の求人の動きに詳しい転職コンサルタントに伺いました。

Q.直近、50代を対象とした求人は増えていると感じますか?

直近、50代を対象とした求人は増えていると感じるか?に関するアンケート結果

直近、50代を対象にした求人は増えているか?と伺うと、「増えている」と回答したコンサルタントは43%となりました。全体の半数近いコンサルタントが50代求人の増加を実感しています。

Q.求人が増えていると感じる理由を教えてください。

50代を対象とした求人が増えていると感じる理由に関するアンケート結果

続いて、求人が増えていると感じる理由について聞くと、「若手人材の不足により、採用人材の年齢層を広げざるを得ないため」が63%と最多。次いで「既存事業拡大に伴う、経験者募集が増えているため」が53%となっています。

Q.ミドル・シニアの活用について取り組みを行っている企業は何割程度あると感じますか?

ミドル・シニアの活用について取り組みを行っている企業は何割程度あると感じるか?に関するアンケート結果

また、ミドル・シニアの活用について取り組みを行なっている企業の割合を聞くと、「3割以上」という回答がもっとも多く32%。「5割以上」という回答が29%と続きました。多くの企業でミドル・シニア活用が進行し、今後さらに増えていくことが予見されます。50代の転職市場で、転職活動を始めるなら、今が良いタイミングと言えそうです。

50代の転職に企業側は何を希望する?求める人材の特徴は?

転職市場の動向を把握した後は、より詳細に企業側が50代の転職者に希望するスキル・経験や、特徴について再び転職コンサルタントに聞いていきましょう。

Q.50代の採用において企業が求める人に共通する特徴を教えてください。

50代の採用において企業が求める人に共通する特徴に関するアンケート結果

50代の採用において、企業が求める人材に共通する特徴について、聞いてみました。第1位は、「特定分野において高い専門性を持っている」ことが、90%となりました。ほぼ全ての企業で専門性がある50代を求めていることがわかります。

次いで、第2位は「豊富な経験を活かして、短期間で戦力になれる」53%。3位は「マネジメント能力が高く、若手社員の指導ができる」43%となりました。上位の選択肢を統合すると、企業側が求める50代像が浮かび上がってきます。

例えば、「経理・財務」など特化したスキル・経験があり、業界をまたいだ転職だったとしても業界の差異を学ぶことによって、短期間で戦力になれる人。さらに管理職経験や若手へのスキル伝導経験などがあれば尚良しでしょう。

50代の転職活動期間は?想定よりも長引く

ここからは、50代の転職経験者に、実際にかかった転職活動期間と、想定とのズレなどを聞いていきます。厳しいことが多い50代の転職活動。どれくらいの期間がかかるものなのでしょうか。

Q.転職活動(準備~入社まで)にかかった期間をお答えください。

転職活動(準備~入社まで)にかかった期間に関するアンケート結果

実際に転職した50代に、転職活動でかかった期間を聞くと、「半年程度」と回答した人が最も多く33%となりました。次いで「3カ月程度」が23%。普段の業務が多忙すぎて、なかなか転職活動に時間が取れず、1年を超えてしまう方も合計で21%となり、転職活動が長期戦になる可能性は見越しておいた方が良さそうです。

Q.転職活動期間は事前の想定と比べていかがでしたか?

転職活動期間は事前の想定と比べてどうだったか?に関するアンケート結果

転職活動の期間に対して、事前の想定と比べてどうだったか聞いたところ、約半数の49%が「想定より長引いた」と回答しました。

コメントでは「1社を応募してから結果が出るまでに1~3週間ほどかかり、あっという間に時間がたってしまいました。(50代・男性)」の他、業務の多忙さや、なかなか選考が通過しなかったという声が聞かれました。

50代の転職で年収はどうなる?

続いて、50代の転職経験者に、年収の変化について実情を聞いてみました。どんなにやりたい仕事であっても、家族や生活のためにも上げておきたい年収問題。どれくらいの変化起きるのでしょうか。

Q.転職を機に年収の変化はありましたか?

転職を機に年収の変化はあったか?に関するアンケート結果

転職によって「年収が上がった」と回答したのは、全体の半数にあたる52%に上りました。一方、「年収が下がった」人は32%。また、「変化はなかった」人が16%となりました。

Q.具体的にどれくらい変わりましたか?

転職によって具体的にどれくらい年収が変わったか?に関するアンケート結果

次に、具体的にどれくらい年収が上がったか金額を聞くと「100~149万円」が25%と最多。「50~99万円」アップした人は19%と二番目に多い結果になりました。採用市場において需要の高い職業、たとえばエンジニアやマーケティング職などは、転職後に年収アップする傾向があります。手っ取り早く自身の市場価値を知りたいという方は、まずは転職コンサルタントに相談してみると良いでしょう。

Q.年収が変化した要因として、前職から何が変わりましたか?(複数選択可)

年収が変化した要因として、前職から何が変わったか?に関するアンケート結果

また、年収が上がった要因として前職から何が変化したか聞くと「基本給」が変わったと答えた人が80%と最多になりました。次いで、「賞与額」が変わった人は54%。ベース賃金のアップは何より年収アップの要因ですが、賞与アップでカバーするという方法もあります。転職コンサルタントや企業との年収交渉の際に、忘れないようにしたい部分です。

50代で異業種・未経験への転職は可能?

Q.これまでに異業種への転職をしたことはありますか?

これまでに異業種への転職をしたことはあるか?に関するアンケート結果

結論から申し上げると、50代でも異業種・未経験への転職は可能です。実際に、アンケートで50代の転職経験者に聞いてみると、異業種・未経験に転職をしたことが「ある」と回答したのは52%と過半数を超えています。

Q.異業種に転職をして良かったと感じたことを教えてください。

異業種に転職をして良かったと感じたことに関するアンケート結果

異業種に転職した50代に、良かったことは何かと伺ってみると、1位は「知識やスキルを磨けた/身につけられた」。2位は「仕事の幅が広がった」となりました。

3位以下は「年収水準が上がった」、「経験を活かせた」、「経験やスキルを高く評価してもらえた」といった回答が続きました。

異業界側の企業としても、これまでの業界にはいなかった人材から、スキル・経験を持ち込んでもらえるというメリットがあり、採用の門戸は広そうです。最初から無理と諦める前に、まずは思い切って応募してみることも大事です。

Q.異業種への転職について懸念する点があれば教えてください。

異業種への転職について懸念する点に関するアンケート結果

また、未経験の業界に転職をする上での懸念点を聞いてみると「業種未経験でも選考が通るか」がもっとも多い結果となりました。次いで「これまでの経験・スキルが通用するか」、「年収が下がらないか」がランクインしました。

自身が培ってきたスキル・経験をどのように未経験の業界で活かしていくのかを見定め、企業側に説明できるかが転職成功の鍵となります。応募する際の不安は大きいものの、50代というベテランだからこそできるポイントを見出し、アピールしていきましょう。

50代の転職を成功させるには?

転職成功した50代に、転職を成功させるために事前にどのようことをしておくべきか聞いてみました。

Q.転職活動に入る前にどのようなことをやっておくべきと思いますか?

50代が転職活動に入る前にどのようなことをやっておくべきと思うか?に関するアンケート結果

1位「職務経歴の棚卸し」
2位「希望条件に優先順位をつける」
3位「家族の理解を得ておくこと」
4位「経済リスクを念頭にした資金準備、貯金」
5位「志望分野の応募条件・採用基準の事前確認をする」

1位「職務経歴の棚卸し」
50代のあなたがどんなに自分のスキルや経験に自信があったとしても、職務経歴書やレジュメ上で伝えられなければ書類選考すら通りません。

30代や40代の頃も含めれば、数年単位かプロジェクト単位で、スキル・経験は膨大なものなっているはずです。まずは、棚卸をして整理しておくことが大事です。アピールの根拠になる成果はあったか他、自身の知見・スキルを端的に説明できるようにしておきましょう。

2位「希望条件に優先順位をつける」
全ての希望条件を、転職で叶えられる人は希少です。仕事内容は自分のしたいことだが、年収が落ちる求人等はよく聞く話。また、勤務地が思ったより遠い、仕事の拘束時間が長い等、自身が大事にしたい条件の優先順位をつけることで、何を妥協するか妥協しないかが明確になるはずです。

3位「家族の理解を得ておくこと」
意外に盲点なのが、3位の「家族の理解を得ておくこと」です。近年、「嫁ブロック・夫ブロック」という言葉がありますが、家族に転職活動をしたことを黙っていたことで、いざ打ち明けた際に反対を受けて、選考を辞退する例が後を絶ちません。

家族、子供がいる場合は自分だけの都合で転職を決めることは難しいものです。特に子供が中高生になっている場合は転居を伴う転職は難しい場合が多いでしょう。

直近の生活はどうするか、将来はどうするのか、学費はるのかなど、家族の理解と協力がないと反対の憂き目にあうこともあります。内定取得の前に家族に相談し、避けては通れない現実問題をきちんと話をすることで、理解と応援に繋がっていくはずです。

近年の調査では、家族に転職を反対された経験がある既婚者は、約4人に1人。転職をする際に家族からの反対を生まないためにも、事前に相談をして、理解を得ておきましょう。

4位「経済リスクを念頭にした資金準備、貯金」
前述のように、50代の転職活動は半年以上の長期戦になる可能性が高いです。そのため、仕事を退職してから転職活動を始める場合は、転職活動中の収入がないため貯金をしておく必要があります。収入がない状態での転職活動は、気の落ち込みや先行き不安につながったという悲痛な声も聞かれます。自信がない状態での転職活動は、さらに悪循環を生む可能性がありますのでご注意ください。

5位「志望分野の応募条件・採用基準の事前確認をする」
自分一人の力で志望する分野の応募条件・採用基準を確認することはなかなか難しいのですが、そういつ時ほど転職のプロフェッショナルであるエージェントやコンサルタントの力を借りることは、成功の近道でしょう。

もちろんエージェントによって強い業界や業種、求職者フォローの厚さは千差万別ですが、志望分野の応募条件・採用基準の事前確認は、基本的に対応してくれるはずです。また、ご自身に合うエージェントが見つかれば、必ずや転職成功に向けて併走してくれるでしょう。ぜひ活用をご検討ください。

50代転職のよくある質問

【Q】50代の職務経歴書、書き方のコツはありますか?
【A】50代の応募者に対して、企業側が確認することは、「特定分野において高い専門性を持っている」、「豊富な経験を活かして、短期間で戦力になれる」、「マネジメント能力が高く、若手社員の指導ができる」という点が上位項目です。

自社に入社した際に専門スキルを発揮できるか。もしすぐに発揮できなかった場合でも、早々に新たなスキルを獲得できるかいう観点や、管理職として働くイメージが書類を見てイメージできるかが選考通過の鍵となります。

そのため職務経歴書では、これまで経験した職務内容をただ羅列するだけではなく、応募先企業の仕事内容や役割に合わせたアピールポイントを強調して書くことがポイントです。

【Q】50代の転職活動。エントリー社数は多い方がいいですか?
【A】ある程度、希望条件に叶う会社であれば多めにエントリーしておいた方がよいと考えます。
求人数が少ない中で、多くの候補者と競うことになるのが50代の転職活動です。そのため、まずはエントリーする会社を増やすということが転職成功の第一歩。

あまりに多くの求人にエントリーして訳が分からなくなったという声も聞かれますが、10社以上はエントリーする人がほとんどです。希望に近しい求人であればエントリーし、選考通過の確率を上げていきましょう。

【Q】転職回数が多いと不利になるのでしょうか?
【A】転職回数による採用の判断軸は、希望される業界、求人企業先によって異なります。
明確に判断軸を設けている企業もあれば、気にされないという企業もあるため、事前にエージェントやコンサルタントに質問すれば、回答はもらえるでしょう。

とはいえ50代であれば、転職回数も様々です。転職した理由と共に、今後どのようにしていきたいか具体的にアピールすることで企業側が受ける印象が良くなることもあります。参考にしてください。

【Q】リストラで退職したことを正直に伝えても良いのでしょうか?
【A】リストラや倒産などの退職理由を伝えることで、転職活動が不利になることはほぼありません。50代になれば、社会人人生も紆余曲折、良い時も悪い時もあることが普通です。
リストラで自信を無くしてしまったという声もよく聞かれますが、気持ちを切り換え、面接では将来に向けた前向きなビジョンをアピールしていきましょう。

【Q】退職理由を問われた際は、正直な気持ちを伝えても良いのでしょうか?
【A】退職理由を正直に伝えることは問題ないと思われます。
企業側は、応募者がどうして前職を退職したのか、本当の理由を知りたいものですので、言い訳めいた理由を伝えるよりは、本当の理由を正直に伝えた方が、好印象に映る場合があります。

退職理由が健康上の理由や、結婚、転居などで通勤が困難になってしまった場合、正直に説明し、前向きな意思を伝えていきましょう。

なお、不満や不平ばかりを並べたてると企業側に良い印象は持たれません。退職理由に終始するのではなく、今度どうしていきたいのかを絡めたアピールをすることをお勧め致します。

例えば、「前職の保守的な姿勢に対して違和感をもった」場合、「優れた意見やアイデアを取り入れながらチャレンジし続けるような企業で働きたい」等、前向きな姿勢に言い換えて伝えていけばよいでしょう。

他の転職体験レポートも
探してみませんか?
年代 / 職種から転職体験レポートを探す
タグから転職体験レポートを探す
年代から転職体験レポートを探す
職種から転職体験レポートを探す
あなたの転職体験談を教えてください!
掲載させていただいた方の中から
毎月抽選で5名様に
30,000円分のAmazonギフト券を贈呈!
発表
当選された方には、
メールでお知らせいたします
* 本キャンペーンはエン・ジャパン株式会社による提供です。 本キャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。
* Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
エン・ジャパンのミドル専用ハイクラス転職サイトを通じて、転職を成功された50代の皆さんの転職活動の体験談です。50代の他にも20代・30代・40代・60代の年代別の転職体験談を多数掲載。年収1000万円以上の転職成功者続出!
転職体験レポートを絞り込む
年代から転職体験レポートを絞り込む
職種から転職体験レポートを絞り込む
経営・経営企画・事業企画系
管理部門系
SCM・ロジスティクス・物流・購買・貿易系
営業系
マーケティング・販促企画・商品開発系
コンサルタント系
金融系専門職
不動産系専門職
技術系(IT・Web・通信系)
技術系(電気・電子・半導体)
技術系(機械・メカトロ・自動車)
技術系(化学・素材・食品・衣料)
技術系(建築・設備・土木・プラント)
技術・専門職系(メディカル)
サービス・流通系
クリエイティブ系