ミドルの転職体験レポート

40代の転職体験レポート

1653
42歳 / 男性 / 年収1000万円
NEW
「社内にポジションがなく、給与が頭打ちに」IT系のPM(42歳)が、年収アップを目指してコンサルファームへ転職。
  • 前職 年収:600万円 職種:プロジェクトマネージャー(メディカル) 業種:IT
  • 現職 年収:1000万円 職種:その他、コンサルタント系 業種:コンサルティングファーム・シンクタンク
#年収アップ #異業種への転職 #異職種への転職
2023/02/02
43歳 / 男性 / 年収800万円
NEW
「リモート勤務なら、地方にいながら都心の仕事ができる」IT系のSE(43歳)が見据えたアフターコロナの働き方。
  • 前職 年収:700万円 職種:プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) 業種:IT
  • 現職 年収:800万円 職種:ITコンサルタント 業種:IT
#年収アップ
2023/01/30
41歳 / 男性 / 年収900万円
NEW
「定年までの長い社会人人生を考え、転職を決意。」コンピューター・通信系メーカーのWeb・オープン系PM(41歳)が、通信キャリアへ年収900万円で転職成功。
  • 前職 年収:850万円 職種:プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) 業種:メーカー(コンピューター・通信系)
  • 現職 年収:900万円 職種:プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) 業種:通信キャリア
#年収アップ
2023/01/29
45歳 / 男性 / 年収950万円
NEW
「今後のキャリア、家族の生活を考えた。」化学・素材メーカーの営業企画(45歳)が、販促企画に年収950万円で転職成功。
  • 前職 年収:800万円 職種:営業企画 業種:メーカー(化学・素材)
  • 現職 年収:950万円 職種:マーケティング・販促企画 業種:メーカー(化学・素材)
#年収アップ
2023/01/29
45歳 / 男性 / 年収750万円
NEW
「会社都合退職になり、転職活動を開始」自動車・輸送機器メーカーのプロジェクトマネージャー(45歳)が、生産管理に年収750万円で転職成功。
  • 前職 年収:700万円 職種:プロジェクトマネージャー(機械・自動車) 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
  • 現職 年収:750万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(機械・自動車) 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
#年収アップ
2023/01/28
44歳 / 男性 / 年収700万円
NEW
「品質管理に専念できる環境がないか」自動車・輸送機器メーカーの生産管理(44歳)が、電気・電子・半導体メーカーへ年収700万円で転職成功。
  • 前職 年収:500万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(機械・自動車) 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
  • 現職 年収:700万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(電気・電子) 業種:メーカー(電気・電子・半導体)
#年収アップ
2023/01/27
44歳 / 男性 / 年収1150万円
NEW
「年収1150万円で、メガバンクに転職成功」金融系の社内SE(44歳)が実践した転職活動の工夫。
  • 前職 年収:1000万円 職種:社内SE・システム管理 業種:金融(銀行)
  • 現職 年収:1150万円 職種:社内SE・システム管理 業種:金融(銀行)
#年収アップ
2023/01/26
44歳 / 男性 / 年収750万円
NEW
「内勤職に異動するより、営業がしたい」生保の営業(44歳)が見つけた、スキルが活かせる投資用不動産の営業。
  • 前職 年収:750万円 職種:その他、金融系 業種:金融(保険)
  • 現職 年収:750万円 職種:営業(個人向け) 業種:不動産
#異業種への転職 #新しい分野への挑戦
2023/01/26
45歳 / 男性 / 年収600万円
「現職では、モチベーションを維持するのが困難に感じた。」電気・電子・半導体メーカーの社内SE・システム管理(45歳)が、自動車・輸送機器メーカーへ転職成功。
  • 前職 年収:550万円 職種:社内SE・システム管理 業種:メーカー(電気・電子・半導体)
  • 現職 年収:600万円 職種:社内SE・システム管理 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
#年収アップ
2023/01/21
42歳 / 男性 / 年収600万円
「収入面で頭打ちが見えた...」建築・土木業の管理系職(42歳)が、人材ビジネスの営業マネージャーにキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:550万円 職種:その他、管理部門系 業種:建築・土木
  • 現職 年収:600万円 職種:営業マネージャー・管理職 業種:人材ビジネス
#年収アップ #異業種への転職 #異職種への転職
2023/01/21
47歳 / 女性 / 年収550万円
「得意分野を活かし、海外と繋がる仕事がしたい」鉄鋼・金属商社の海外営業(47歳)が、食品メーカーの貿易・通関にキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:500万円 職種:海外営業 業種:商社(鉄鋼・金属)
  • 現職 年収:550万円 職種:貿易・通関 業種:メーカー(食品)
#年収アップ #コロナ禍
2023/01/17
48歳 / 男性 / 年収600万円
「結婚、出産、子育てを機に、ワークライフバランスを整えたい」小売流通業界のSV(48歳)が、介護・福祉の施設長に転職成功。
  • 前職 年収:500万円 職種:スーパーバイザー(SV) 業種:流通・小売(百貨店・スーパー・コンビニ)
  • 現職 年収:600万円 職種:施設長・事務長・その他介護福祉系職 業種:福祉、介護
#年収アップ #異業種への転職 #異職種への転職
2023/01/16
46歳 / 男性 / 年収1000万円
「社長が変わり、時代の流れに逆行していた」広告・出版業のWeb・オープン系PM(46歳)が、コンサルタントに年収1000万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:700万円 職種:プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) 業種:放送・広告・印刷・出版
  • 現職 年収:1000万円 職種:その他、コンサルタント系 業種:コンサルティングファーム・シンクタンク
#年収アップ
2023/01/15
45歳 / 男性 / 年収850万円
「異動により、これまでの経験を活かせなくなった」Web・オープン系PM(45歳)が、コンピューター・通信系メーカーへ年収850万円で転職成功。
  • 前職 年収:950万円 職種:プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) 業種:その他の業種
  • 現職 年収:850万円 職種:プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) 業種:メーカー(コンピューター・通信系)
2023/01/14
42歳 / 男性 / 年収1150万円
「社会貢献できる範囲が限定的・・・」自動車・輸送機器メーカーのプロジェクトマネージャー(42歳)が、商品企画・開発に年収1150万円で転職成功。
  • 前職 年収:1000万円 職種:プロジェクトマネージャー(機械・自動車) 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
  • 現職 年収:1150万円 職種:商品企画・開発 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
#社会貢献 #年収アップ
2023/01/13
42歳 / 男性 / 年収850万円
「親会社へ出向になり、全く違う業務内容に」コールセンターのコールセンター運営・管理(42歳)、年収850万円で転職成功。
  • 前職 年収:750万円 職種:コールセンター運営・管理 業種:コールセンター
  • 現職 年収:850万円 職種:コールセンター運営・管理 業種:コールセンター
2023/01/12
47歳 / 男性 / 年収650万円
「信用金庫のビジネスモデルに限界を感じた」銀行の法人営業(47歳)が、金融業の代理店営業にキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:600万円 職種:法人営業(金融) 業種:金融(銀行)
  • 現職 年収:650万円 職種:代理店営業・ホールセラー 業種:金融(その他)
2023/01/11
43歳 / 男性 / 年収500万円
「公共施設等のデザインから、経験のない日用品のデザインに挑戦」プロダクトデザイナー(43歳)が、苦戦した転職活動で見つけた自分の強み。
  • 前職 年収:500万円 職種:デザイナー(ファッション・インテリア・工業) 業種:メーカー(その他)
  • 現職 年収:500万円 職種:デザイナー(ファッション・インテリア・工業) 業種:メーカー(日用品・化粧品)
#社会貢献 #ワークライフバランス
2023/01/09
46歳 / 男性 / 年収1250万円
「自分の市場価値に可能性を感じた」自動車・輸送機器メーカーの機械設計エンジニア(46歳)が、ファッション・アパレルメーカーの研究開発に年収1250万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:650万円 職種:設計・開発エンジニア(機械・メカトロ) 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
  • 現職 年収:1250万円 職種:研究・開発(その他、化学・素材・食品・衣料) 業種:メーカー(ファッション・アパレル)
#年収アップ #異業種への転職
2023/01/07
49歳 / 女性 / 年収550万円
「年収アップを目指して、最後の転職」小売業の貿易・通関、49歳での転職成功。
  • 前職 年収:500万円 職種:貿易・通関 業種:流通・小売・サービス(その他)
  • 現職 年収:550万円 職種:貿易・通関 業種:流通・小売・サービス(その他)
#年収アップ
2023/01/06
45歳 / 男性 / 年収1200万円
「企業の課題解消に密接に関わりたい」組織・人事コンサルタント(45歳)が、コンサル・シンクタンクへ年収1200万円で転職成功。
  • 前職 年収:1150万円 職種:組織・人事コンサルタント 業種:その他の業種
  • 現職 年収:1200万円 職種:組織・人事コンサルタント 業種:コンサルティングファーム・シンクタンク
#専門性の追求
2023/01/05
48歳 / 男性 / 年収850万円
「50歳を目前に、自身の市場価値を知りたいと思っただけ」消極的に転職活動を始めたIT業の内部監査(48歳)が出会った、今よりスキルを活かせる会社。
  • 前職 年収:800万円 職種:内部監査 業種:IT
  • 現職 年収:850万円 職種:内部監査 業種:インターネット広告・メディア
2023/01/05
47歳 / 男性 / 年収900万円
「13営業日のスピード内定」自動車・輸送機器メーカーの経理(47歳)が、広告・出版業の経理へ年収900万円で転職成功。
  • 前職 年収:850万円 職種:経理 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
  • 現職 年収:900万円 職種:経理 業種:放送・広告・印刷・出版
#新しい分野への挑戦
2023/01/04
43歳 / 男性 / 年収500万円
「焦らずじっくり、自分を持つことが大切。」生産技術、43歳での転職成功。
  • 前職 年収:400万円 職種:生産技術・製造技術・エンジニアリング(機械・自動車) 業種:その他の業種
  • 現職 年収:500万円 職種:生産技術・製造技術・エンジニアリング(メディカル) 業種:その他の業種
#年収アップ
2022/12/30
47歳 / 男性 / 年収750万円
「仕事に不満はないが、会社の経営状況が不安」安定した経営基盤を求めて、メーカーに転職した経理(47歳)の考え。
  • 前職 年収:600万円 職種:経理 業種:団体・連合会・官公庁
  • 現職 年収:750万円 職種:経理 業種:メーカー(その他)
#年収アップ
2022/12/29
46歳 / 男性 / 年収850万円
「20年間、客先常駐SEを経験してIT企業の社内SEへ転職」46歳のエンジニアが迎えた、キャリアの転機。
  • 前職 年収:750万円 職種:社内SE・システム管理 業種:IT
  • 現職 年収:850万円 職種:社内SE・システム管理 業種:IT
2022/12/29
44歳 / 女性 / 年収800万円
「最後は年収ではなく人で決めた」。IT企業のWeb・オープン系PM(44歳)が、戦略コンサルタントに年収800万円で転職成功。
  • 前職 年収:650万円 職種:プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) 業種:IT
  • 現職 年収:800万円 職種:戦略コンサルタント 業種:IT
#年収アップ
2022/12/28
45歳 / 男性 / 年収650万円
建築・土木業のファシリティマネジメント(45歳)が、フロント・マンション管理に転職成功。
  • 前職 年収:550万円 職種:ファシリティマネジメント・設備管理 業種:建築・土木
  • 現職 年収:650万円 職種:フロント・マンション管理 業種:建築・土木
#年収アップ #最後の転職
2022/12/26
45歳 / 男性 / 年収350万円
生産管理(45歳)が、コンサルタントに転職成功。
  • 前職 年収:500万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(化学・素材・食品・衣料) 業種:その他の業種
  • 現職 年収:350万円 職種:その他、コンサルタント系 業種:その他の業種
#コロナ禍
2022/12/26
41歳 / 男性 / 年収600万円
コンサル・シンクタンクの人事(41歳)が、医療機関の人事企画にキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:550万円 職種:人事(採用・労務・教育など) 業種:コンサルティングファーム・シンクタンク
  • 現職 年収:600万円 職種:人事制度・企画 業種:医療
2022/12/25
47歳 / 女性 / 年収700万円
建築・土木業の建築・土木コンサルタント(47歳)、年収700万円で転職成功。
  • 前職 年収:650万円 職種:建築・土木技術開発・建設コンサルタント 業種:建築・土木
  • 現職 年収:700万円 職種:建築・土木技術開発・建設コンサルタント 業種:建築・土木
#新しい分野への挑戦
2022/12/25
45歳 / 男性 / 年収650万円
アパレル販売業の店長・販売・店舗管理、45歳での転職成功。
  • 前職 年収:650万円 職種:店長・販売・店舗管理 業種:流通・小売(ファッション・アパレル)
  • 現職 年収:650万円 職種:店長・販売・店舗管理 業種:流通・小売(ファッション・アパレル)
2022/12/24
47歳 / 女性 / 年収750万円
不動産業の人事(47歳)が、年収750万円で転職成功。
  • 前職 年収:600万円 職種:人事(採用・労務・教育など) 業種:不動産
  • 現職 年収:750万円 職種:人事(採用・労務・教育など) 業種:その他の業種
2022/12/23
46歳 / 男性 / 年収800万円
46歳経理が、IT企業へ年収800万円で転職成功。
  • 前職 年収:800万円 職種:経理 業種:その他の業種
  • 現職 年収:800万円 職種:経理 業種:IT
2022/12/23
46歳 / 男性 / 年収800万円
建築・土木業の建築施工管理(46歳)、年収800万円で転職成功。
  • 前職 年収:1000万円 職種:施工管理(建築) 業種:建築・土木
  • 現職 年収:800万円 職種:施工管理(建築) 業種:建築・土木
2022/12/22
48歳 / 女性 / 年収650万円
「子供がいて、なるべく在宅勤務ができる環境で働きたい」ママさん経理(48歳)が決めたワークライフバランス重視の転職。
  • 前職 年収:650万円 職種:経理 業種:フード・レストラン
  • 現職 年収:650万円 職種:経理 業種:流通・小売・サービス(その他)
#ワークライフバランス
2022/12/22
46歳 / 男性 / 年収800万円
「障がいのある家族と暮らすには“全国転勤”がキツイ...」食品メーカー法人営業(46歳)が感じた限界と、希望の働き方。
  • 前職 年収:1400万円 職種:営業(法人向け) 業種:メーカー(食品)
  • 現職 年収:800万円 職種:営業(法人向け) 業種:商社(その他)
#ワークライフバランス #介護との両立
2022/12/22
45歳 / 男性 / 年収400万円
「家族や趣味も大事にしたい」45歳人事が、年収50万円アップで転職成功。
  • 前職 年収:350万円 職種:人事(採用・労務・教育など) 業種:その他の業種
  • 現職 年収:400万円 職種:人事(採用・労務・教育など) 業種:その他の業種
#ワークライフバランス
2022/12/21
49歳 / 男性 / 年収600万円
フード・レストラン業の調理師・メニュー開発(49歳)が、食品販売業へ転職成功。
  • 前職 年収:600万円 職種:料理長・シェフ・調理師・メニュー開発 業種:フード・レストラン
  • 現職 年収:600万円 職種:料理長・シェフ・調理師・メニュー開発 業種:流通・小売(食品)
#ワークライフバランス
2022/12/21
46歳 / 男性 / 年収950万円
「やりたい職種への異動が叶わず、社外で挑戦したい」化学メーカーの生産技術(46歳)が、設備設計職に転職成功。
  • 前職 年収:750万円 職種:生産技術・製造技術・エンジニアリング(化学・素材・食品・衣料) 業種:メーカー(化学・素材)
  • 現職 年収:950万円 職種:設計(設備) 業種:メーカー(化学・素材)
#年収アップ
2022/12/19
49歳 / 男性 / 年収650万円
建築・土木業の営業系職(49歳)が、建築施工管理に転職成功。
  • 前職 年収:400万円 職種:その他、営業系 業種:建築・土木
  • 現職 年収:650万円 職種:施工管理(建築) 業種:建築・土木
#ワークライフバランス
2022/12/16
45歳 / 男性 / 年収650万円
自動車・輸送機器メーカーの生産管理、45歳での転職成功。
  • 前職 年収:650万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(機械・自動車) 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
  • 現職 年収:650万円 職種:生産管理・品質管理・品質保証・工場長(機械・自動車) 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
#早期退職 #事業再編
2022/12/16
47歳 / 男性 / 年収450万円
フード・レストラン業の店長・販売・店舗管理(47歳)が、店舗開発・FC開発に転職成功。
  • 前職 年収:400万円 職種:店長・販売・店舗管理 業種:フード・レストラン
  • 現職 年収:450万円 職種:店舗開発・FC開発 業種:フード・レストラン
#転居・移住
2022/12/15
49歳 / 男性 / 年収950万円
「社長交代により、会社の方向性と自身のキャリアが合わなくなった」IT企業の内部監査(49歳)に訪れた、50歳目前の転機。
  • 前職 年収:950万円 職種:内部監査 業種:IT
  • 現職 年収:950万円 職種:経営企画 業種:IT
#異職種への転職 #新しい分野への挑戦
2022/12/15
46歳 / 男性 / 年収600万円
小売業のWeb・オープン系SE(46歳)が、金融業のWeb・オープン系PMにキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:650万円 職種:SE(Web・オープン系) 業種:流通・小売・サービス(その他)
  • 現職 年収:600万円 職種:プロジェクトマネージャー(Web・オープン系) 業種:金融(その他)
#年収ダウン #異業種への転職
2022/12/14
41歳 / 男性 / 年収600万円
その他の業種の自動車設計エンジニア(41歳)が、自動車・輸送機器メーカーへ転職成功。
  • 前職 年収:500万円 職種:設計・開発エンジニア(自動車・輸送機器) 業種:その他の業種
  • 現職 年収:600万円 職種:設計・開発エンジニア(自動車・輸送機器) 業種:メーカー(自動車・輸送機器)
#年収アップ
2022/12/14
44歳 / 男性 / 年収800万円
Web・オープン系SE(44歳)が、銀行の社内SE・システム管理に年収800万円でキャリアチェンジ。
  • 前職 年収:700万円 職種:SE(Web・オープン系) 業種:その他の業種
  • 現職 年収:800万円 職種:社内SE・システム管理 業種:金融(銀行)
#年収アップ
2022/12/12
47歳 / 女性 / 年収800万円
「コロナ禍、日本の家族が心配で帰国を決意」製薬メーカーのシンガポール駐在から、化学メーカーの海外営業に転職した47歳。
  • 前職 年収:800万円 職種:海外営業 業種:メーカー(医薬品・医療機器)
  • 現職 年収:800万円 職種:海外営業 業種:メーカー(化学・素材)
#コロナ禍 #帰国
2022/12/12
43歳 / 男性 / 年収800万円
医療機関の管理部長(43歳)が、不動産業の経理に年収800万円で転職成功。
  • 前職 年収:750万円 職種:管理部長 業種:医療
  • 現職 年収:800万円 職種:経理 業種:不動産
#異業種への転職 #専門性の追求
2022/12/10
47歳 / 男性 / 年収650万円
メーカーの人事(47歳)が、商社の人事へ転職成功。
  • 前職 年収:700万円 職種:人事(採用・労務・教育など) 業種:メーカー(その他)
  • 現職 年収:650万円 職種:人事(採用・労務・教育など) 業種:商社(その他)
#転居・移住
2022/12/08
40代転職のギモンを解決!ミドルの転職 Q&A

40代の転職は厳しいのか?成功の秘訣は?

「40代の転職は厳しいのでは?」
「転職活動を始めたものの書類選考が通らない。20代の転職の時はそんなことなかったのに…」

培ってきたスキルや知見に自信があったものの、いざ転職活動を始めてみると立ちはだかる年齢の壁。おかしい、こんなはずではなかったと焦る声も多く聞きます。

40代の転職は、やはり厳しいのでしょうか?結論から言えば、厳しいです。しかし、厳しい部分をしっかりと注意して進めれば転職成功は決して夢の話ではありません。早速、厳しい部分を解説していきます。

40代の転職が厳しい・難しいと言われる理由

(1)40代を対象にした求人の数が若手と比較して少ない
(2)企業が40代の候補者に求める「スキル・経験」がニッチ
(3)転職により、年収が下がるリスクがある
(4)40代の求職者側に転職で譲れない条件が増える

(1)40代を対象にした求人の数が若手と比較して少ない
40代を対象にした求人は、世の中全体であるにはあるものの、20代・30代レベルのスキルを求める求人と比較すれば圧倒的に少なくなります。

また、長期的なキャリア形成を見込む場合、募集する人を35歳以下に制限できる求人もあり、より一層求人の数が絞られる状況です。少ない席を経験豊富なミドルたちが競い合う状況と言っていいでしょう。

(2)企業が40代の候補者に求める「スキル・経験」がニッチ
求人が少ないことに加え、求められる「スキル・経験」がニッチという点も、40代の転職が厳しいと言われる理由の一つです。20代の時のようなポテンシャル採用ではなく、企業側で明確に欲しい「スキル・経験」が決まっており、その条件に合う人材しか採用しないため、マッチングが難しいと言われています。

(3)転職により、年収が下がるリスクがある
特に新卒で大手企業に入社し、比較的給与テーブルが高い中で昇進・昇給してきた40代にとっては、転職によって給与が下がる可能性があります。どんなに面接で意気投合して内定を取得したとしても、条件提示によって大幅な給与ダウンとわかり、内定を辞退したという事例は枚挙にいとまがありません。

(4)40代の求職者側に転職で譲れない条件が増える
40代になり家族が増えた、子供が成長して学費がかかるため年収維持は絶対必要。親の看護のため転勤はできないなど、転職で譲れない条件が増えるのも40代の転職の厳しい部分です。妻・夫から「その条件では、転職反対」と告げられ、せっかく希望の会社から内定取得したものの泣く泣く辞退した40代も散見されます。

40代の転職を成功させるには?

(1)自身のスキル・知見をきちんと棚卸する
(2)企業が求めるスキル・知見とマッチする部分をピックする
(3)ある程度、希望する会社であればエントリーする
(4)エージェントや転職コンサルタントの力を借りる

(1)自身のスキル・知見をきちんと棚卸する
40代の転職を成功させるために、まず何をすべきかと問われれば、1番に自身のスキル・知見の棚卸です。あなたがどんなに自分に自信があったとしても、職務経歴書やレジュメ上で伝えられなければ書類選考すら通りません。

特に40代になったことで、スキル・知見は膨大なものなっているはず。まずは、棚卸をして整理しておくことが大事です。20代~30代を俯瞰してみてどのようなスキルが身についているのか、根拠となる成果はあったかなど、自身の知見・スキルを端的に説明できるようにしておきましょう。

(2)企業が求めるスキル・知見とマッチする部分をピックする
企業が40代の候補者に求めるスキルは、同じ職種の求人であっても1社1社よく見ると違いがあるもの。なかなか100%マッチする人材がいないということが多々あります。そのため、前段で棚卸して整理した自身の知見・スキルの中からその企業で必要なものや近しいものをピックして、職務経歴書やレジュメに記載してアピールすることが重要です。

(3)ある程度、希望する会社であればエントリーする
求人数が少ない中で、他の候補者が多数応募してくるのがミドルの転職です。そのため、まずはエントリーする会社を増やすということも転職成功の第一歩です。あまりに多くの求人にエントリーして訳が分からなくなったという声も聞かれますが、10社以上はエントリーする人がほとんどです。希望に近しい求人であればエントリーし、選考の確率を上げていきましょう。

(4)エージェントや転職コンサルタントの力を借りる
最後に、自分一人の力で頑張りすぎないということもポイントです。転職のプロフェッショナルであるエージェントやコンサルタントの力を借りることは、転職成功の近道でしょう。もちろんエージェントによって強い業界や業種、求職者フォローの厚さは千差万別です。求人企業への理解度、求職者の職種への理解度、年収交渉が強いなど強みもバラバラですが、自身に合うエージェントが見つかれば、必ずや転職成功に向けて併走してくれるでしょう。

40代の転職で年収はどうなる?

Q.年収は具体的にどれくらい変わりましたか?

転職によって具体的にどれくらい年収が変わったか?に関するアンケート結果

転職によって「年収が上がった」と回答したミドル世代に、具体的にどれくらい年収が上がったか金額を聞くと「100~149万円」が25%と最多になっています。「50~99万円」アップは19%と二番目に多い結果に。採用市場において需要の高い職業、たとえばエンジニアやマーケティング職は、特に転職後に年収アップする傾向があります。手っ取り早く自身の市場価値を知りたいという方は、まずは転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

Q.年収が変化した要因として、前職から何が変わりましたか?(複数選択可)

年収が変化した要因として、前職から何が変わったか?に関するアンケート結果

また、年収が上がった要因として、前職からの変化を聞くと「基本給」が変わったと答えた人が80%と最多になりました。次いで、「賞与額」が変わった人は54%。ベース賃金のアップは何より年収アップの要因ですが、賞与アップでカバーするという方法もあります。企業との年収交渉の際に、頭に入れておきたい部分です。

40代で転職する際の注意点

(1)転職活動の長期化を考慮する
(2)自己アピールすべき項目を見極める

(1)転職活動の長期化を考慮する

Q.転職活動期間は事前の想定と比べていかがでしたか?

転職活動期間は事前の想定と比べてどうだったか?に関するアンケート結果

Q.転職活動(準備~入社まで)にかかった期間をお答えください。

転職活動(準備~入社まで)にかかった期間に関するアンケート結果

実際に転職した40代に、転職活動期間が想定と比べてどうだったか聞いたところ、約半数の46%が「想定より長引いた」と回答しました。

また、実際にかかった期間を聞くと、「半年程度」と回答した40代が最も多く32%。次いで「3カ月程度」が27%となりました。転職活動が長期戦になる可能性は見越しておいた方が良さそうです。

事実、コメントでは
「自分がチャレンジしたいと思う業務と待遇面を妥協しなかったため(40代・男性)」
「出来る限り納得いく内容や形での転職を希望しており、妥協せず、転職先と時間をかけてしっかりとやりとりをして最終決断をしたため(40代・男性)」
「45歳という年齢、大手子会社に居たというプライドが転職活動の邪魔になりました。(40代・男性)」
など様々なエピソードが寄せられました。

(2)自己アピールすべき項目を見極める
仕事人としての経験が長くなってきたことにより、自身のアピールするポイントが多くなり、逆に散漫になってしまう40代が見受けられます。また、自身がアピールできると思っていたポイントが、「実は全然アピールにならない」というズレが生じる40代も。

これらは、自身の客観視が難しくなるからこそ起きる事象です。解決のためには、自問自答などしながら事故で見極める方法と、エージェントや友人知人など第三者による見極めが有効です。自分ではアピールできるポイントではないと思っていた成果や、仕事のエピソード、あなた自身の特性などが、実は他者から見たらアピールポイントだったということは往々にして起こり得ます。ズレを補正し、自身のアピールできるポイントを打ち出しましょう。

40代の転職市場の動向について

Q.直近、ミドル人材対象の求人増減は変化していると感じますか。

直近、ミドル人材対象の求人増減は変化していると感じるか?に関するアンケート結果

実際に求人に触れている転職エージェントに話を聞くと、近年ミドル人材対象の求人が「増加していると感じる」「どちらかといえば増加していると感じる」と答えた人が合計76%に上りました。8割近いエージェントが、ミドル対象求人の増加を実感しており、「35歳転職限界説」はもはや過去の話と言っていい状況です。

Q.ミドル人材を対象とした求人募集が増えていると感じる「業種」を教えてください。

ミドル人材を対象とした求人募集が増えていると感じる「業種」に関するアンケート結果

続いて、ミドル人材の求人が増える業界について聞くと、「IT・インターネット」業界が最多となりました。次いで、「メーカー」、「コンサルティング」、「建築・不動産」が続く結果となっています。IT業界を筆頭に、専門の知識やスキルを求められる業界がランクインしていることが見て取れました。上記の業界を目指すと、転職成功の可能性が高まりそうです。

40代で異業種・未経験でも転職は可能?

Q.これまでに異業種への転職をしたことはありますか?

これまでに異業種への転職をしたことはあるか?に関するアンケート結果

結論から言えば、40代でも異業種・未経験への転職は可能です。
実際に、アンケート調査をしてみても、異業種・未経験での転職をしたことが「ある」と回答したのは56%と過半数を超えています。

Q.異業種に転職をして良かったと感じたことを教えてください。

異業種に転職をして良かったと感じたことに関するアンケート結果

過去に異業種へ転職を経験した方へ、転職して良かったと感じたことを聞くと、1位は「知識やスキルを磨けた/身につけられた」。2位は「仕事の幅が広がった」となりました。

3位以下は「年収水準が上がった」、「経験を活かせた」、「経験やスキルを高く評価してもらえた」といった回答が続きました。

異業界側の企業としても、これまでの業界にはいなかった人材やスキル・経験を持ち込んでもらえるというメリットがあり、採用の門戸は広そうです。最初から無理かもと諦める前に、まずは思い切って応募してみることをオススメします。

Q.異業種への転職について懸念する点があれば教えてください。

異業種に転職する上で懸念する点に関するアンケート結果

異業界転職をする上で、懸念すべき点をミドル世代に聞くと、「業種未経験でも選考が通るか」がもっとも多い懸念点となりました。次点は「これまでの経験・スキルが通用するか」。3位には大きな問題である「年収が下がらないか」がランクインしました。

異業界での経験がない以上、自身の近しい知見・スキルで評価してもらうしか手はなく、手探りでエントリーする不安は大きいもの。とはいえ、エントリーしなければ選考すら実施されないことを考えると、不安でもとにかく「当たって砕けろ」の精神でエントリーすることが重要でしょう。

40代の転職において取るべき資格は?

40代の転職において役に立った資格に関するアンケート結果

40代の転職において取るべき資格、転職前に事前にとっておいた方がいい資格を、転職経験者に聞いてみました。
1位は「1級・2級建築士」、2位は「TOEFL・TOEIC」、3位は「日商簿記(1級、2級)」となりました。
建築土木業界への転職で有用な「1級・2級建築士」。外資系企業への転職で有用な「TOEFL・TOEIC」、経理・財務職への転職で有用な「日商簿記(1級、2級)」と、志望業界・企業、職種によって取得した方が有利に働く資格ばかりでした。目標に合わせて資格取得を目指すといいでしょう。

40代転職のよくある質問

【Q】40代の職務経歴書、書き方のコツはありますか?
【A】40代の応募者に対して、企業側が確認することは、即戦力としてどこまで適応できるかという点や、職種のスペシャリストとしてのスキル・知見です。自社に入社した際にスキルを発揮できるか。もしすぐに発揮できなかった場合でも、早々に新たなスキルを獲得できるかという観点で、職務経歴書を確認しています。

そのため職務経歴書では、これまで経験した職務内容をただ羅列するだけではなく、応募先企業の仕事内容や役割に合わせたアピールポイントを強調して書くことがポイントです。

【Q】40代転職の壁、「嫁ブロック・夫ブロック」とはなんですか?
【A】嫁ブロックとは、男性応募者の妻による転職の反対による選考辞退のことを指します。同様に、夫ブロックは、女性応募者の夫による転職の反対による選考辞退のことを指します。

近年の調査では、嫁ブロックをされた経験がある既婚男性は、約4人に1人。ブロックする理由については、「年収が下がる」ことへの懸念が挙げられます。転職をする前に、家族から反対を生まないためにも、事前に相談をしておくとよいでしょう。

【Q】家族に転職活動を応援してもらうにはどうすればいい?
【A】単身者の場合は、1人で決断をしていくことが可能ですが、家族、子供がいる場合は自分だけの都合で転職を決めることは難しいものです。特に子供が中高生になっている場合は転居を伴う転職は難しい場合が多いでしょう。

直近の生活はどうするか、将来はどうするのか、学費はるのかなど、家族の理解と協力がないと反対の憂き目にあうこともあります。内定取得の前に家族に相談し、避けては通れない現実問題をきちんと話をすることで、理解と応援に繋がっていくはずです。

【Q】40代で未経験業界、未経験職種へ転職するには何が必要?
【A】未経験の業界や職種に転職したいと思った時に必要なことは、これまでの経験からの共通点や活かせるポイントを見つけて、アピールすることです。

特に即戦力が求められる40代では、未経験業界・職種への転職となれば教えてもらうという姿勢では採用されないでしょう。たとえば、自身がこれまで新しい仕事に就いた際の学んだ経験や、早く成長できたエピソードなどの紹介や、未経験でも早く即戦力に近付くことができると意欲的にアピールしていきましょう。

他の転職体験レポートも
探してみませんか?
年代 / 職種から転職体験レポートを探す
タグから転職体験レポートを探す
年代から転職体験レポートを探す
職種から転職体験レポートを探す
あなたの転職体験談を教えてください!
掲載させていただいた方の中から
毎月抽選で5名様に
30,000円分のAmazonギフト券を贈呈!
発表
当選された方には、
メールでお知らせいたします
* 本キャンペーンはエン・ジャパン株式会社による提供です。 本キャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。
* Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
エン・ジャパンのミドル専用ハイクラス転職サイトを通じて、転職を成功された40代の皆さんの転職活動の体験談です。40代の他にも20代・30代・50代・60代の年代別の転職体験談を多数掲載。年収1000万円以上の転職成功者続出!
転職体験レポートを絞り込む
年代から転職体験レポートを絞り込む
職種から転職体験レポートを絞り込む
経営・経営企画・事業企画系
管理部門系
SCM・ロジスティクス・物流・購買・貿易系
営業系
マーケティング・販促企画・商品開発系
コンサルタント系
金融系専門職
不動産系専門職
技術系(IT・Web・通信系)
技術系(電気・電子・半導体)
技術系(機械・メカトロ・自動車)
技術系(化学・素材・食品・衣料)
技術系(建築・設備・土木・プラント)
技術・専門職系(メディカル)
サービス・流通系
クリエイティブ系