転職体験レポート
ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2019/05/16

応募してる内に自分の市場価値が分かってくるので、その上で何を重視するか決めると良いと思います。

前職
職種:設計(建築)
業種:建築・土木
現職
職種:設計(建築)
業種:建築・土木
年収:550万円
ペンネーム : H.T(47歳・女性)
入社日 : 2019年4月1日
人材紹介会社 : 株式会社コネクト
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 5社
紹介を受け、応募した社数 10社
転職活動期間 約2ヶ月
転職理由
仕事内容に不満は無かったが、年齢による衰えが業務に支障をきたすと思い転職を決意。退職前に問題提起したつもりだったが、事務所所長に思いは伝わらず、転職先が無いうちに退職。再就職までバイトや派遣をして視野が広がったと思う。
転職活動と内定までの経緯
同業界より業務の厳しくない類似業界で転職活動を開始。が、年齢と経験不足から不採用が続き、前職と同じ業種で勤務時間と勤務地を重視して探した所、経験が活かされ内定に至った。類似業界への転職を目指して専門学校のセミナーにも行ったが無駄だった。会社の「やる気があれば採用」の文言は若い方へ向けたものだと思い知らされた。(応募企業をこだわったからしょうがないけど)

前職と同じ業種だが、昨今の働き方改革を追い風に、面接して実践していると思われる企業を選んだが、企業の上から目線も感じる。自分は年金が期待できないと感じるため、70代まで働くと思うと、類似業界へ転職しておきたかったが、今回の就活で得た自分の弱点を補充していきたい。
転職活動中の人へ、一言アドバイス
応募してる内に自分の市場価値が分かる。その上で、何を重視するか決める。やりたい仕事?年収?将来性?勤務地?口コミ?求人票が魅力的な会社に限って実態は微妙。それを承知で自問自答した上で、一度入ったら経験を得るために3年は世話になる覚悟で選ぶが、仮に3年後に転職する事になった時、その会社で働いた事を自信を持って言えるかを基準にしてます。
お世話になったコンサルタントへのメッセージ
コンサルタントが就活の決め手になり得ると思う。今回多くのコンサルタントと会ったが、接客は難しい職業だと再確認した。自分より若いコンサルが多かった。他人の人生を決めかねない相談を受けるには精神も優秀でないと務まらない中で、決めた会社の方は好感が持てた。
その他の40代の最新レポートはこちら
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
年代別一覧に戻る 転職体験レポートトップに戻る
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
エン・ジャパンのミドル専用ハイクラス転職サイト。「応募してる内に自分の市場価値が分かってくるので、その上で何を重視するか決めると良いと思います。」など、サイトを通じて転職成功された、20代・30代・40代・50代の方の転職体験談を多数掲載。年収1000万円以上の転職成功者続出!