転職体験レポート
ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
年収1000万円掲載日 2015/04/06

最終的にはCFOを目指すということで、財務経理部長のポジションで転職活動を行いました。しかし、面接になると落ち続けて二次面接までたどり着けない状況が何ヵ月も続きました。

前職
職種:経理
業種:放送・広告・印刷・出版
現職
職種:経営者・COO・経営幹部・カントリーヘッド
業種:メーカー(その他)
年収:1000万円
ペンネーム : cloud91967(47歳・男性)
職種・ポジション : 取締役CFO
入社日 : 2015年3月1日
人材紹介会社 : 株式会社MS-Japan
転職先が決まったきっかけ : 人材紹介会社情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 30社
紹介を受け、応募した社数 10社
転職活動期間 約8ヶ月
転職理由
勤務していた会社は、入社時には上場していたもののその後親会社のTOBを受けて上場廃止となりました。

また、資本減少や組織改変等が実施され、入社当時とは環境が大きく変わり、それに伴い会計業務の内容や質も変化し自分のモチベーションを維持することができなくなりました。
転職活動と内定までの経緯
最終的にはCFOを目指すということで、財務経理部長のポジションで転職活動を行いました。
公認会計士の資格を保持し、監査経験と民間企業の経験があることから、何件かスカウトがあり数十件の書類審査は通過しました。
しかし、面接になると落ち続けて二次面接までたどり着けない状況が何ヵ月も続きました。
履歴書や職務経歴書も何回か書き直しましたが、それでも好転しませんでした。そのまま年を越えましたが、新年に書類審査が通り初めて面接を行った会社が内定を戴いた会社となりました。

一次面接では3人の面接官と、二次面接では社長を含めた4人の面接官と面接をおこないましたが、従来になくリラックスした状態で自分のありのままを述べることができました。
一時面接の時になぜかこれはフィーリングが合っているなと言う感覚があり、最終的にはこの直感があたり無事内定を戴くことができました。さらには、財務経理部長のポジションを狙っていましたが、望外にもCFOのポジションを戴くことができました。

書類審査でも面接でも不合格となるとそれなりに落ち込みますが、どこかで必ず自分に合う会社があると思って継続して活動していくことがこのような良い結果を生んだのではないかと思います。ぜったいに諦めないで下さい。
転職活動中の人へ、一言アドバイス
私は個人的事情により退社してから転職活動を開始ましたが、やはり出来れば今の仕事を続けながら転職活動を続けるべきかと思います。私も1~2カ月で終わるだろうとたかをくくっていましたが、結果的には8カ月にもなってしまいました。金額的負担もありますが、やはり落ち続けると精神的負担が大きいです。

また、自分の希望よりも広げて応募すべきというアドバイスも多数あり、私も当初は内部監査の職種にも積極的に応募していました。しかし、最終的には財務経理部長一本に絞って結果的には成功しました。
転職活動を始める前に本当にやりたいものは何なのかを自答することが必要なのではないでしょうか。
お世話になったコンサルタントへのメッセージ
株式会社MS-Japanの桜井さん、神谷さんには大変お世話になりました。
転職活動を通じてみると、MS-Japanさんが短期間に沢山の案件を紹介してくれて無事内定を勝ち取ることができました。

自分の能力及び経験にマッチした案件を紹介して戴き大変感謝しております。ありがとうございました。
その他の40代の最新レポートはこちら
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
年代別一覧に戻る 転職体験レポートトップに戻る
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
エン・ジャパンのミドル専用ハイクラス転職サイト。「最終的にはCFOを目指すということで、財務経理部長のポジションで転職活動を行いました。しかし、面接になると落ち続けて二次面接までたどり着けない状況が何ヵ月も続きました。」など、サイトを通じて転職成功された、20代・30代・40代・50代の方の転職体験談を多数掲載。年収1000万円以上の転職成功者続出!