転職体験レポート
ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
年収1500万円掲載日 2020/09/21

候補者が何を求めるか明確にあれば、オンライン型の方が便利

前職
職種:新規事業
業種:IT
現職
職種:経営者・COO・経営幹部・カントリーヘッド
業種:IT
年収:1500万円
ペンネーム : denka(48歳・男性)
職種・ポジション : 事業開発
入社日 : 2020年10月1日
人材紹介会社 : ジーニアス株式会社
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 5社
紹介を受け、応募した社数 6社
転職活動期間 約6ヶ月
転職理由
前々から安価な通信環境や周辺技術が整ってきたIoTビジネスにポテンシャルを常々感じていたのと、これまでやってきた専門的な業務ではなく、経営など全体的に関わる仕事を次はしたかったので転職を判断しました。

これまでブレーキ的なサイバーセキュリティの仕事をやっていましたが、今度はアクセル的なIoTビジネスをやれればという考えです。希望としては、これまでの会社と事業競合しない(サイバーセキュリティ事業をやっていない)会社であることは前提条件にしていました。
転職活動と内定までの経緯
総じて上手くいったのですが、年初の初期段階では脈絡のない紹介がいくつかあったので、自分が掲示しているレズメを何度も書き直すことで、徐々に改善するようになりました。2月から4月くらいまでコロナ禍でヘッドカウントをフリーズする企業もあったようで、実際私への紹介も減ったのですが、4月以降は、WEBミーティングを積極活用するエージェントや企業が増えました。

実際、1社あたりの面接回数はかなり増えたのですが、転職する側の立場とするとコミュニケーション機会が増えたことはメリットを感じました。もともと、テクノロジーを有効に使える企業でないと自分も相性が合わないと考えていたので、良い判断基準になりました。従来型のエグゼクティブサーチにも登録していたのですが、レスポンスはいまいちで、オンライン型の方が自分には相性が合っていたと思います。候補者が何を求めるか明確にあればオンライン型の方が便利なのかもしれません。
転職活動中の人へ、一言アドバイス
アフターコロナのニューノーマルによる環境変化とテクノロジーを活かせる会社でないと、必要な採用もできなくなると私は感じました。なので、転職活動中の皆様も、前向きにアピールし、スカウターやエージェントともコミュニケーションをとっていけば、なからず良い出会いがあると思います。

あと、外資系エージェントは総じて積極的にコンタクトしてくれますが、本当に希望にあったところだけにとどめるようにして、数は追わないほうがいいと思います。オンライン型の紹介は、幅広く出会えるのが最大のメリットだと思います。
お世話になったコンサルタントへのメッセージ
一般的にはありえない選考プロセスだと私は思いましたが、相互理解のためには必要なことだったのかもしれないと、後になって思いました。エージェントと候補者の信頼関係はとても重要で、期待以上のサポートをしてくださったのではないかと感謝しています。ありがとうございました。
その他の40代の最新レポートはこちら
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
年代別一覧に戻る 転職体験レポートトップに戻る
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
エン・ジャパンのミドル専用ハイクラス転職サイト。「候補者が何を求めるか明確にあれば、オンライン型の方が便利」など、サイトを通じて転職成功された、20代・30代・40代・50代の方の転職体験談を多数掲載。年収1000万円以上の転職成功者続出!