転職体験レポート
ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2014/11/11

外資系企業の日本法人に勤めていたが、本社の方針で、得意ではない仕事をやることに。そこで、今後のライフワークを考え、20年経験のある業界に戻ることにしました。

ペンネーム : ぴろろ(51歳・男性)
職種・ポジション : 新規商品 企画・開発部長
入社日 : 2014年10月1日
人材紹介会社 : キャリア・デベロプメント・アソシエイツ株式会社
転職先が決まったきっかけ : 人材紹介会社情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 5社
紹介を受け、応募した社数 4社
転職活動期間 約6ヶ月
転職理由
外資の日本法人Directorを勤めていたが、本社の方針が変わり、得意なことでなく別の仕事をやらざるを得なくなった。報酬、人間関係には満足していたが、そろそろ、20年経験のある業界にもどりライフワークとして追求したいと思っていたところ、良い機会を紹介いただいた。
転職活動と内定までの経緯
ほぼ、ピンポイントで実績ある業界のみに絞って活動をスタートしたところ、たまたま、それらしき案件が見つかったので応募しました。
転職先が日本の大企業であったゆえ、なかなか話が先に進まず、エントリーしてから面談までに、2ヶ月かかった。面談からは1ヶ月半程度で内定をいただいたが、はっきりしない間、現職にて新しい仕事に手をつけ辛く苦労した。この年齢(51歳)でのポジションなので、仕方ないかも。最初の面談で取締役2名、人事1名の方と面談いただき、その後、社長、取締役との面談、更に、本社人事との面談を経て、内定をいただきました。自分の経験とやりたい仕事を見つけられたことは良かったです。一方、報酬は現職(外資)と比べると、下がってしまいました。本社人事の規定で決まっている報酬レンジがあり、殆ど交渉の余地ありませんでした。ここだけ、やや失敗です。
転職活動中の人へ、一言アドバイス
51歳での転職となると、転職先とポジションが限られるため、本当に自分が役に立つところ、ライフワークとして続けられる先をピンポイントで見つけるのに、時間がかかることを実感しました。外資は報酬を追求するには、良い選択肢だと思いますが、Directorといえども裁量範囲はたいしたことありません。私は、自分の本当にやりたいこと出来る日本企業を選びました。どちらがイイともいえないと思います。
お世話になったコンサルタントへのメッセージ
ご担当いただいた CDA 新田様

とても、丁寧かつ思慮深いご対応感謝いたします。細かいアドバイスをいただき、転職先との間をスムーズかつ迅速につないでいただけました。
今後、私が依頼する側になるかもしれませんが、そのときはよろしくお願いいたします。
その他の50代~の最新レポートはこちら
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
年代別一覧に戻る 転職体験レポートトップに戻る
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
エン・ジャパンのミドル専用ハイクラス転職サイト。「外資系企業の日本法人に勤めていたが、本社の方針で、得意ではない仕事をやることに。そこで、今後のライフワークを考え、20年経験のある業界に戻ることにしました。」など、サイトを通じて転職成功された、20代・30代・40代・50代の方の転職体験談を多数掲載。年収1000万円以上の転職成功者続出!