転職体験レポート
ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
年収1100万円掲載日 2019/03/17

自身のコアスキルを活かして成果を出し、成長機会を創り出したいと考えて業界を変えたチャレンジを思考しました。

前職
職種:マーケティング・販促企画
業種:インターネット広告・メディア
現職
職種:マーケティング・販促企画
業種:商社(その他)
年収:1100万円
ペンネーム : こたくら(36歳・男性)
入社日 : 2018年11月1日
人材紹介会社 : 株式会社経営者JP
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 2社
紹介を受け、応募した社数 3社
転職活動期間 約2ヶ月
転職理由
新卒以来ひとつの業界にどっぷり浸かり、飽きが来てしまったのが事実。もちろん新規でチャレンジするテーマは沢山あり続けたが、自分のコアスキルを活かして成果を出し続けられるようになりたい、成長機会を創り出したいと考えて業界を変えたチャレンジを思考。マーケティングや商品企画をコアの軸にB to Bでニッチなビジネスモデルを持っている企業を探した。
転職活動と内定までの経緯
現職がありながらでの転職活動は数社しか受ける事が難しいので応募企業の見極めと、一方で受ける時は一気に進めた方がよい。基本的には何が貢献できるかを述べるのが全てなのでIRなどを読み込み、ビジネスにおける課題仮説とそこをどう解決すべきかだけを考えて面接に臨めば最終面接までは行けるはず。

一方で最終面接は相性、カルチャーフィット、その会社でどこまでコミットする覚悟があるかなどが出てくる。互いにではあるが、そこを開示し合う事が全て。違うなと思ったらオファーレターをもらう前にトーンダウンして決めるほうが後々気持ちよく辞退できるので、行きたいと思っていない場合はオファーレターをもらうことに固執しない方が賢明かと思います。
転職活動中の人へ、一言アドバイス
自分のスキルや経験の棚卸しをして、応募先企業の課題にどうそれが役立てるのか、そこだけを考えて面接に臨んで下さい。その上で本当にその企業のビジョンや社会的な意義に賛同するのであれば、そこを伝えるのもありです。この順番がずれると聞き側はあなたを欲しがりません。

後は退職時は慰留が必ずあります。特に今は各社人が足りない中で行くと慰留の際にあの手この手で必ずきます。有難いことではありますが、慰留がある事はわかった前提で退職交渉を切り出す事をお勧めします。慰留に心揺れるぐらいであれば退職交渉をせずに、先に現職内で先輩・上司にもっと会社内でやりたい事や思っている事を相談すべきです。
お世話になったコンサルタントへのメッセージ
丁寧に進捗確認、サポートいただき有り難かったです。人生の選択において的確にアドバイスいただきながらも、自分自身で決める姿勢を常に大事になさって下さいました。オファーレターもらった後の退職交渉でも企業に待って頂けるよう長めのお時間を調整頂き助かりました。
その他の30代の最新レポートはこちら
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
年代別一覧に戻る 転職体験レポートトップに戻る
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
エン・ジャパンのミドル専用ハイクラス転職サイト。「自身のコアスキルを活かして成果を出し、成長機会を創り出したいと考えて業界を変えたチャレンジを思考しました。」など、サイトを通じて転職成功された、20代・30代・40代・50代の方の転職体験談を多数掲載。年収1000万円以上の転職成功者続出!