転職体験レポート
ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2016/10/25

転職までに時間に余裕があるのであれば、数社面談をして選んだ方が良い。

前職
職種:設計・開発エンジニア(自動車・輸送機器)
業種:メーカー(自動車・輸送機器)
現職
職種:設計・開発エンジニア(自動車・輸送機器)
業種:メーカー(自動車・輸送機器)
ペンネーム : アッというま(35歳・男性)
入社日 : 2016年7月1日
人材紹介会社 : I Search Worldwide K.K.
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 1社
紹介を受け、応募した社数 1社
転職活動期間 約1ヶ月
転職理由
各チームのマネージャーによって絶対評価がなされ、最終的に部内全体で相対評価が行われる。厳しいマネージャーの下で評価されると相対評価で上位になることができず、昇給、昇格はない。また社内評価システムにより決まりきったレールの上でしか昇給、昇格ができないシステムになってしまっている。

よって良い結果を出してもすぐに成果として返ってこなく、その間継続して良い評価を保っておかないと以前の成果が消えてなくなるような状態でモチベーション維持が難しい。
正当に評価がされているのか疑問で、給料アップに限界を感じた為。
転職活動と内定までの経緯
3月末に今年度の給与改定通知を配られた日の夜、すぐに転職サイト、転職エージェントに登録。

すぐに転職とは考えていなかったが、登録するや否やすぐにスカウトメールが各社から届いた。専門職である為か、そのほとんどが同じ会社へのオファーであった。

現職が外資系会社で少しの英語は問題なく話せた為、オファー頂いた会社の中から、外資系転職エージェントを選択し、コンタクトをとった。もちろん給与レンジも考慮。すぐにエージェントから電話があり、すぐに先方にレジュメを送付したいとのことで、あれよあれよと面談がきまってしまった。

ちょっと困惑しながらも面談に行き、転職先企業も外資系であった為、英語面談で緊張。数日後に正式オファーレターが届き、あっという間に内定をもらったといった流れ。
転職活動中の人へ、一言アドバイス
私は今の仕事が専門職である為、給与アップを考えた際に選択できる企業はほぼないと思っていました。よって内定企業を天秤にかけるといったことはできませんでした。

1社しか受けていなかった為、意思決定を早くしなければならない期限を設定されていまい、考える間もなく決まったという感じです。希望としては、数社面談を行い、内定をもえた企業からメリット、デメリットを見極めて選びたかったと思っています。

転職までに時間に余裕があるのであれば、数社面談をして選んだ方が良いと思います。
お世話になったコンサルタントへのメッセージ
おそらくそこまで転職をすぐしようとは思っていませんでしたが、積極的にアプローチして頂いたので、転職活動に対して重たい足も軽やかになった気がします。先方との交渉、私へのケアといろいろとお世話になりました。引き続き宜しくお願い致します。
その他の30代の最新レポートはこちら
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
年代別一覧に戻る 転職体験レポートトップに戻る
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「転職までに時間に余裕があるのであれば、数社面談をして選んだ方が良い。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。