転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2008/07/28

50歳にして、しかも勤続半年にして、次の転職を決断。しかし20社近く受けても内定はでず、転職を諦めかけました。

ペンネーム : 3000m制覇(50歳・男性)
職種・ポジション : 経理部長候補
入社日 : 2008年7月16日
人材紹介会社 : パソナフォーチュン
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 9社
紹介を受け、応募した社数 5社
転職活動期間 約3ヶ月

転職理由

現在の会社には経理部次長で入社しました。しかし、財務部門が完全に切り離されており全般的な会計処理が困難な会社であることが、入社後に判明しました。ありえない組織体系ではありましたが、その会社の文化・しきたりといったものを重視し、7ヶ月勤務しました。けれども、稟議書・決裁書等の回覧もなく、経理仕訳や決算処理に影響する書類が確認できないような会社での勤務は、自分のスキルアップにはつながらないと判断し、50歳にして、しかも勤続半年での転職を決断したのです。税務申告をはじめ新会計基準による決算が経験してきたことで、自分のスキルをあげることはできました。今回は、それ以上に重要な経営数値や経営全般にかかわる業務を希望し、さらなるスキルアップを目指しました。

転職活動と内定までの経緯

Web広告で「enジャパンの年収800万以上のハイクラス求人」を見て、活動を始めました。登録後すぐにスカウトメールをいただき、1ヶ月もかからずに内定するかと喜んでいました。ところが、いざ面接に臨むといろいろな問題に直面しました。年齢と勤続年数が最大のネックになったと思います。前回の転職時も49歳で苦労しましたが、勤続年数が7年あったこともあり思ったより早く転職できたので、今回も何とかなるとの思いがありました。しかしながら現在の会社を半年で退職する理由が、説得力が浅いと判断された会社が多かったと思います。中には「贅沢な転職ですね」などと説教する人事担当者もいて、嫌な思いもしました。また断りの理由として「他の候補者と比較して」と言われると、自分が駄目な人間に感じられ落ち込むこともありましたが、単純に縁がなかったと思うようにしました。

受けた会社は20社近く。今の会社に残るしかないと諦めかけたころ、今回、内定をいただいた会社の紹介を受けました。今回の会社は以前に比べ、規模・社員数は下回りますが、経理部門の人員も少ないため自分の意見も伝わりやすく、部下の意見にも耳を傾けることが可能となりますので、迅速で正確な経理業務ができることと期待しています。また、宅建等公的資格を所有していたのも有利に働いたようで、経理以外の仕事も興味を持ってほしいようでした。自分としては幅広い業務を希望していますので、その部分でも会社側の意向と意見が一致したことが採用の理由だと思います。今までの経験は、この会社のために積んできたものだと思えることが非常に嬉しいです。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

年齢は関係ありません。自分の経験と今からのビジョンや業務上の目標を伝えれば、分かってもらえる会社は現れると思います。それが早いか遅いかも大事なことですが、焦っても仕方ありません。今になって結果的に言えることかも知れませんが、自分を必要としてくれる会社、自分を認めてくれる会社は必ずいつかは現れると信じることです。また、辞めたいと思っている現在の会社ですが、次に行きたいと思い始めると何から何まで嫌な面が目に入ります。私の場合は幸いに、次が決まってからの辞表提出となりましたが、今思えば先に辞めて、面接で「明日からでも出社できます」とアピールするのも有利かなと思いました。相当、勇気のいることですが、本当に嫌な思いをしているのなら、一つの手段だと思います。私は3週間で退職できましたが、1ヶ月拘束されていたら、次の会社は決まらなかったかもしれません。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

感謝感謝です。1社紹介して駄目だったら全然連絡が来ない会社も多い中、3社ほど紹介をいただき、何とか3社目で内定をいただきました。親切なご対応、誠にありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「50歳にして、しかも勤続半年にして、次の転職を決断。しかし20社近く受けても内定はでず、転職を諦めかけました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。