転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2006/02/20

弱みは50歳代にして一度も管理職経験が無いことです。

ペンネーム : 紀貫之(52歳・男性)
職種・ポジション : 化学プラント・運転と設備管理保全
入社日 : 2006年4月1日
人材紹介会社 : ケンブリッジ・リサーチ研究所
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 11社
紹介を受け、応募した社数 9社
転職活動期間 約7ヶ月

転職理由

住宅関係のメーカーに勤めておりましたが、斜陽部門の縮小に伴い別部門に移ったことがきっかけになりました。

長年勤めた、人の和を大切にする工場から、儲け第一のギスギスした工場への異動でした。自分なりに努力はしたつもりですがどうしてもなじめませんでした。また、逆戻りの異動も無理で、転職を考えるようになりました。

転職後も同様の雰囲気では意味がありませんので、転職先の選択や面接では、できるだけその点を確認するようにしました。

転職活動と内定までの経緯

元の仕事は電気主任技術者兼生産技術担当でした。自分の強みは工場管理関係の各種資格を持っていること、弱みは50歳代にして一度も管理職経験が無いことです。

2005年8月に「転職できればいいな」くらいの気持ちで、en-japanに登録しました。意外にもさっそくスカウトがあり「転職できる」との思いに変わりました。

最初のスカウトは検討のうえ辞退しました。その後、自動車関連で生産技術の求人が比較的多いことから、この方面を狙い、エントリーやスカウトで数件応募しましたが、面接にこぎつけたのが1社で、そこは不合格でした。これらの企業では射出成形や鍛造といった特定の技術のエキスパートや業界の経験がある人を求めており、自分の経歴では即戦力となり得なかったと言えます。

最後に頂いたスカウトで、求人・求職のニッチなニーズとシーズ(スキル・条件)がぴったり合い、比較的スムーズに決まりました。先方は10年の有期事業のため50歳代を求めていました。また業務の内容上、危険物免許の資格を持ち、電気・機械方面に明るいことの条件がありました。特別管理産業廃棄物管理責任者や電気主任技術者の資格も有利に働いたと思います。このようなご縁があったのは、en-japanの強力なネットワークのおかげと思っています。転職活動期間も比較的短く、とくに苦労も感じませんでした。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

転職先の他に面接を受けた1社は、従業員100名程度ながら高い技術力・市場占有率を持っているところでした。しかし現職より収入が下がる点が気になっていました。不合格になった原因は、自分の経験不足・力不足ではありますが、あいまいな気持ちで受験しても結果は悪い方向に行くと思います。受験する会社を選んだら、過度な期待はいけませんが、その会社を愛せるように、情報収集し、テンションを高めることが大事と思います。

また、言うまでもありませんが、転職をするにしろ、現職に留まるにしろ、自分の専門分野をとことん追求することは重要です。有益な資格であれば取得するようにして、前向きに仕事をすることが大事と思います。今回の転職には関係無かったようですが、これからは公私ともに外国語の必要性も増すものと思われます。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

ケンブリッジ・リサーチ研究所 小礒様 
この度はたいへんお世話になりました。さすがに老舗の人材紹介会社であり、よい案件をご紹介いただけたと思います。貴社での面談時に親身に相談にのって下さったり、転職先面接会場でつい悪くなりがちな姿勢を注意頂くなど、有益なご指導を頂きました。ありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「弱みは50歳代にして一度も管理職経験が無いことです。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。