転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2008/05/12

いずれ決まると、当初は楽観視していましたが、年齢的に極めて厳しい状況だと実感しました。

ペンネーム : 敬天愛人(56歳・男性)
職種・ポジション : 常勤監査役
入社日 : 2008年6月1日
人材紹介会社 : ベンチャーエントリー株式会社
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 5社
紹介を受け、応募した社数 7社
転職活動期間 約6ヶ月

転職理由

前の会社では、管理部門の役員をやっていましたが、事情があり退任し、50台半ばでの求職活動となりました。私の希望としては、銀行出身でもあり、財務・管理系の仕事又は、監査役・コンプライアンス担当部長を希望し、en-japanに登録し機会を待つ事にしました。

転職活動と内定までの経緯

求職活動をしてみて、50歳半ばと言うのは、極めて厳しい事を肌で実感しました。

いくつかの斡旋会社に依頼をしましたが、まず書類審査が通りません。また、銀行出身でしたので、銀行の人事担当(退職者の転職担当)にも斡旋を依頼しました。しかし、これも、50代前半までの行員斡旋とは雲泥の差の年収条件に愕然としました。私も最初は、たかをくくっており、いずれ前職と変わらぬ条件の先が見つかるものと楽観していましたが、3~4ケ月と経つにつれ焦りの気持ちが強くなり、かなり暗澹とした気持ちで毎日を過ごしていました。そこへ、ベンチャーエントリーさんから、好条件の案件提示を頂きました。私としても、ここにかける気持ちで面接に望みました。面接は3回、案件提示から1ケ月弱で決まりました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

中高齢者は基本的に、再就職は極めて厳しい状況だと思います。特殊な資格を保有している人や、CEOを経験した人ならともかく、一般の50歳台は、いつの時代も氷河期なのでしょう。

私の場合も認識が、やや甘かったのかも知れません。ただし、中途半端な妥協をしなくて良かったと思います。チャンスは必ず来ます。その時を確信して、自己研鑽に励むべきと信じています。今の時代であっても、50歳半ばの再就職は最短6ケ月はかかるのだと、開き直る覚悟も必要だと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

ベンチャーエントリーの小林さんには本当にお世話になりました。彼の、アンテナ感度の高さ、クイックレスポンス無くしては、私の今回の転職は無かったと思います。本当に有難うございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「いずれ決まると、当初は楽観視していましたが、年齢的に極めて厳しい状況だと実感しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。