転職体験レポート
ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2017/08/28

仲間として一諸に働きたいと思わせるには、アピールしなければ採用されない。

前職
職種:経理
業種:建築・土木
現職
職種:会計士・税理士
業種:コンサルティングファーム・シンクタンク
年収:500万円
ペンネーム : TT(51歳・男性)
入社日 : 2017年6月1日
人材紹介会社 : 株式会社MS-Japan
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 15社
紹介を受け、応募した社数 5社
転職活動期間 約4ヶ月
転職理由
経理以外の仕事(修理)もさせられた。とにかく地元で働きたかったので、経理職に就職しました。最初から税理士事務所27年の経験が活かせる税理士事務所へ就職しとけば、転職を考える必要が無かった。転職活動は慎重に。
転職活動と内定までの経緯
2017年2月から5月まで。
転職先を決めていない状態での50代の転職はきつい。年齢で先に進まない。

税理士事務所27年勤務の実績を買われ、書類選考はパスするのですが、そこで安心してしまい、自己PRが欠けていました。今思うと、採用したい気持ちにはさせれなかったと思います。仲間として一諸に働きたいと思わせるには、これだけのキャリア、スキルが有りますとアピールしなければ、採用されません。シニアになるとなおさらです。あなたを採用するなら若い人を2人雇ったほうが良いとなります。

あなたじゃないといけないという何かが無いと、採用されません。シニアだと、家族等も有り、採用側もある程度の年収を考慮せざるを得ないからです。

転職活動中の人へ、一言アドバイス
転職するなら若いうちに。
30代までなら、いろいろ選択肢が有ります。採用側も歩み寄ってくれるでしょう。40代以上はそうはいきません。採用して頂くという気持ちで臨まないと、相手にされません。

よほどのスキルが無いと、採用側は見向きもしてくれません。よほどの不満が有れば別ですが、転職したら一年生です。過去の実績は通用しません。採用しても先がどうなるかのリスクを背負うのですから。
お世話になったコンサルタントへのメッセージ
決まるまで付き合ってもらえました。過去の実績で年収希望を高めに設定してましたので、決まるまで時間を要しました。
生活等も有り、譲れない最低年収も有りました。けど採用されてはじめてスタートラインに立てるのです。
その他の50代~の最新レポートはこちら
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
年代別一覧に戻る 転職体験レポートトップに戻る
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
エン・ジャパンのミドル専用ハイクラス転職サイト。「仲間として一諸に働きたいと思わせるには、アピールしなければ採用されない。」など、サイトを通じて転職成功された、20代・30代・40代・50代の方の転職体験談を多数掲載。年収1000万円以上の転職成功者続出!