転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2015/05/19

15年間の海外駐在を経て、ある日受け取った帰国辞令。帰国後のポジションに納得ができず、50歳過ぎてからの転職を決意。

前職
職種:海外営業
業種:メーカー(その他)
現職
職種:海外営業
業種:メーカー(その他)
ペンネーム : 52(52歳・男性)
職種・ポジション : Director
入社日 : 2015年1月19日
人材紹介会社 : 株式会社経営者JP
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 6社
紹介を受け、応募した社数 3社
転職活動期間 約4ヶ月

転職理由

海外で駐在員としての生活を15年過ごし帰国辞令を受け取る。帰国後のポジションに納得できず、また、サラリーマンとして残りの人生設計を考えた時、より成長の可能性のある業種とよりマネージメントの中枢に近い所で、自分の能力を極限まで試すことが出来るポジションを求めて転職を決意。

転職活動と内定までの経緯

転職活動を始めた当初は自分からも応募してみたものの、オーバースペックという理由で先に進まないケースが多いように感じられた。焦っても仕方がないので自分のキャリアシートの内容を逐次アップデートしながらスカウトや企業からのオファーを待つという方針に変更した。

その過程において、アプローチのあったスカウトとの面談を積極的に行い、スカウト経由で自分のスペックと希望条件に合致する求人企業をリサーチして貰うことにした。

そして、オファーを受けた企業は積極的に訪問し、面談を進め、より感性のあう企業トップの下で仕事を出来る確信をもてる会社に入社を決めた。やはりスカウトとの面談を重視した点が転職の成功に結び付いたと思われる。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

50歳を過ぎてからの転職は実践に裏付けされた自分の仕事のスキルやスタイルに余程の自信が無い限り薦められない。上司としての部下とのリレーション構築スキルは極めて重要なポイントになるであろう。

スカウトの質も千差万別である。50歳台の転職を仲介するスカウトはそれなりに人間としての求職者と求人企業のマッチングの良否を見抜く目がより重要になると実感した。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

全く考えていなかった異業種、かつ全く名前も知らない会社への転職の機会と決断を後押ししてくれた担当スカウトに心より感謝したい。スカウトへの信頼が最終的に納得できる転職先との縁になったことは間違いない。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「15年間の海外駐在を経て、ある日受け取った帰国辞令。帰国後のポジションに納得ができず、50歳過ぎてからの転職を決意。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。