転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2011/07/07

自分の能力が発揮できない環境のため、転職を決意。最初は面接に行っても不合格が続き、準備不足を痛感しました。

ペンネーム : taka(47歳・男性)
職種・ポジション : 材料メーカ QA EHSマネージャー
入社日 : 2011年7月1日
人材紹介会社 : 株式会社アージスジャパン
転職先が決まったきっかけ : 人材紹介会社情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 64社
紹介を受け、応募した社数 30社
転職活動期間 約1年5ヶ月

転職理由

本音の部分で話しますと、現在の会社と合わないと感じました。絶対に面接では口にしない内容です。2回目の転職先で自分の能力が発揮できないと感じると、モチベーションが下がります。ただ、人は自分の能力を信じたいので、ギャップが生まれます。一番苦しい状態ですね!

例えば、会計が得意でそれも能力に見込まれて入社したのに総務部の一部だからとのことで、帳簿の基調と雑務が主な業務とのことでしたら、やる気をなくします。

このような状況を生み出すのも自分の不徳であると考えれば仕方ないと感じ、転職するしかないと思うようになりました。ほとんどの人が、なんらかのギャップを感じて転職するのだと思います。

転職活動と内定までの経緯

1. 転職活動6ヵ月(働きながら)
1月に15件ぐらいのペースで、登録先(30社)から企業へ履歴書送付。3ヵ月に1件くらいの面接オファー。面接に行っても不合格が続きました。
理由:準備なしで赴き、準備不足を痛感しました。能力試験の存在も全く知らない状況。これでは不合格になるのは当たり前でした。

2. 転職活動6ヵ月~12ヵ月
オファーがかなり少なくなり焦りました。今振り返ると、自分とはミスマッチと思っていながらも面接に数社へ行き、不合格が続きました。

3. 1年後~1年半
一度に数社のオファーが入りかなり忙しくなりました。今回はSPIテスト等も含め事前に準備ができました。面接試験の本は巷にあるほとんどを購入。一番ためになるのはプレゼンテーションの仕方の勉強。10冊以上読んで何度もシュミレーションしました。
でも、実際の面接では状況が変わってくるので、臨機に対応する。でも、ほんとに履歴書と聞かれる内容に関しては丸暗記しました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

転職活動中または就職活動中の人はかなり人生でもつらい時期です。
現職の会社とギャップを感じたら、転職の準備をする必要があるのでは?と感じました。自分はかなりラッキーに転職できたように感じます。

転職前のギャップはそれ以前の自分の頑張りが表に出る形で現れます。その土台部分が無いと、現状の職場を逃げた又は追い出されたとのことだけになります。

つまり、現状の仕事や人間関係から生まれギャップの埋め方が2通りあり、一つが勉強や資格。もう一つが転職です。転職中に勉強できるのは自分のこと、また、プレゼン能力です。苦しいと思いますが前向きに頑張ってください。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

本当によくしてくれたエージェントは1社ありました。実際にはそこの紹介でない人材紹介会社からのオファーされた企業に転職しました。

実際には、後者の紹介会社はベストマッチな会社を紹介していただき、トータルでのサービスは良かったと思います。

最後に、転職を志望される方は人生でも本当につらい思いをしていることが察しられます。その方々のためにも業務をしていただき、明るい社会の構築のために役立ててください。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「自分の能力が発揮できない環境のため、転職を決意。最初は面接に行っても不合格が続き、準備不足を痛感しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。