転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2011/02/14

会社が経営危機に陥り、転職活動を開始。長期戦を覚悟して、危機感を持ちながらイメージトレーニングを積みました。

ペンネーム : MARO(48歳・男性)
職種・ポジション : 経営戦略本部長
入社日 : 2011年1月1日
人材紹介会社 : 株式会社パソナフォーチュン
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 10社
紹介を受け、応募した社数 3社
転職活動期間 約6ヶ月

転職理由

2年前にこのサイトを通じてスカウトいただき転職しましたが、会社が経営危機に陥ってしまい、半年前に再び転職活動を開始しました。

私の場合は、経営企画系の業務に今までの経験が生かせると考えてそれ1本に絞りました。ただし、業種や企業規模や報酬などの条件にこだわると、全くと言っていいほど案件は来なかったです。徐々に自分の妥協点を見つけて条件を幅広くしていくことで、転職に成功できたと考えています。景気のいい時期ではないので、状況に順応することが大事だと思いました。

転職活動と内定までの経緯

今回は長期戦を覚悟していましたが、2ヶ月前にやっと紹介会社からスカウトで案件が入ってきました。その対象会社のホームページが工事中で全くといっていいほど情報が無い中で、何としても情報を取らなくてはいけない状態でした。

その紹介会社の担当者は、対象会社に問合せたり出来る限りの情報をとって、レポートを私に送付していただきました。本当に有難かったです。

早速、書類選考に応募しました。2週間後に書類選考合格の報告と面接日の案内が紹介会社からありました。

そして面接当日。イメージトレーニングと紹介会社の面接対策のアドバイスが功を奏し、順調にに質問に答えられました。今回は、自分が入社したらこうしたいという思いを熱く語ってみました。1時間に及ぶ面接でしたが、その後内定をいただきました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

この案件で不合格なら次はいつになるかわからないという危機感を抱き、夜中に神社の境内で面接の練習をしたり、面接のイメージトレーニングを積みました。

私はよく早口で言ってることがわからないとよく言われます。そこで、戦場カメラマンの渡部さんの話し方を参考にしました。渡部さんは極端ですが、ゆっくりと語りかける口調と口を大きく開けてはっきり聞こえる話し方は真似るべきだと思います。

話の構成も大切ですが、不合格の経験の数が多いほど有利だとも思います。理由は、どこの人事担当者も同じことを聞いてくるからです。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

紹介会社様は困難な条件交渉にも一生懸命に取り組んでいただき、本当にお世話になりました。

入社が決まった時には担当の方がうれし涙を流して一緒に喜んでいただきました。前回の転職よりもずっと難しい状況下で、奇跡的な転職だったと思います。

お忙しいのに私につきっきりで支援していただき本当にありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「会社が経営危機に陥り、転職活動を開始。長期戦を覚悟して、危機感を持ちながらイメージトレーニングを積みました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。