転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2009/12/21

転職したものの、入社初日に吸収合併されることに。これからの数年間を考え、再度の転職を決意しました。

ペンネーム : たぐ(45歳・男性)
職種・ポジション : マネージャ
入社日 : 2010年1月1日
人材紹介会社 : ICON PARTNERS株式会社
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 7社
紹介を受け、応募した社数 2社
転職活動期間 約3ヶ月

転職理由

年初に転職した会社が、吸収合併されてしまうことが入社初日に通知されました。入社面談の際には、基幹システムの入れ替えや、アメリカへの赴任などの話があったのに…。原則的に新規投資は凍結され、現行システムの保守のみが基本的な仕事になってしまいました。吸収合併ということでオフィスの中の雰囲気も日に日に悪くなっていきました。自分自身のキャリアを考えた時、このままではなにも自分自身が向上しないままの数年間を過ごしてしまうと思い、在籍期間が短いにもかかわらず、転職活動を開始しました。

転職活動と内定までの経緯

ポジション獲得の競争も激しいのは知っていましたし、この時期、どのようなポジションにつけるのか、非常に心配でした。職場のストレスと転職活動のストレスの両方から、体調を崩し気味でした。

私の転職経験を見直してみました。自分自身が転職先の会社が扱っている商品を愛することができるか…。そのような視点で面接に挑みました。いままで取扱商品を愛せない場合は働いていてもあまり熱心になれない…(プロとしては失格なのでしょうけど)その点、紹介していただいた会社の商品は、とても愛着を感じ、自分自身で購入してみて、試してみたり、HPを見てみたり、いろいろと調べ始めることをしました。

偶然なのでしょうが、そのような情報収集が面接のときに生きてきました。特に最終面接に近くなるほど、そのような情報収集が生きていたと思っています。具体的な改善策やアイデアを提供することができました。もちろん、入社した後の仕事が第一ですが、平行してできたりします。きっと、企業側もそのような情報(やる気)を、評価してくれたのだと思います。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

この時期ですから、なかなか「自分自身が愛せる商品を取り扱う会社」を選択する機会は少ないのかもしれません。しかし、そこで妥協してしまうと、転職した後もつらい日々が続くのかもしれませんね。なんとか自分自身の希望職種・業種を目指して、特に面接に進めるようであれば、具体的なアイデア・自分が入社することによる、企業側のメリットをアピールしてみてください。経験からくるメリットは履歴書などで企業側はすでに知っていますから、それ以外のところでアピールすることが大切だと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

まず、いろいろと情報を提供してくれたDさんに、感謝します。面接のテクニックなどもありますが、いただいた情報を元に面接に挑めたこと、とても助かりました。そこに記載されている情報がそのまま役に立つ場合も、そうでない場合もありましたが、手元に何らかの情報があるということで、落ち着いて面談に挑めたと思います。

また、彼の影でいろいろと動いていただいたTさん、ありがとうございました。はっきりとはわかりませんが、こちらの希望も通していただけるように先方と交渉していただいたと思います。本当にありがとうございました。

今年の年末年始は、心穏やかに過ごすことができそうです。心機一転、がんばります!
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「転職したものの、入社初日に吸収合併されることに。これからの数年間を考え、再度の転職を決意しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。