転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2008/03/31

事業会社にて、経理全体に関わる業務をしたい。しかし、年齢と家庭事情から厳しいとは覚悟していました。

ペンネーム : 光琳の櫛(42歳・女性)
職種・ポジション : 経理総務部 係長
入社日 : 2008年3月10日
人材紹介会社 : アンサークリエイト株式会社
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 1社
紹介を受け、応募した社数 1社
転職活動期間 約1ヶ月

転職理由

一般企業で長く経理を担当した後、会計事務所で補佐的な業務をしていました。そのうちに「もう一度経理担当として全体に関わる業務がしたい」と思うようになり、じっくり腰を据えて続けられる職場を探したいと考えました。しかし、自分は年齢的にも若くないし、子供もおりますので、条件的にかなり厳しいと覚悟をしていました。

転職活動と内定までの経緯

はじめに紹介会社の方からご連絡を頂いたとき、一番気になったのは、やはり自分は条件的に良くないということでした。しかし、紹介会社の方と話をさせて頂くうちに、求められている仕事ができるという事、そして仕事上で求められる人物像に近い事が重要である、と感じられてきました。

そして、企業に応募し、一次面接へ進みました。それは部長面接で、紹介会社の方から先方が望むスキルや人物像を整理して教えて頂いていたにも関わらず、聞かれた事に答えるので精一杯。自己アピールどころではなく、ありのままの自分の姿を見せざるを得なかった、という感じでした。しかし、一次面接までいくという事は、年齢や条件は承知してくださっているという事。それらを承知の上で、紹介会社の方は「あまり関係ない」とおっしゃって下さったのです。これで、転職に対する考え方が少し変わりました。

二次面接は社長面接でした。特に難しい質問はなく、こちらもありのままに答えました。その面接では、企業の気質の誠実さが感じられ、「自分もいろいろな事を勉強して何かの役に立っていきたい」と考えたくなるような社風が感じられました。そして二次面接の後、すぐに内定の連絡を頂きました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

なかなか自分の事は客観的に見れませんが、紹介会社の方と話をさせて頂く中で、自分を改めて見つめ直す事ができました。企業の社風や特徴をよく知っているのは紹介会社の方なので、解らない事や不安な事はいろいろと聞いてみるべきです。質問する事で、自分をより理解してもらえる場合もあります。

面接では、自分をよく見せようと考えてもできません。素直にありのままの自分を出すしかないのだな、と痛感しました。紹介会社の方や企業の面接担当の方は、面接のプロです。飾ったところで、それを見抜かれてしまうように思いました。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

自分の条件的な事ばかりが気になっていましたが、仕事をする上では、望まれている仕事ができることや向上心があることが大切である、という事を教えていただきました。ありがとうございました。

自分の考え方や能力が社会で通用するのか、全く判断ができなかったのですが、紹介会社の方とお話をする事で、自分を客観的に見る事ができました。企業の社風等をよく知っらっしゃるので、望まれる人物像等を十分理解された上で紹介をして下さったのだと感じております。

今はまだ、新しい仕事を覚えるだけで精一杯ですが、なんとか役に立てるように頑張っていきたいと思っております。ありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「事業会社にて、経理全体に関わる業務をしたい。しかし、年齢と家庭事情から厳しいとは覚悟していました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。