転職体験レポート
ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2020/09/24

会社の業績悪化により希望退職制度も始まったため活動を開始

前職
職種:広報・IR
業種:不動産
現職
職種:広報・IR
業種:不動産
年収:650万円
ペンネーム : Bluey(47歳・男性)
入社日 : 2020年9月10日
人材紹介会社 : 株式会社ストラテジックディシジョン
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 2社
紹介を受け、応募した社数 5社
転職活動期間 約1ヶ月
転職理由
もともと昇格試験(研修)にて評価が得られずポジションの伸び悩みがあり、1-2年前より情報収集は続けていた。現状のIRの仕事内容は面白く上司部下に恵まれており、ストレスではなかったが、会社の業績悪化により、ボーナスや各種手当のカットがあり、さらに希望退職制度も始まったため本腰を入れて転職活動を開始した。
転職活動と内定までの経緯
40代後半という年齢的なこともあって、かなりフィットする業務内容ではないと難しいかなと考えていた。職種は経験済みのIRや広報、広告宣伝で探しており、業種はメーカー、IT系や日用品など別の会社にも応募を出してみたが、書類選考を通過できなかった。引っ掛りがあったのはやはり同業種で、1件面接まで漕ぎつけたがあまり対策を練っておらず面談を通過できなかった。

次の話は不動産や建築に特化したエージェントが案件を持っていた。まず書類応募を出す前の段階でその担当の方から、1時間みっちりと電話による聞き取りがあった。書類は無事通過、1次面接も話しやすい雰囲気で、実績はPCの画面を見せながらプレゼン風の段取りにしたことで問題なく通過することができた。

2次は役員の方ということで、エージェントからまたさらに具体的な面談のアドバイスをメールや電話で頂いた。しかし当日緊張もあり、質問も専門的な話は少なめだったので、ややかみ合わず保留となった。短期間で3回目の面談を入れるのはキツかったが、終業後の時間に設定してもらい、最終のzoom面談に臨んだ。

3回目の面談は実務面の話が多くなり、先方が現状抱えてそうな問題、考えられる対応策、マネジメントについて、更にやってみたいことというポジティブな話をし、無事内定をいただくことができた。前回の反省を生かして、明るく話すのを心がけた。また勝負タイというか、相手企業のイメージカラーのネクタイをして、会話の流れによってはそれもネタにしようかなとも考えていた。
転職活動中の人へ、一言アドバイス
時期・環境・条件等々いろんな要素がある中で、どこかで現状に合わせ変更していく点は出てくるように思えた。今回は早く決めたいこともあったし、何より会社の取組みがとても良さそうだと思えた(端的に言えば気に入った)ので、年収などその他のポイントはあまり拘らないこととした。また「やる気を見せる」のが重要だと思った。

働きながらだと心理的にそうなりにくいが、基本的には「迷いはなく貴社しか考えていない状況」という姿勢で話すのが作法なのだろう。面接の中でベンチマークにしてる同業他社の話がでた。次の面接ではその会社の過去の取組みも話した(売上高いくらの頃にこんな展開をしてますねとか)。目標に対する目線合わせとなり、効果的に思えた。
お世話になったコンサルタントへのメッセージ
非常に具体的なアドバイスをいただき、本当に助かりました。また、タイムリミットがある中で先方と調整頂けたことも感謝申し上げます。きっと時間をかけ先方企業と濃い信頼関係を築いてこられたエージェントさんだからこそ、できることなのだろうと思いました。途中からは私個人のプロジェクトではなく、エージェントも含めた我々のプロジェクトというふうに感じられ、これは外せないぞという思いが強くなってきました。良い結果に結びついたと思います。
その他の40代の最新レポートはこちら
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
年代別一覧に戻る 転職体験レポートトップに戻る
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
エン・ジャパンのミドル専用ハイクラス転職サイト。「会社の業績悪化により希望退職制度も始まったため活動を開始」など、サイトを通じて転職成功された、20代・30代・40代・50代の方の転職体験談を多数掲載。年収1000万円以上の転職成功者続出!