転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2008/02/28

内定を頂いたのは、隠れた優良企業。最初に紹介されたときには、全く知らない会社でした。

ペンネーム : ゆた(42歳・男性)
職種・ポジション : 新規事業企画マネージャー
入社日 : 2008年2月18日
人材紹介会社 : ICON PARTNERS
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 31社
紹介を受け、応募した社数 10社
転職活動期間 約1ヶ月

転職理由

前職で、当初はマーケティング要員として採用されました。しかし、途中から不得手なバックオフィス業務に配属され、キャリアパスとしてもこれ以上のものが望めませんでした。加えて年収に不満があったため、転職を決意しました。ただ、在職中の転職活動ということで、焦りを感じずにマイペースで探そうと考えていました。職種としてはマーケティング、新規事業企画等を希望しており、年収は1000万円以上を希望。[en]転職コンサルタントから該当する職種の求人に応募していきました。

転職活動と内定までの経緯

転職活動を始めた当初は、人材紹介会社の案件にエントリーしても、その段階で断られることが多々ありました。「レジュメの書き方が悪いのか?」など、いろいろ悩みました。おそらく最初の頃は、自分の求めるポストと、人材紹介会社側の描く私の人物像が、なかなか合致しなかったのだと思います。

内定を頂いた会社は、当初全く知らない会社でした。興味もなかったのですが、人材紹介会社の強い勧めで研究してみると、小規模な割には売り上げが多く、「隠れた」優良企業であることがわかりました。そこで興味を持ち、書類選考をお願いすることに。しかし、その会社はエレクトロニクスメーカーで、私の専門はIT業界。最初は、業界が違うことがネックになるのではと不安に感じました。しかし、ハードウェアにこだわらない求人であるとわかり、書類選考は無事に通過しました。そして、一次面接へ。面接官は人事担当マネージャーの方で、内容はごく一般的なもの。経歴とやる気を審査するものでした。その一次面接を通過して、二次面接に至ったのですが、募集会社のディレクターによる二次面接は、これまでの顕著な業績を、一件5分間という制限で2件プレゼンするというものでした。この面接を受けるにあたって、人材紹介会社から詳細なアドバイスをいただいており、事前に入念に準備ができていたために、無事に二次面接を通過しました。本来はさらに経営トップの方の三次面接が入るはずだったそうなのですが、二次面接でOKが出たそうで、三次面接はありませんでした。

ここで一度は内定のオファーを頂いたのですが、同時に他の会社からも好条件でオファーがありました。内定した会社の当初の提示年収は、希望年収よりも低い900万円。かなり悩んで人材紹介会社の方にその旨を相談したところ、年収面の交渉をしていただきました。そして満足のいく年収額を再提示され、感激して、この会社の内定を受けることに決めました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

在職中の転職活動ということで時間に制約があり、100%転職活動に向けるというわけにはいきませんでした。しかし、人材紹介会社の持つ情報を有効活用することにより、求人情報だけでは得られない社風などの情報を知ることが重要だと思いました。また、自分ではなかなかしづらい年収面での交渉等も、人材紹介会社を通じて行うことで、よりスムースに進みました。自分ではなかなか言えないことも、人材紹介会社にお願いすると解決策が見つかると思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

ICON PARTNERSの田中さんには、案件紹介に始まって年収面での交渉に至るまで、転職の過程すべてを面倒を見ていただき、非常に感謝しております。特に今回内定を頂いた会社は、紹介されるまでまったく知らなかった会社ですので、その面でもお引き合わせいただいたことに感謝しております。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「内定を頂いたのは、隠れた優良企業。最初に紹介されたときには、全く知らない会社でした。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。