転職体験レポート
ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2019/04/16

自己分析力を入れて取り組んだ結果、面接時も自然体で自己PRが出来ました。

前職
職種:プロジェクトマネージャー(Web・オープン系)
業種:金融(その他)
現職
職種:プロジェクトマネージャー(Web・オープン系)
業種:その他の業種
年収:900万円
ペンネーム : つまみん(40歳・男性)
入社日 : 2019年2月1日
人材紹介会社 : 株式会社ファイブスターコンサルタント
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 6社
紹介を受け、応募した社数 3社
転職活動期間 約3ヶ月
転職理由
前職は組織構成の縦割り・専任化が著しく、担当できる領域が限定されていました。少々特殊な領域を担当していたこともあって、他への異動を希望してもその道の有識者だからという理由で全く取りあってもらえない状態でした。

大きなプロジェクトを一通り経験したこともあり、この先定年までずっと特定領域しか担えないであろう環境よりも、他にも手を広げられる環境で自身を成長させたいと思い、転職活動に踏み切りました。
転職活動と内定までの経緯
今回の転職活動をするにあたり、一番力を入れて取り組んだ点は自己分析です。自己分析をすること自体は当然の話ではありますが、採用する側の目線を意識してまとめ上げないとうまく活用できません。募集要項に記載されている僅かな情報や企業のWebサイトを手がかりに、以下の観点で分析して臨むようにしました。

・自分の何がフィットして何がギャップになりそうなのか、また、そのギャップは解消できる、あるいはこの先すり合わせられる目処がたてられそうか

・他の志望者と並べて比較された際に自分の何が差別化ポイントになるのか

履歴書や職務経歴書の段階で上記を盛り込むようにしたので、面接時もブレずに一貫して自然体で自己PRができました。その結果、面接の場では業務内容や求められているスキルについてより詳細に突っ込んだ会話ができ、自分の希望とマッチする/しないを双方で確認しあい、有意義な時間とすることができました。
転職活動中の人へ、一言アドバイス
これまでの経験を重視するあまり、つい同一業界の同一職種に限定して案件を探してしまいがちですが、一旦、間口を広げて探してみることをお勧めします。募集要項にはそれらしきことが記載されていなくとも、実は異業界での経験者を求めていた、なんてことが面接時にわかったりしますので。

また、書類選考で不可となっても落ち込む必要は全くないと思います。あくまでも「その企業の、そしてその時点でのニーズ」とはマッチしなかったというだけであって、世の中一般からあなたに価値がないと判断されているわけではありませんので。資料中でうまく自己PRができていると自信を持って言えるならば、あとはあなたの価値を理解してくれる企業と出会う確率をあげる行動をするのみです。頑張ってください!
お世話になったコンサルタントへのメッセージ
今回、エージェントご自身の過去の転職経験も踏まえつつ、採用企業側目線で私の志望動機や自己分析結果にあえて揺さぶりをかける確認や問いかけをしてブラッシュアップしていただいたのは新鮮であり、得るものが多かったです。自分でやれることはすべて準備しきった、という自信に繋がったことも、内定が獲得できた一因ではないかと感じます。ありがとうございました。
その他の40代の最新レポートはこちら
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
年代別一覧に戻る 転職体験レポートトップに戻る
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
エン・ジャパンのミドル専用ハイクラス転職サイト。「自己分析力を入れて取り組んだ結果、面接時も自然体で自己PRが出来ました。」など、サイトを通じて転職成功された、20代・30代・40代・50代の方の転職体験談を多数掲載。年収1000万円以上の転職成功者続出!