転職体験レポート
ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2018/11/15

応募企業の情報をくまなくチェックし、面接に活かしました。

前職
職種:SE(Web・オープン系)
業種:IT
現職
職種:社内SE・システム管理
業種:流通・小売・サービス(その他)
年収:650万円
ペンネーム : ふっき(43歳・男性)
入社日 : 2018年8月1日
人材紹介会社 : インターウォーズ株式会社
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 5社
紹介を受け、応募した社数 4社
転職活動期間 約1ヶ月
転職理由
転職のきっかけ・動機:設立した会社で共同経営者の体調が悪くなり、業務継続が困難となったため転職を決意。

希望:前職の職務内容に近いプロジェクトマネージャー/リーダーで同待遇、勤務地が東京周辺、英語を活用できるITサービス会社。
転職活動と内定までの経緯
特に苦労した点は、40代以上での就職活動は求人情報の絶対数があまり多くなく、かつ必須要件に書かれていない裏要件(部署間のコミュニケーションが悪いのでそれを繋げられる人材)もあったりし、自身のスキルと照らし合わせたときに情報が限定された。

工夫した点は、あまり多くの企業で並行して活動せずにひとつひとつの企業に向き合い、企業情報はもちろん業績や関連記事をくまなく調べ、よくあるようなものではなく切り込むような質問(例:御社のアプリの評価が悪いが○○のようになぜ改善しないのか?、経常利益率を○○なやり方で向上させる試みはいかがでしょうか?)を多く準備した。

失敗談は、活動期間が短かったためか、特にありません。成功談は、当初希望していた職務内容だが、企業との面接を重ねるうちに別のものが合っているのではないかと気付かされていった。各企業の面接担当者は人をたくさんみているだけあって嘘はつけず自分の内面を良い意味でも悪い意味でもあぶりだしてくれる。ある一点に職務内容を絞らずに少しオープンなスタンスで臨んだほうが、自分の可能性も見出せるのではないかと思う。結果として、働きたいと思える企業の採用通知を獲得できた。

内定までの経緯は、5月下旬ころ就職活動開始。当初希望していた職務内容で数社の転職エージェント会社経由で数社応募して2社ほど面接にこぎ着けたが、なんとなくこの企業で働いてみたい!と突き動かされるところがなかった。6月中旬ころにとある転職エージェント会社よりスカウトメッセージが入る。知り合いだったためすぐに面接。彼曰く。「あなたとフィーリングが合いそうな企業があるんですよ。」と。未経験の業界だったが過去の経験が活かせそうな職務内容だったため応募。その企業のレスポンスが良いこともありとんとん拍子で一次・二次・最終面接を通過し採用通知をいただいた。
転職活動中の人へ、一言アドバイス
応募する企業に対して、ネット上から拾える情報はくまなくチェックしておくべきだと思う。また質問は最低10個は準備しておいたほうが良い。そのスタンスが失礼にならずなにより誠実さのアピールになるので。また面接担当者と話した際に、この人と一緒に仕事をやれるか?やってみたいか?を自問自答して欲しい。職務内容よりも重要だと思う。
お世話になったコンサルタントへのメッセージ
おかげさまで採用通知を頂くことができました。いままで大変ありがとうございました。企業側とフィーリングが合うかどうかでマッチングする・・・最初は少し驚きましたが人間対人間であるので職務内容以上に重要なことなのだったといまでは思っています。それも日頃から企業側と密に接していらっしゃるからこそできる、特殊能力なのかも知れませんね(笑)今後もお世話になることがあるかもしれませんが、そのときは真っ先にご相談しようと思います!
その他の40代の最新レポートはこちら
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
年代別一覧に戻る 転職体験レポートトップに戻る
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
エン・ジャパンのミドル専用ハイクラス転職サイト。「応募企業の情報をくまなくチェックし、面接に活かしました。」など、サイトを通じて転職成功された、20代・30代・40代・50代の方の転職体験談を多数掲載。年収1000万円以上の転職成功者続出!