転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2007/07/17

40歳での脱サラ。その2年後、再び企業人になるべく転職活動を始めました。

ペンネーム : 不惑のランナー(42歳・男性)
職種・ポジション : 人事コンサルタント
入社日 : 2007年7月1日
人材紹介会社 : フジスタッフ
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 3社
紹介を受け、応募した社数 4社
転職活動期間 約1ヶ月

転職理由

メーカーの人事として17年ほど勤務したのち、40歳を機に脱サラし、人事コンサルタントとして2年ほどやっていました。しかし、営業活動や経費等の処理に追われ、なかなか本業に集中できない時期が続きました。

そんな中、家庭を持ったことを機に、本業専念と生活基盤の安定化を目指し、人事コンサルタントとしての再就職を目指すことにしました。

転職活動と内定までの経緯

このような背景からの転職だったため、まず自分として譲れない条件として「仕事内容」と「年収」にこだわって求人情報を探しました。

エンジャパンのサイトの他、大手人材紹介会社へ直接登録したり、個人ルートでも求人情報を探し、求人案件としては相当数を収集しましたが、応募の段階ではかなり絞り込み、エントリーは4社としました。

少し条件を落とせばエントリーできる企業は他にもありましたが、自分としては「第一ラウンド」のつもりで、また自分自身の納得のためにも、最初は強気の選択で臨みました。

幸い、第一希望の企業の求人要件が、私の経験・スキルとぴったり合い、とんとん拍子に内定までたどり着くことができました。

他に受けた企業と比較すると、お互いに求めているものが最も近く「相思相愛感」が強かったと思います。おかげで、面接においても非常に素直に自分自身について語ることができ、また疑問に感じていた点もしっかり確認することができました。

実は内定した企業と同業の会社も何社かあったのですが、この時期に中途採用は募集していないとのことでした。私にしてみると、「よくこの企業にめぐり合えたな」という想いが強く、情報収集の重要さを感じるとともに、「転職は縁である」ということも改めて痛感しました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

やはり、「自分が何のために転職するのか」といった目的を明確にすることが第一だと思います。転職活動が進んでいくと、自分の希望にマッチしない部分も色々と出てくると思いますが、目的がはっきりしていないと、譲っていい条件と譲れない条件の判断があいまいになってしまうと思います。

面接での具体的なアドバイスとしては、「退職・転職理由をいかにポジティブに説明するか」ということについて、しっかりと準備していくことをお勧めします。「転職理由」はどこを受けても必ず聞かれますし、事前に答えを準備しておくことが可能ですから、本番での負担を軽減することができます。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

最初に面談していただいたときから非常に親身に対応していただき、安心して転職活動を進めることができました。特に私の場合、企業人としての2年間のブランクが気になっていましたが、その辺りもよいアドバイスをいただき、自信を持って面接に臨むことができました。
どうもありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「40歳での脱サラ。その2年後、再び企業人になるべく転職活動を始めました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。