転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2007/05/01

年齢に加えて高い学歴・経歴により企業側の敷居が上がり、予想以上に苦労しました。

ペンネーム : KEITH(44歳・男性)
職種・ポジション : ユーザー管理部門 次長
入社日 : 2007年3月1日
人材紹介会社 : ベンチャーエントリー
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 3社
紹介を受け、応募した社数 3社
転職活動期間 約2ヶ月

転職理由

それまで就業していた企業の、あまりに無責任かつ杜撰な企業体質に嫌気がさしていました。

自分自身のモチベーションさえ維持できないのに、部下のモチベーションを向上させることなど不可能です。結局これ以上続けることは、自分のキャリアプランを大きく逸脱させると感じて転職を決意しました。

転職活動と内定までの経緯

今回の転職活動では、40代という年齢はもちろんですが、高い学歴・経歴が逆に企業側の敷居を上げる結果になったことが予想以上に苦労したことでした。

管理職クラスの求人は表に出にくいということを聞いていたので、個人で動くだけではなく、人材紹介会社を利用する事にしました。しかし、人材紹介会社も千差万別で、クライアント企業の社風や要望と応募者の人物やスキルを充分分析してマッチングを図っている優れたところもありますが、またその逆もありました。結果として、転職を成功に導くには、人材紹介会社を慎重に吟味する事が何より大切だと思っています。

実は内定先の企業からは、求人がでていた訳ではなかったのですが、人材紹介会社の方と企業との信頼関係があって、引き合わせてもらいました。会ってみると、企業側の社長と直ぐに意気投合し、そのまま「内定」という、転職活動としてはイレギュラーなものでした。

この事実から、人材紹介会社の企業体質やエージェントの能力がいかに大切かを後になって理解した次第です。就業を開始した現在、採用活動を行う上でその思いをさらに強くしています。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

あたり前の事ですが、履歴書・職務経歴書はあなたを売るための大切なツールです。自分自身もその点には細心の注意を払い相手先の企業に合わせてアレンジしました。

しかし、現在採用活動を行っていて気がつくのは、このあたりまえの事が実におざなりに扱われているということです。

また、人材紹介会社の担当者と面接に関する事前のシミュレーションを行うのはいいのですが、あまりに型通りな受け答えは面接官に良い印象を与えません。

いずれにしろ、自分自身の経験やスキルを正確に棚卸し、それを面接官に正しく伝える事が一番大切だと思います。頑張ってください。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

複数の人材紹介会社に登録し転職活動を行い、就業後の現在も多くの人材紹介会社の方とお付き合いがあります。

それらを通じて、私自身の転職が成功したかどうかだけではなく、マーケットの活用法はもちろん、人と人との繋がりを大切にする貴社の企業姿勢や担当者の努力を非常に高く評価しています。本当にお世話になりました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「年齢に加えて高い学歴・経歴により企業側の敷居が上がり、予想以上に苦労しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。