転職体験レポート
ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2017/01/10

志望を落としたり、条件を落としても全く意味がないと感じた。

前職
職種:プロジェクトマネージャー(機械・自動車)
業種:メーカー(その他)
現職
職種:プロジェクトマネージャー(機械・自動車)
業種:メーカー(自動車・輸送機器)
ペンネーム : 明るい未来(49歳・男性)
入社日 : 2016年9月1日
人材紹介会社 : 株式会社クイック
転職先が決まったきっかけ : 人材紹介会社情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 41社
紹介を受け、応募した社数 99社
転職活動期間 約1年6ヶ月
転職理由
車載メーカ系を志望していた。業界を変えて、自分のやりたいことをやっていきたいという志のもと、安定した企業を探していた。日本はメーカがやはり強いと思うが、古い体質の大企業で流動性に対しては やはり理解は不足していると痛感したが、時代は変わるであろう。
転職活動と内定までの経緯
車載系メーカ志望で、外資の著名な車載メーカ系に決められました。若い時ほど簡単には決められなかったが、だんだんと転職はしやすい時代になったのだとは思う。じっくりといろんな案件を探していたが、志望を落としたり、条件を落としても全く意味のないことだと痛感した。もっとキャリアアップとか年収倍増のような景気のいい話を身近でも聞きたい。

終身雇用は、損だという社会にしたほうがいいとも思う。日本の大企業の管理職になった人があぐらをかき、学歴だけで老後まで安泰でいられる企業や社会は活性化しないだろう。なぜここが壊れないのかが分からない。もっと新興企業が中高年層を吸収すべきである。それが活性化だと思う。ちょっと話が乖離しましたが、実感した話です。
転職活動中の人へ、一言アドバイス
頑張ってください。自分の未来は自分でつかみ取ってください。日本企業は 来る人を拒み、去る人をいじめて離さない。外資が全部そうとは思わないが、来る人は拒まず、去る人は追わず。あるいはリテンションという時代がそのうちに来ると思う。

日本の経営者が終身雇用のゴールと勘違いして、全然まともでない人も生き残れる経営スタイルがもう少し変わると、中小企業は活性化するだろう。
お世話になったコンサルタントへのメッセージ
長い間、幾つもの案件を何度も提案していただいて、感謝しております。ただただ感謝です。やはり、人材会社がないとスムースな進みができないと思いますし、転職活動だけをしている訳でもないので、非常に助かりました。
その他の40代の最新レポートはこちら
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
年代別一覧に戻る 転職体験レポートトップに戻る
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「志望を落としたり、条件を落としても全く意味がないと感じた。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。