転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2005/12/09

退職から2年半のブランク。決まらなかった時には、あせりを感じました。

ペンネーム : ジョシュ・ライマン(46歳・男性)
職種・ポジション : 人事課長(予定)
入社日 : 2005年12月12日
人材紹介会社 : ウォール・ストリート・アソシエイツ
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 20社
紹介を受け、応募した社数 30社
転職活動期間 約2年3ヶ月

転職理由

財閥系メーカーの人事畑を20年近く務め、外資のIT企業に転職。人事課長として各種制度の構築・整備を成し遂げました。しかし、日本法人のマネジメントが変わり、アメリカ本社の意向が強くなるにつれ、管理部門の体制が変更。私のポストもなくなることに。そこで、更なるスキル・アップを計るため転職を決意しました。本来は転職先を決めてから辞めるべきですが、このIT企業では、本当にドッグ・イヤーで走り続けて来たので、これを機に、ちょっと3ヶ月ほど休もうかなと思いました。それが運の尽き。途中プライベート・ビジネスを立ち上げようとするなどして、結局2年半も経ってしまいました。

転職活動と内定までの経緯

扶養家族がいないため生活にはこまりませんでしたが、ジョブ・キャリアとして、あまりにも期間が空いてしまうのは致命的と考えました。そのため、なかなか決まらなかった時には、あせりを感じました。一般公募やWebでの求人にも何件が応募しましたが、自分の場合年齢も高く職種もHR Manager職を希望しておりましたので、書類審査ではねられることが多く、人材会社からのスカウトだけを利用しました。
幸いなことに結構コンスタントにスカウトを頂き、最終的には、今回決定した外資の自動車部品メーカーのHR Manager職を得ることができました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

◎ 決して諦めない:大変なときでも決して諦めないでください。自分のキャリアを整理し、アピール・ポイント・今後の方針を明確にしておく。できれば応募先の企業への提言まで織り込めれば良いと思います。
◎ 妥協をしない:求職活動中、面接していただいた方から頂いたアドバイスです。職がなかなか決まらないと、あせりが出てきて、条件を低めに設定しがちです。しかし、自分の今までのキャリアをキチンと売り込み、それに対する正当な条件を提示することです。条件を下げると、採用側企業にとっても自信のない態度に見えてしまうようです。
◎ 就職は「縁」である:なかなか決まらないと挫けることもあると思いますが、面接官も人です。その企業・人との相性もあります。決まる時は、結構トントン拍子に決まるものです。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

人材紹介会社は何社もお世話になりましたが、こちらとはご縁があったのでしょう。今回決定した企業も含め複数社と次のステップへ進んでいる最中でした。外国人および日本人コンサルタントの方々には適宜有益なアドバイスを頂きました。感謝しております。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「退職から2年半のブランク。決まらなかった時には、あせりを感じました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。