転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2016/05/31

自身のキャリアを見直し、個人・組織ベースでの実績を明確にしておくことが重要。

前職
職種:CTO・CIO
業種:IT・Web
現職
職種:プロジェクトマネージャー(パッケージ・ミドルウェア系)
業種:IT・Web
ペンネーム : やま(47歳・男性)
入社日 : 2016年1月1日
人材紹介会社 : 株式会社パソナフォーチュン
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 1社
紹介を受け、応募した社数 1社
転職活動期間 約2ヶ月

転職理由

<きっかけ>
スマホアプリビジネスを立ち上げた。アプリは完成し、拡大傾向にあった。が、社長が説明もないまま、勝手にアプリ提案を推進していった。顧客とのニーズエラーが発生。
経営方針の違いを感じた。何度も改善の場を設けたが、売上至上主義は変わらなかった。

<動機>
自分のキャリアを見直し、組織的に大きなインターネットサービスを行う会社への業務の方に適性があると思い、転職を決意した。
これまでは一人の采配でシステム要件が決まっていった。 異論もないが、否定もないという刺激のない日々だった。

転職活動と内定までの経緯

早い段階で今回のコンサルタントに出会え、全てがスムーズに進んだ。
やはり、コンサルタントとの相性は重要だと思う。

面談に関しては、自分の想像に固執せず、コンサルタントを通じて、先方にポイントを確認していただいた。そのままではなかったが、自分のキャリアとのポイントが明確になり、とてもスムーズに進んだ。
ここでうまくコミュニケーションが取れない人はやはり面談内でも失敗するだろうと思う。

一次:担当役員
二次:社長(子会社)、担当役員)
最終:社長(本体)、人事部長
の3回行った。

それぞれ、キャリアチェック→ポジション適性チェック→企業とのマッチングチェックだったと感じている。
これは正しい形で、優れたキャリア・人間性であっても相性の悪い状態ではお互いに不幸になる。
特に本当の即戦力扱いなので、この部分はとても重要である。

3回の面談を通過して、条件交渉後に内定確定となった。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

初めの書類審査は担当するコンサルタント次第なので、本当に運次第だと思います。
ここで求人を探す方は、立派なキャリアをお持ちの方だと思います。

書類だけでは伝わらないことも多いはずです。
しかし、選考は同ルールの中で行われており、企業につながるまでのハードルはかなり高いと思われます。

新卒・若年層転職ではないので、やはりご自身のキャリア分析は見直しておくべきだと思う。
それが、個人でやれることなのか、会社組織でやれたことなのかの線引きは明確にした方がよい
自分の運を信じて!!

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

私のキャリアをしっかりと把握して、今の内定企業要件との縁をつないでいただき、本当に感謝しています。
たくさんの連絡対応も丁寧に対応していただきありがとうございました。

企業とのマッチングのみに関心が進みがちですが、コンサルタントとのマッチングはとても重要だと感じました。
今度は私が求人依頼を出しますね!!
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「自身のキャリアを見直し、個人・組織ベースでの実績を明確にしておくことが重要。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。