転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2014/10/28

就労条件の相違や事業消滅などの理由で、直近2社を短期間で退職。離職期間にも復職の機会に備えて自己研鑽を続けました。

ペンネーム : 初志貫徹(44歳・男性)
職種・ポジション : 船舶管理営業
入社日 : 2014年7月14日
人材紹介会社 : 株式会社キャリビジョン
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 8社
紹介を受け、応募した社数 20社
転職活動期間 約4ヶ月

転職理由

前勤務先の社長が社内の闘争の末、解任されました。社長直轄の事業に在籍していましたが、事業そのものが縮小・撤退の方針になり、会社の中で興味の持てる仕事がなくなってしまいました。自分の経歴・能力を活かせる場を求めて転職することにしました。

転職活動と内定までの経緯

私の場合は、最近2社の在籍期間が短いことが履歴書上も面接でもクリアすべき問題でした。

就労条件が事前の説明と違っていたこと、人材が募集されて入社した事業が消滅したことなど、自分の中では納得していても他人に伝えるのは難しいものです。長く説明すると言い訳に聞こえる恐れがあります。思案しましたが、結局は正直に、かつ端的に説明して、自分の誠実さを理解してもらい、会社との相性を測ることに注力しました。

また、家族の看護のために離職期間があったことも説明する必要がありました。理由はどうあれキャリアにブランクがあることは評価を下げる一因ですので、離職していながらも来たるべき復職の機会に備え、自己研鑽を続けることは大事なことです。私の場合は、英語の勉強に励み、TOEICスコアを残せたことが幸いでした。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

求人情報を見て、少しでも興味をひかれ、経験や能力を活かせると感じたら応募して、あとは企業との相性を測っていけば良いと思います。
逆に、仕事探しに焦りは禁物です。在籍期間1か月という経歴を残してしまった原因は、間違いなく「早く職に就きたい」という焦りからです。その職に就くにあたって自分の中で言い訳を探すようなら思いとどまるべきです。自分の中に違和感のない選択をしてほしいと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

企業が求める人物像を把握し、私の経歴・能力・適性を見極めていただいた結果、今回の転職成功につながりました。
人材紹介会社、担当者との出会いに感謝します。すべてはご縁のことですが、辛抱強く活動してよかったと思います。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「就労条件の相違や事業消滅などの理由で、直近2社を短期間で退職。離職期間にも復職の機会に備えて自己研鑽を続けました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。