転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2013/11/26

入社前と後でギャップが激しかった以前の職場環境。ワークライフバランスの整った職場を希望し、転職活動を開始しました。

ペンネーム : decoy(40歳・男性)
職種・ポジション : ウェブプロデューサー
入社日 : 2013年9月1日
人材紹介会社 : グローバル・テクノロジー・デザイン株式会社
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 7社
紹介を受け、応募した社数 99社
転職活動期間 約2ヶ月

転職理由

以前の職場での就業環境が、入社前と入社後とでかなりのギャップが有り、今一度ワークライフバランスの整った職場での勤務を希望して転職活動に踏み切りました。
前職での勤務が一年未満という事もあり、難しい部分もありましたが、年齢的にも急ぐ必要を感じておりました(39歳までという募集が多い事に気付いた為)。

転職活動と内定までの経緯

苦労したのは、年齢的な部分と転職回数、前職での勤務期間の短さといった部分です。
こういった数字に表れる条件は、募集企業の人事担当の方が機械的に候補者を足切りするには、もっとも簡単でかつ有効な手段です。この審査をくぐり抜けない事には、スキル面や実績などは何も評価されません(必ずしもではなく、10社に1社程度は見てくれる)。

工夫したのは、それらの転職が全てポジティブなものであった事の説明と、全ての行動の向かう先をきちんと絞って逆算的に理由を付けて行った事です。これらについては、何回も何回も話をまとめて論理的な考察を自分で行って辻褄合わせを行い、さらにその時々の気持ちを端的な言葉で現せるように考えました。

失敗/成功談については、職務経歴書についてまず。このドキュメントについては、私は4種類用意していました。
1つ目はとても長いもので、事細かにどのような案件で、どのようなポジションで、どのような結果を出したかをまとめた資料です。A4で30枚近いものになりました。

2つ目はこの30枚を11枚にまとめた物です。これまでの案件の中から体験談を応募企業に話すと興味を持ってもらえそうなもの、社会的な影響力のあるもの、受賞経験のあるものなどに絞って、場合によっては詳細な説明を加えたものです。

3つ目は逆に何が出来るのかを箇条書きで書き始めた物で、スキルから案件を逆引きで示した物です。これは特に応募企業が特定のスキルに注目している場合に有効でした。コチラも10枚程度のものでした。

4つ目は英文のキャリア/スキルのサマリです。こらは完全にエクゼクティブ向けに書き上げましたので2枚程度のものです。

とにかく、これらを企業担当者の温度感を見極めて使い分けたという感じです。向こうが求めている情報を出さないと、自分で話をコントロール出来ないのでとても苦労し

転職活動中の人へ、一言アドバイス

まずは、とにかく出来るだけ多くの面接を受けてみる事をお勧めします。というのもやはりこれも慣れが必要でして、いきなり本命の企業だけに絞るよりもある程度多くの企業に応募する事をお勧めします。

ただし一方で一日に3社以上の面接を受ける事はあまりお勧めしません。理由は簡単で、相手先企業の事をきちんと理解して面接に向かう事が出来なくなる恐れが有るからです。基本的に企業への質問内容などは、メモっておくのではなく暗記しておいて「待ってました!聞きたい事いっぱい有るんです!」という感じで前のめりにならないと行けないと思います。

また緊張感というものも、相手先企業はすぐに見極めます。本気さを見せるのは重要です。
最後に入社を決める時には、様々なサイトで入社してからの状況のレポートがあるかと思います。から応募企業のレポートは必ず見て、入社後の自分の環境を想像してみる事をおすすめします。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

もろもろお手数おかけしました。無事に就業しております。そもそも全く異なる話の経緯から現在の企業の紹介して頂く事になった流れは、とても不思議な縁を感じました。
何事にも、顔を突っ込んでみることの重要さを改めて感じた次第です。どこでどう繋がるか、分からない物ですね。有り難うございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「入社前と後でギャップが激しかった以前の職場環境。ワークライフバランスの整った職場を希望し、転職活動を開始しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。