転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2006/05/01

家族がいるので、なんとしても在職中に転職先を決めたいと思いました

ペンネーム : くら(37歳・男性)
職種・ポジション : 営業管理職・支店長若しくは所長
入社日 : 2006年5月16日
人材紹介会社 : イーアイ・サポート
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 14社
紹介を受け、応募した社数 5社
転職活動期間 約2ヶ月

転職理由

漠然と転職を考え出した当初は、「 自分の市場価値が知りたい 」と言う興味が先行しており、“ ダメでもともと ”で何社かの人材紹介会社に登録をしました。

現職の会社には積もり積もった不満がありましたが、家族もいるので転職先が確定しないことには退職の意思を伝えることができない状況でした。なので、在職中でも転職活動が円滑に進める手段として人材紹介会社を利用しました。

転職活動と内定までの経緯

最終学歴が高卒と言うこともあり、書類選考で見送りとなることが多く精神的にキツイ状態が続きました。ただ特定の業界での経験・知識には自信があったので、面接の際は、卑屈にならず、面接先企業に合わせるような受け答えをしないよう心がけました。

しかし、なかなか内定がいただけない状況下でこのようなスタンスを貫くには大変勇気が必要でした。そんな中でも、マイペースではありましたがじっくりと転職活動を進め、ありのままの自分を買ってもらえる企業にたどりつくことができました。

また、職務経歴書にはありきたりの経験や実績を記載するよりも、たとえわずかな関わりしかなくても、特殊な経験を記載したほうが面接官の興味を引くことができると思いました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

内定が100%確定するまで、安心しないことです。どんなに好感触が得られても、土壇場でくつがえることもあるからです。

また、絶対に在職中に転職活動することをお勧めします。そうすれば、本当に探し求めていた企業に出会えるまで、じっくりと腰をすえて活動ができますし、精神的にも余裕を持って面接に臨むことができます。面接官も在職中の求職者のほうが信頼できるようです。

ただし、在職中の企業を辞めようと思った理由は、面接官が納得できるものでないと、逆にマイナスとなりますので気をつけてください。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

今般は、すばらしい企業をご紹介いただき誠に感謝しております。今後も悩める求職者にいい出会いを提供し続けてください。期待しています!
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「家族がいるので、なんとしても在職中に転職先を決めたいと思いました」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。