転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2010/04/19

予算削減・事業仕分け等の影響が直撃して、転職活動を開始。書類作成や面接も経験がなく、戸惑うことばかりでした。

ペンネーム : さなこと(31歳・男性)
職種・ポジション : 知財事務
入社日 : 2010年4月1日
人材紹介会社 : 株式会社ディスコ
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 12社
紹介を受け、応募した社数 11社
転職活動期間 約3ヶ月

転職理由

【転職契機】
国立大学法人に任期付き教員として勤務していましたが、予算削減・事業仕分け等の影響が直撃する形で、悪条件(常勤→非常勤)での契約更改(いわゆる雇い止めに近い)を迫られたために転職を決意しました。

【転職動機】
大学での教員・研究員経験、これに附随して身に付けて技術・技能を最大限に活用できる職種、特に新領域を開拓していくような仕事に携わることを希望しました。

転職活動と内定までの経緯

【苦労した点】
これまでの移籍等が学術研究機関に限られていたために、応募書類の書式の違いや面接での質問内容の違いに戸惑いました。この点への対応は、人材紹介会社のアドバイスもしくはウェブの情報を分析して書類をリファインしていきました。また、SPI等の筆記試験や適性検査等を長らく受けていなかったので、少し面倒くさかったです(笑)。これは問題集を購入して練習問題を繰り返し解いていきました。

【工夫した点】
就職支援機関への登録に時差を設けました。人材紹介会社の面談で応募書類の書き方のアドバイスをもらい、それをフィードバックして次の人材紹介会社の面談もしくは企業の面接に持って行く、ということを繰り返しました。また、業界・企業毎に応募書類上で注目する項目が異なるので、個別対応のベースとなるメタな応募書類を作っておき、メタ応募書類の項目を修正・削除することで、各社に対して比較的応募しやすい状態を作っておきました。

また、応募実績管理表や面談面接記録表などを作って、転職活動を自己管理し、スケジューリングや転職活動そのものにフィードバックして、目標設定、動機付け、モチベーション維持に役立てました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

活動全体を通していえることは「忍耐」です。人に対してもそうですが、状況に対しても耐え忍ぶ心構えで転職活動に臨んで下さい。

具体的なアドバイスですが、前項目の【工夫した点】を補足します。メタ応募書類を作る前段階として「職歴ログ」「学歴ログ」を作ります。それぞれのログにはどんな些末なことでも書いていきます。もし日記や日誌があるなら読み返して、従事したプロジェクト名・担当内容・キーワードを書き出します。ログに基づいてメタ応募書類・個別応募書類を作成していきます。人材紹介会社のコンサルタントとも打ち合わせると応募企業の知りたい項目をより多く盛り込めるようになります。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

こちらのサイト、ミドルの転職に登録して応募書類を公開していたところ、株式会社ディスコのコンサルタントである北井氏からスカウトメールを頂戴しました。

公開情報を丹念に読み込んで下さっていたので、面談の際にはほんの少し補足説明をするだけで済みました。求人情報を詳細に分析されていたので、面接対策は万全を期すことができました。また、迅速な対応を頂いたので、応募から内定までわずか2週間という短期間ですみました。

心から感謝いたします。ありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「予算削減・事業仕分け等の影響が直撃して、転職活動を開始。書類作成や面接も経験がなく、戸惑うことばかりでした。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。