転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2006/03/30

数社から不合格通知をもらっても、落ち込みませんでした。

ペンネーム : キング (38歳・男性)
職種・ポジション : 営業管理職
入社日 : 2006年4月1日
人材紹介会社 : イーアイ・サポート
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 15社
紹介を受け、応募した社数 10社
転職活動期間 約3ヶ月

転職理由

前回の転職は、人材紹介会社を通さずに、個人的なヘッドハンティングにて転職しました。しかし、不測の事態が発生じ給与・ポジションとも大幅に違ったため転職を決意。

今回の転職は、私ならびにコンサルタントにより、細かな点、ポジションだけでなく、取引先の風評・新製品の状況をチェックし、ポジションに関しては肩書きでなく実際の職務・職制を確認し、前回のようなことにならないよう細心の注意を払いました。またできる限りポジションについてはインタビュー前に希望を伝え、合致している企業を精査して応募しました。(同じマネージャー職でも企業により、権限・その他に大幅な違いがある場合があります。)

転職活動と内定までの経緯

昨年末から転職活動をスタートさせ、決まるまで約3ヶ月かかりました。転職成功のポイントは、自分が何をやってきて、何ができるのかを理解し、マッチした企業に的確にそれを伝えられるかどうかに尽きると思います。

そのために、私は職務経歴書を見直し、赤ペンでより具体的な仕事内容を記入。その中でより細分化された自分のスキルを見つけ、応募企業ニーズと合致したものをインタビュー時に報告するという方法を取りました。この結果として複数の内定をちょうだいすることができました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

とにかく「なぜ転職するのか?」「何をしてきたのか?」「何ができるのか?」を自分自身が理解できていれば100%転職できると思います。数社から不合格通知をもらっても、理由を自分なりに分析さえすれば、必要以上に落ち込むことは全くないと思います。ただし、落ちた理由を、過去の自分や忙しさ、現職の会社、社会景気などのせいにするのは良くないですね。あくまでも内的に理由をみつけ、シニカルにとらえず、ポジテイブに考えていけばベストマッチした企業が絶対にあります。

インタビュー終了後すぐ、内容を紙に書き出し、客観的に良かった点・悪かった点を分析することも大切だと思います。誰でも面接に落ちると必要以上に落ち込むことがありますが、在職中であれば落ちる会社は行かないほうが良かったんだと思い、離職中であれば次によりすばらしい会社とめぐり合えるチャンスをもらったと思うことで、落ち込まずに次に進めますよ!

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

非常に親身になっていただき、また適切なタイミングで貴重なアドヴァイスをいただきありがとうございました。面接日時のコーデイネーションや焦っている時の精神的なサポートなど本当に助かりました。今後とも違った形でも是非お世話になりたいと思います。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「数社から不合格通知をもらっても、落ち込みませんでした。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。