転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2008/01/28

転職を重ねた20代。真剣に転職を考えるころには、転職回数の多さから苦戦を強いられました。

ペンネーム : K_K(36歳・男性)
職種・ポジション : ITサービス系(ソリューション)・営業課長職
入社日 : 2008年2月1日
人材紹介会社 : ベンチャーエントリー
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 4社
紹介を受け、応募した社数 20社
転職活動期間 約8ヶ月

転職理由

元来、転職回数が多かった私。自分のライフスタイルが変わり、扶養家族ができていった中で、性懲りもなく、20代の時と同じような動機で転職を繰り返していました。しかしながら、勤務先におけるポジションが上がると、これまで優先していた自身のやりたいことや自由が制限されます。そして、当然のことながら「責任・マネージメント・我慢」といった事に注力しなければなりません。

そうなってくると、会社と自分の関係や、業界の将来性といった、先々の事まで真剣に考えて会社選びをしなければならないんだ、と初めて痛感したのです。会社や業務は、ポジションレイヤーによって、景色や感情、やる事が大きく変わるのだと改めて理解。今回はゆっくりじっくり、プロに相談して決めたいと考えました。

転職活動と内定までの経緯

私の転職活動は、次の3つの理由から、苦戦を強いられました。まず転職回数が多かったこと。次に、小さな学生ベンチャーとはいえ、役員経験もあったこと。そして、経歴上どうしてもインターネット系の求人ばかり集まったこと。それでも各コンサルタントのアドバイスやアレンジで、かなり多くの面談チャンスをいただきました。

しかし、今までの転職を「なんとなく・いきおい・インスピレーション」でやってきた私。面接の回数を重ねる毎に、自己矛盾や、本来自分がなすべき事、目標とすることを見失いつつあったのでした。

特に驚いたのは、かなり多くの会社で、個人ビジョンや将来目標といったことを聞かれたことです。即戦力を望みながらも、会社側は少しでも長く定着していける社員を本気で探しているようでした。そういった中で、自身としても「安易な転職は避けたい」と心から感じたのです。

転職活動に、より真摯に取組んでいくと、求職者と募集企業の相互の理解が自然と深くなります。「ココはちょっと違うな」と感じると、先方からも断りが入りました。逆に、非常に強いシンパシーを感じた会社からは良い返事をもらえ、何度もお会いできるチャンスをいただきました。

最後の内定をいただいた会社は、一度の面談でOKをいただきました。前出の経験から、面接で等身大の自分を偽らずアピールし、自身も遠慮なく質問をぶつけた事が良かったのだと思います。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

現在は売り手市場などと呼ばれ、私達には大変多くの機会があるかと思います。しかしながら、売り手市場に甘えるだけではなく、面談に至った会社には、できうる限り事前にリサーチや勉強を行って臨むことをおススメします。良いご縁は相互理解が重要だと思います。

また、人材紹介会社を活用されるのであれば、自分の既成・固定概念に拘泥することなく、コンサルタントの皆さんに耳を傾けるのが、成功の第一歩だと今回わかりました。どうか皆様、素晴らしいステップを切り開いてください。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

ベンチャーエントリーさん、大変お世話になりました。なかなか難しい履歴の私を理解していただき、様々な案件をご紹介いただきました。今回ご縁のあった企業は、他社さんではなかなか扱われていない特殊な案件でした。また、企業側の求人ありきで動かれるのではなく、企業・個人それぞれに対して、コンサルティングに臨まれている姿勢には、非常に感銘を受けました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「転職を重ねた20代。真剣に転職を考えるころには、転職回数の多さから苦戦を強いられました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。