転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2007/08/02

前職では自分の実績が評価されていないと感じ、転職を決意しました。

ペンネーム : きなこ(30歳・男性)
職種・ポジション : エンジニア
入社日 : 2007年7月17日
人材紹介会社 : パーソネル
転職先が決まったきっかけ : 人材紹介会社情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 2社
紹介を受け、応募した社数 2社
転職活動期間 約7ヶ月

転職理由

以前はソフトウェア業界でエンジニアをしていました。しかし、外常駐ばかりで、自社においては不透明な評価制度が存在し、自分がどれだけ貢献しているのかを教えてくれませんでした。このまま所属していても先行きはないとハッキリと感じていました。

元々インターネット業界で仕事をしたいと思っていたため、30歳になったのを機に、ソフトウェア業界を完全に去ろうと決意しました。

転職活動と内定までの経緯

外常駐だったので、とにかくプロジェクトを抜けるタイミングを見計らうのが大変でした。紹介会社からは案件の紹介を受けるものの、自分が所属するプロジェクトの仕事で忙殺されるくらいになり、一時意欲を失いかけたこともありました。

春になりやっとプロジェクトを抜けられる時期が明確になり、今まで保留状態だった求人へ応募をしていきました。

一番苦労したのは、面接でいかに自分を売り込むかということです。30歳だったので、チームリーダ経験など20代後半では問われないことも問われるようになっていて、説明するのに苦労しました。また、自分はあまり面接に強くないということもあったので、より準備に力を入れました。

また、インターネット業界は初めてだったので、情報に敏感になり、常に最新情報を収集しておきました。面接で業界の話題に答えられないようでは駄目なので、得た情報をいかに自分の中で消化して持論にしていくのかを考えていました。

面接等で苦労はしましたが、無事、自分の業務経験を高く買っていただける企業から内定をいただくことができました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

人事評価制度を質問できるのであれば、質問したほうがよいと思います。評価は自分が所属する会社にもたらした売上げや仕事ぶりにより判断されるのが基本です。自分がどれだけ会社にコミットメントしているかを上司が見てくれていて、その内容について上司と自分がやり取りをできるのであれば、双方が何を考えているのか意思疎通ができるので、良いと思います。

しかし、外常駐をしていると、残念ながらそうでないことがあります。見てくれないから不満を持ち転職をする、という流れはまずいと、身をもって感じました。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

いろいろな案件を紹介いただいている中、自分の業務都合により辛抱強く待っていただき、ありがとうございました。自分が不足していることや、企業に訴求したいことへの助言をたくさんいただきました。

今回の転職で、自分の希望の業界に行くことができるので、これまでの経験と技能を生かして、さらに上を目指していきます。本当にありがとうございました!
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「前職では自分の実績が評価されていないと感じ、転職を決意しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。