転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2006/12/11

企業人としての再出発。不安な気持ちで転職活動を始めました。

ペンネーム : どらえもん(34歳・男性)
職種・ポジション : 法務
入社日 : 2006年12月1日
人材紹介会社 : アビリティデザイン
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 4社
紹介を受け、応募した社数 20社
転職活動期間 約2ヶ月

転職理由

前職を退職し、司法試験の受験に専念しておりましたが、家庭を持ちながらのチャレンジということもあったので、今年度の不合格を機会に再び企業人として再出発を図りたいと考えたのがきっかけです。

ただ、人生の再出発として、将来のビジョンをどのように描いくのかすら定まっておらず、また、養っていく妻子がいるので、ある程度の収入を確保していかなければならないなど不安だらけの状態で転職活動を開始しました。

転職活動と内定までの経緯

最初は、職務経歴書の作成に苦労しました。私の場合は将来のビジョンが明確に定まっていなかったため、まずは自己分析を徹底的にしました。そのお陰で、職務経歴や志望動機書などを作成していくうちにだんだんと明確になってきたと思います。

職務経歴書の書き直しは10回以上やりましたし、職種によってアピールする部分が変わりますので、希望職種ごとに職務経歴書の書き方も変えていました。この職務経歴書や志望動機書の書き方によって、かなり書類選考の通過率が違ったと思います。

職務経歴書の書き方のポイントは、「募集要項で求めている人物像に如何に自分がマッチした思考や経歴を有しているか」を示すことだと感じました。この自己分析を徹底的にやることにより、面接のための準備をすることはありませんでした。

書類選考が通り、面接を受け始めました。初めは前職での経験をベースに人事系で動いていましたが、実際に面接を受けているうちに、本当に自分がやりたいことは何か、自分にあった仕事は何か、収入などのニーズに応えられる業種は何かなどが明確になり、最終的には、金融を中心とした法務への方向性を模索することにしました。

この際のポイントは、とにかく多くの企業と実際に会って肌で感じることだと思います。また、面接での失敗ですが、一生懸命自分をアピールする反面、自己主張が強いという印象を与えてしまったことです。これは人材紹介会社を通じてフィードバックがあったおかげで、知ることができた情報です。まさに、人材紹介会社を活用するメリットの1つだと思います。

このような評価は気持ちの良いものではありませんが、自分を高めていくための情報として前向きに捉え、次回以降の面接を進めて行く際に参考にしてました。

結局、数社の内定をいただき、面接官の対応、選考の手際の良さなどから、企業の雰囲気が自分に合ってると感じたところに転職を決めました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

明確に転職先が決まっていなくても、転職活動を通じて自分自身を知ることができ、明確になってくることもあると思います。

まずは、様々な可能性を信じて、いろいろな出会いを大切にするといいと思います。私も転職先に決めた企業は、「まずは会ってみてから」というのがきっかけでした。逆に、この企業は良さそうと思い、面接を受けてみて幻滅するところもありました。やはり、実際に肌で感じて分かることは多いと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

私は4社の人材紹介会社にお世話になりましたが、どこの会社のコンサルタントの方もすばらしい方だったと思います。私にとって人生の大きな選択になるタイミングで、親身になって相談に乗っていただいたことに感謝します。

また、面談の時間も各社とも1時間以上も時間をかけていただき、その時間は自分にとっても転職活動をしていく上で、大きな方向性が見えてきたものだったと思います。この転職活動は一生忘れることのできない貴重な体験でした。本当にありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「企業人としての再出発。不安な気持ちで転職活動を始めました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。