転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2015/02/17

面接で”なぜ今の年齢での転職なのか?”と聞かれることを何度も経験しました。そこで転職理由と志望理由を関連付けて伝えること、応募企業で働きたいということを意欲的に伝えることに注意して、面接を受けました。

前職
職種:SE(汎用系)
業種:メーカー(電気・電子・半導体)
現職
職種:SE(汎用系)
業種:IT・Web
ペンネーム : take(36歳・男性)
入社日 : 2015年2月1日
人材紹介会社 : 株式会社セラヴィ
転職先が決まったきっかけ : 人材紹介会社情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 5社
紹介を受け、応募した社数 11社
転職活動期間 約5ヶ月

転職理由

電子機器のメーカーの開発部門でソフトウェア開発業務を行っていましたが、会社規模に対してソフトウェア開発の規模が小さく、ソフトウェア開発を事業として行われている企業にてスキルアップをしたい思い転職を決意しました。

転職活動と内定までの経緯

36歳という年齢であり、転職するにはギリギリという認識はありましたが、実際に転職活動を行うと、書類選考での見送り理由が"若年層の採用予定"であることや、面接でも”なぜ今の年齢での転職なのか?”と聞かれることを何度も経験しました。
採用となった企業では、転職理由と志望理由を関連付けて伝えること、応募企業で働きたいということを意欲的に伝えることに注意して、自信を持って答えられるようにして面接を受けました。
失敗した点としては、転職活動を始めた時期に地域や職種を絞りすぎ、応募する企業が少なかったことです。見送りになったら次を受けるという活動では、活動期間が永くかかってしまうということを身をもって体験することとなりました。条件を広げ、出来るだけ多くの企業を受ける活動を最初からしていればよかったと思います。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

私が苦労した点としては、会社を辞めてから転職活動を行ったことです。時間を充分に取れないことや、転職活動に専念したい為だったからです。
時間は充分にとることができましたが、複数の志望した企業が採用見送りとなり、3ヶ月を過ぎても就職先が決まらず、精神的にもつらい時期がありました。
これから転職活動をされる方は、次の会社が決まってから退職されることをお勧めします。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

採用となった企業を紹介して頂いたコンサルタントの方には、他の紹介会社よりも真っ先に情報を頂きました。また、企業の人事の方とも密に連絡を取っていただき、面接のアドバイスを丁寧にして頂いたことに大変感謝しています。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「面接で”なぜ今の年齢での転職なのか?”と聞かれることを何度も経験しました。そこで転職理由と志望理由を関連付けて伝えること、応募企業で働きたいということを意欲的に伝えることに注意して、面接を受けました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。