転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2009/04/20

退職勧奨による、突然の転職活動…。1ヶ月の短期決戦という覚悟で、200社に応募、24社で面接と、がむしゃらに走り抜けました。

ペンネーム : けんちんぢる(29歳・男性)
職種・ポジション : コマーシャルアシスタントマネージャー
入社日 : 2009年4月1日
人材紹介会社 : ジェイ エイ シー リクルートメント
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 16社
紹介を受け、応募した社数 50社
転職活動期間 約1ヶ月

転職理由

市況の悪化により、1月下旬に唐突な退職勧奨を受けました。1週間ほど、気持ちが落ち込み何もする気になれませんでしたが、その後気持ちを切り替え、志は高く、1ヶ月の短期集中と決め、スカウトは全て利用するといった攻めの姿勢で活動を行いました(計16社)。オリジナルの進捗管理表をエクセルで作成することにより、全く無理なく16社のサポーターを味方に付け、走り抜くことができました。

希望はこれまた非常に厳しい自動車業界。販売不振による先々への不安から同業界からの撤退者は多いのですが、まだまだこれから次世代エネルギーの技術革新のキーになる重要な産業であることに変わりはなく、エンジンという心臓部が大きく変わろうとしている大変貴重な経験が積めそうな今だからこそ、自動車業界参入への勝負を心に決めるも…現実は厳しかったです。

転職活動と内定までの経緯

採用意欲の高い、自動車関連企業が少なく、決め打ちで挑まざるを得ませんでした。絶対に負けられない戦いというべきか、最終的にどうしても行きたい企業が1社存在しました。そこへ経験値も、調子もピークへ持って行くべく、1ヶ月を走り抜くという期限を決めていたことにより、ハナからスタミナのことは意識することもなく、飛ばしに飛ばしていきました。

具体的には、前半に少しでも興味のある企業へエントリーを限界までし尽くしました。その数200社。面接機会を頂いた企業様へは全て全力で挑みました。無駄な面接などなく、全ての面接機会が新たな自分発見へと繋がり、第一志望の企業へはスムースに力を出し切ることができました。

尚、第一志望の企業様へは他社の進行と比べ、最も遅くなるよう調整し、常に即断即決を出来るよう調整しました。面接は計24社受け、その全てが完璧と思えたこともなく、「ああ言えばよかった。こう言えばよかった。」と反省したものですが、受ける度に進化をしていくことができました。

怠惰な私が本気になるためにも、「勝負の期限を1ヶ月」と区切り、「第一志望の企業であろうとなかろうと、全力で」企業研究と同時に、自分自身の棚卸(自己PR)が出来たことが、最後に4社内定、そして、第一志望への内定へと結びついたのではないかと思っています。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

「いつまでに(期限)、どこへ(業界)」という柱だけは持って、あとは全力でがむしゃらに走り抜けば、必ず、多くの発見と出会い・思いもよらぬ高結果が待っていることと思います。
最後は、「勝利の女神は強気がお好き」といったところでしょうか(笑)

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

担当のキャリアアドバイザーは非常に、「熱心・丁寧・正直」な方でした。正直、何度もバテかけましたが、その都度、励まして頂きました。最高のサポーターに感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「退職勧奨による、突然の転職活動…。1ヶ月の短期決戦という覚悟で、200社に応募、24社で面接と、がむしゃらに走り抜けました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!転職のプロ、コンサルタントがサポートする日本最大級のキャリア転職情報サイト。