転職体験レポート
ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2007/05/21

転職活動中、とことん自分と向き合わなければならない状況は、とてもつらいものだと思いました。

ペンネーム : ひつじ(29歳・女性)
職種・ポジション : 治験に係わる事務
入社日 : 2007年4月16日
人材紹介会社 : ヴェディオール・キャリア
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 11社
紹介を受け、応募した社数 35社
転職活動期間 約3ヶ月
転職理由
前職では経営者の遵法意識が低く、社員も法を犯さなければならなくなりそうな状況でした。何度話をしてもこちらの言うことに聞く耳を持たず、逆に罵倒されるような始末だったため、転職を決意しました。
転職活動と内定までの経緯
2007年2月にサイトに登録し、その後スカウトをもらった人材紹介会社に登録しました。しかし、条件的に厳しい職歴であったこと、今までとは違う業種にチャレンジしたかったため、そうそう頻繁には案件を紹介してもらえませんでした。

私は器用貧乏なところがあり、知らないところでも割と早くになじめる一方、これがやりたいという強い考えがなかなか出てきませんでした。自分の仕事について地道にこなしていくことを考えてはいても、自分のキャリアプランについてよく考えたことがなかったため、コンサルタントの話を参考にしたり、転職雑誌などで自己分析をしました。そのおかげで、これからどういう目標を持って仕事をしていくのかということを考えることができました。

私の退職理由は、ある会社特有の問題点のほかに業界全体の問題点もありました。そこで、当初は業界を変えた方がいいのかと思い他業界も受けていました。

4月になって、異業種の一般事務としての仕事に決まりそうになりましたが、同時に同業種の仕事が決まり、業界チェンジをするか否かの選択を迫られました。退職理由を考えると、業界を変えたほうがよいとも思いましたが、どの業界にでも多かれ少なかれそういったジレンマのような問題はあると思います。それなら、その問題点をすでに把握しており、その問題点に立ち向かえるような大きな会社であれば、自分にもできることがあるのではないかと考え、同業種でもう少し頑張ってみようと思い、今の会社に決めました。
転職活動中の人へ、一言アドバイス
転職活動中は、落ち込むことが本当にたくさんあります。その中でも自分のモチベーションを保ち、自分に何ができて何ができないのか、何がしたくて何がしたくないのかを考え、とことん自分と向き合わなければならない状況はとてもつらいものだと思います。しかし、この作業は、はしょったりはできない重要な作業だと思いました。

また、私は退職をしてから転職活動を本格的にしたため、離職中の焦燥感は相当なものでした。たとえ時間的に難しくても、苦しくても、在職中にきちんと次の仕事を決めることをオススメします。
お世話になったコンサルタントへのメッセージ
今回利用した人材紹介会社さんは11社と多いかと思いますが、いろいろなタイプの会社さんがあってとても興味深かったです。

中でも最初から最後まで根気良くお付き合いくださった会社様は落ち込んでいるときにもいろいろと励ましてくださったり、アドバイスをしてくださったりと、きめ細かいサポートをしていただきました。本当に感謝しています。
その他の20代の最新レポートはこちら
最近ご覧になった求人に基づいたオススメ求人
年代別一覧に戻る 転職体験レポートトップに戻る
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
エン・ジャパンのミドル専用ハイクラス転職サイト。「転職活動中、とことん自分と向き合わなければならない状況は、とてもつらいものだと思いました。」など、サイトを通じて転職成功された、20代・30代・40代・50代の方の転職体験談を多数掲載。年収1000万円以上の転職成功者続出!