転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2009/09/14

自分の可能性を試すため、早期退職に応募。しかし、書類審査さえ通らないまま、2ヶ月間が過ぎました。

ペンネーム : くま(52歳・男性)
職種・ポジション : 銀行/総合オペレーション部 次長
入社日 : 2009年8月1日
人材紹介会社 : ケリーサービスジャパン株式会社
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 15社
紹介を受け、応募した社数 4社
転職活動期間 約5ヶ月

転職理由

学卒以来1社で28年間同じ会社、同じ工場で勤務してきましたが、このまま定年までこの田舎ののんびりとした環境の中で、顔の知れた限られたメンバーと、安穏と社会人生活を終えてしまっていいのだろうか、そう思うようになっていました。会社も比較的経営状態は良く、処遇も悪くは無かったのですが、早期退職プログラムが出されたのを機に、最後のチャレンジと思って転職を試みました。できるだけ、今までとは違った分野で自分を試してみたくて「退職」という決断を下したのですが…。

転職活動と内定までの経緯

最初、有名企業に自力で応募しました。しかし、応募者が多くて50歳以上というだけで相手にしてくれません。多い案件では1人の求人に、100人から1,000人の応募があると聞き驚きました。人材紹介会社はその中から選別して、数人を面接に送るという作業を任されている訳です。まずそういう仕組みと厳しい現実を知りました。

新聞とか広告の応募も同じです。100%駄目ですので、見るだけ時間の無駄でした。もうどこでもいいと思って、給与の低いところにも応募しましたが、給与が低いのは、若い人とか女性を求めているということで、ここにも入るスキはありませんでした。2ヶ月間に30社以上に応募しましたが、全て書類審査で落ちました。

そこで初めてスカウトという方法に登録してみました。なかなかスカウトは来ませんでしたが、GWが明けると2、3の人材紹介会社からメールが来るようになりました。とは言っても自分の希望に添わなかったり、書類で落ちてしまったりしましたが、初めて面接に漕ぎ着けたときには、かすかな光と希望を感じることができました。いきなり重役面接ですれ違いがあり、うまくいかないこともありましたが、2、3回の面接で面接慣れしてくると、自分の言いたいことがはっきり言える様になり、結果、面接もこなせるようになって、最終的に内定をいただくに到りました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

スカウトをお勧めいたします。
履歴書は簡単・明瞭がいいのですが、職歴書には自分が何をやってきたのか、何ができるのかを少しくらいオーバーと思えるくらいにアピールした方がいいと思います。それを見てスカウトが会社或いは人材紹介会社からくれば、少なくても面接につながる可能性が大きくなります。

面接では、とにかく何をやってきたのかがしつこく聞かれます。成功談と失敗談、苦労話、これらは内容を良く吟味して、いつでも話せるように準備が必要です。外資系の場合は、英文レジュメ、突然の外国人による面接もあり得ますので、それに備えて英語でも話せるようにしておかねばなりません。とにかく、自分が何ができるかだけがウリですから、まとめておきましょう。1次面接が通るとかなり可能性が出てくるように思えます。面接ではそれで落とされるのを気にせずに、多少過激になっても自分の意見ははっきりと言う事が肝心と思いました。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

今回、私の転職先を紹介してくれた人材紹介会社は、自分が思ってもいなかったような業種を勧めてきたので、最初とても驚きました。工場でモノづくりに専念してきた自分がこれから銀行で勤まるかどうか心配ですが、チャレンジを決意しての転職ですので、畑違いでどれだけ自分がやっていけるのか楽しみでもあります。

履歴書の書き方から、面接の事前情報、どういうことを勉強しておけばいいかとか、ポイントを的確にアドバイスしてくれた人材紹介会社のY様に感謝しております。ありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「自分の可能性を試すため、早期退職に応募。しかし、書類審査さえ通らないまま、2ヶ月間が過ぎました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。