転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2007/11/15

希望職種を「やりたい仕事」から「経験した仕事」へ。状況が動いたのは、この時からでした。

ペンネーム : はるな(40歳・女性)
職種・ポジション : 人事総務
入社日 : 2007年11月5日
人材紹介会社 : ヒューマンリソシア
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 11社
紹介を受け、応募した社数 10社
転職活動期間 約1年7ヶ月

転職理由

突然会社が閉鎖になってしまいました。合弁企業だったのでどちらかに移籍する話はありました。しかし、片方は世間的に評判の悪い会社だったのでやめ、もう1社は平社員なら席が空いていましたが、私には役職があり、ある程度高給だったので受け入れられませんでした。そこで、転職することを決めました。

転職活動と内定までの経緯

私の場合、年齢が引っかかり募集企業が限られてしまいました。でも、年齢については自分で工夫することが出来ません。そこで、人材紹介会社からアドバイスを受け、それまでは「したい仕事」で探していたものを、「経験した仕事」で探すことにしました。すると、希望職種を変更してから半年くらいで仕事が決まりました。また、人材紹介会社からのアドバイスで、履歴書・職務経歴書を応募企業によって書き分けました。人事部がしっかりした、もしくは強い会社は、転職活動期間が何ヶ月なのかを記入したり、退職理由を細かく書いたりしました。また採用部署が直接面接する会社の場合は、経験した職務にその時の状況を細かく書くようにしました。

私には今まで6回の転職経験がありますが、どの場合も2ヶ月ほどで転職先が決まっていました。しかし、今回はかなりの時間がかかり、保有していたマンションを売却。祖母の看病が重なったこともあり、祖母の家へ居候することにしました。転職活動が長引くと気がめいることもありましたが、幸い友人が多かったので、みんながリフレッシュさせてくれました。それと、仕事を探す時間を決めて、それ以外の時間は考えないことにしていました。ちょっとのん気過ぎる気もしますが、ずっと考えていてもどうにもならないこともありますし、精神衛生上良くないと思いそうしていました。

祖母宅へ転居してから1ヶ月後、無事、採用が決定。19ヶ月の転職活動にピリオドを打ちました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

自分を信じることが大切。諦めたり迷ったりすることもあると思いますが、選考に落ちても、今までの仕事での苦労や成功がなくなるわけではありません。ポジティブシンキングを意識していないと、面接のとき暗い印象になり、選考にも悪影響を及ぼしてしまいます。

そして、人と話すこと。特に一人暮らしだと、面接のとき言葉が出てこなくなります。他愛ない話でもいいから言葉を交わすようにしたほうがいいですね。現在、転職活動がうまくいかなくて苦しんでいる人は、一日も早くいい仕事がみつかるよう願っています。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

ヒューマンリソシアの河野さんへ
「おめでとうございます!」と言ってくれた時の貴女の瞳を、私は決して忘れず、これからの仕事に邁進していきたいと思います。「人材紹介会社の立派な担当者になってください」とは言いません。今のままの貴女だったからこそ、私の仕事は決まりました。少しのテクニックと今のままの気持ちで、これからも沢山の人と企業を繋いで下さい。今後もお仕事でお世話になると思いますので、ホントに飲みに行きましょうね。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「希望職種を「やりたい仕事」から「経験した仕事」へ。状況が動いたのは、この時からでした。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。