転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2012/10/09

前職では、「やるべきことはやった」と感じ、転職を決意。最初は漫然とした活動のため、面接にたどり付けませんでした。

ペンネーム : セニョール(47歳・男性)
職種・ポジション : セールス
入社日 : 2012年6月16日
人材紹介会社 : ブリッジグループ株式会社
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 5社
紹介を受け、応募した社数 70社
転職活動期間 約10ヶ月

転職理由

以前の会社では「やるべきことはやった」と感じ、新しいことにチャレンジしたく転職を決意しました。また、違う会社を通じて社会へ貢献がしたいと思ったことも理由のひとつです。

これからのビジネスパーソンには英語は必須と思い、転職先を外資系企業に絞りました。

転職活動と内定までの経緯

最初は漫然と転職活動をしていましたが、面接にたどり着くことすらできませんでした。転職活動が半年を過ぎた時点で、職務経歴書を見直し修正し、訴求力のある職務経歴書を作成しました。

単に職歴を時系列で並べるだけではなく、「活かせる経験・知識・技術」という項目に職務経歴書の三分の二を費やしました。何が貢献できるか、が読み手に取って明確になったと思います。

そうした結果、職務経歴書修正後は面接の機会が増えました。内定をいただいた会社の場合も、職務経歴書がキーポイントであったようです。

面接は4回ありましたが、面接時に聞かれるポイントを想定して臨んだことが良かったと思います。
面接の対策としては、「何が貢献できるか」を常に念頭に置いて、想定問答集を作成しました。エクセルに想定される質問とその回答をまとめ、面接時には面接官に承諾を得て、想定問答集を見ながら質問に答えました。もちろん棒読みにならないよう、事前に何度も見直しました。また、面接前に会社のホームページを何度も見て、情報を得ていたことも良かったようです。

私の場合、外資系企業への転職を望んでいたので英語学習も並行しておこないTOEICもほぼ毎回受験しました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

とにかくあきらめないことです。また職務経歴書作成時や面接時には、どのようなキャリアを持っていて、それが転職先の会社でどのような形で貢献できるのか、を具体化しておくことをお勧めいたします。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

内定をいただいた会社での面接回数は4回、内定をいただくまでの期間は2か月でした。その2か月間、不安に思ったことや、面接対策を細かくサポートしていただきました。

コンサルタントの方からは、自信を持って面接に臨むよう励ましをいただきました。また、面接官の情報も事前にいただくことができました。面接結果の連絡が夜の遅い時間だったこともありましたが、眠れない夜を過ごすよりはずっと良かったです。

明らかに自力だけでの転職は無理です。親身になって、不安な時でも心配を聞いていただきアドバイスをいただけたことが何よりでした。親身になって動いていただいたことに、本当に感謝しております。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「前職では、「やるべきことはやった」と感じ、転職を決意。最初は漫然とした活動のため、面接にたどり付けませんでした。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。