転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2010/08/21

公認会計士から、事業会社における管理職への転職。スキルが見合わず、初めはなかなか話が進みませんでした。

ペンネーム : かーくん(39歳・男性)
職種・ポジション : ファイナンスコントローラー
入社日 : 2010年10月1日
人材紹介会社 : 平成ビジネスアソシエイツ株式会社
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 10社
紹介を受け、応募した社数 7社
転職活動期間 約4ヶ月

転職理由

公認会計士として働いてきて、海外駐在や転勤も含めて一通りの経験を積んできました。ただ会計士の仕事の中で色々な会社にアドバイスを提供する一方、事業会社で活躍してみたいという気持ちが強くなっていました。会計事務所での勤務も人間関係は良好で、非常に迷う部分もありましたが、40歳も間近に迫っており、転職を決意しました。転職の希望に際しては、できるだけ会社の意思決定に携われるようなポジションを希望していました。

転職活動と内定までの経緯

転職活動を決意したものの、活動前の2009年は求人案件が冷え込んで最悪の時期でした。実際に私が活動を始めた2010年前半も、案件数自体は戻ってきたものの、求職者数は多く買い手市場と言われていました。

私が希望したのは会計・財務の管理職でしたが、最初のうちは求められるスキルと自分の持つスキルが見合わないということで、人材会社の選考で次に進めないケースもありました。

ミスマッチの理由として最も多かったのは、求人として求められる要件の中にあった特にハンズオンでの経験の有無という部分です。会計士は会社の決算をチェックすることが仕事で、実際に自分が決算をするわけではありません。その部分をマイナスとして見られていたのですが、ただ私は会計士の業務を行うことで、実際に決算はせずとも色々な会社の実例を見てきているため、そういった経験が必ず役立つと思っていました。

そんな中、私の希望に合致したポジションを募集しているある会社との話が進み、社長との面接まで進むこととなりました。面接に際しては、人材紹介の方と会社人事の方との関係が良かったため、過去に面接で成功した方、失敗した方についての情報等、有益な情報をアドバイスしてもらって望むことができました。

面接自体は好感触だったので、すぐに決まるかと思ったのですが、会社側で引き続き選考を続けるということで、正直最終結果が出るまでかなり待つこととなりました。最終的に内定を頂いたときは、嬉しいというよりもむしろホッとした気持ちでした。

また待遇については、当初会社から提示された条件は希望とは少し離れたものとなっていましたが、その後の人材会社の担当の方の折衝のおかげで、現在の年収から少し下がる程度で提示して頂くことができました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

転職を少しでも考えている方は、どのようなスキルが求められているかなるべく早く知っておくことがとても役に立つと思います。なぜならそれを知り、自分に足りないスキルを認識することで、それを埋めるための意識を持つことができるからです。その足りないスキルへの認識は、自分の勉強を促すことになりますし、もしくは仕事の中で少し背伸びをすることで埋めることができるかもしれません。やはりなるべく早くからの準備に勝るものはないと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

最初に連絡を取らせて頂いた時から丁寧にフォローして頂き、ありがとうございました。特に面接後から最終結果が出るまでは不安な日々が続きましたが、アップデートをまめにして頂いたことはとてもありがたかったです。今後も転職を希望される方の役に立つ人材会社として頑張ってください。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「公認会計士から、事業会社における管理職への転職。スキルが見合わず、初めはなかなか話が進みませんでした。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。