転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2008/10/27

キャリアアップを目指して転職した情報システム部門は、ほとんどが雑用業務…。前回の転職からの期間も短く、苦しい転職活動でした。

ペンネーム : NNN(30歳・男性)
職種・ポジション : 情報システム部門
入社日 : 2008年10月1日
人材紹介会社 : 日本マンパワー
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 6社
紹介を受け、応募した社数 3社
転職活動期間 約4ヶ月

転職理由

社内の基幹システムに携わって幅広い経験が積めると考え、ユーザ企業の情報システム部門へ転職しました。ですが、社内のITリテラシーが非常に低く、システムの重要性もあまり持っていない社風だったため、ただのデータ集計やPCのインストールなど、雑用業務がかなりの割合を占めており、自身のキャリアアップには非常に不安を抱く状況でした。結果的に、再度転職という選択肢を取りました。

転職活動と内定までの経緯

前回の転職からの期間が短かったため、その点がネックとなり、難色を示されることが多かったです。また改めて経歴を棚卸してみたところ、自身が希望する基幹系システムの経験がかなり少なかった事も課題でした。経験が不足する分は、他分野での学習意欲などの熱意を示すことが重要だったと思っています。上記のような状況から、なかなか色よい返事が貰えず、将来の希望も見えない中で、自身にとって苦しい状況でした。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

応募書類をきっちり書き、面接も事前準備と当日に全力で望む、という基本的な部分をしっかりすることが、やはり一番の近道ではないかと思います。私自身、書類で落とされた際は内容を見直し、面接で落とされた後は何が不足していたのかを改めて考え直し、次回の準備へ反映することで、最終的には2社から内定を頂くことができました。もちろんコンサルタントの方との連携も重要だと思います。様々な紹介企業に様々な方がおられるので、複数の会社から紹介いただくことも良いと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

企業とのやり取り、面接へのアドバイスなど、大変お世話になりました。一般的な話ですが、やはり転職は希望者にとって人生を左右するもの事ですので、一人一人にじっくり向き合っていただきたいです。まずは徹底的に転職希望者が何を望んでいるのかを、お互い共有できるような形で進めていければ、より良いのではないかと思います。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「キャリアアップを目指して転職した情報システム部門は、ほとんどが雑用業務…。前回の転職からの期間も短く、苦しい転職活動でした。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。