転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2008/08/28

会社の方針により、Flashでの開発から、C++やC#での開発へシフト。しかし「Flashに賭けたい」という思いは強く、転職を決意しました。

ペンネーム : ナイスミドルFlasher(34歳・男性)
職種・ポジション : Flashプログラマー
入社日 : 2008年9月1日
人材紹介会社 : GMOサンプランニング
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 5社
紹介を受け、応募した社数 8社
転職活動期間 約1ヶ月

転職理由

転職のきっかけは、前職で仕事内容が変化したことでした。マルチメディア系アプリの開発から業務支援系アプリの開発へ仕事がシフトし、それまでDirectorやFlashを使った開発がメインだったのがC++やC#が中心になっていきました。それはそれでプログラマとしてのスキルもアップもできたし楽しかったのですが、やはりこれから先はFlashに賭けてみたいという思いが強く、転職に踏み切りました。

転職活動と内定までの経緯

まずは大手人材会社へ登録しました。プログラマ系のFlasherということでほかの求人とくらべると求人数は少なくなりますが、それでもたくさん紹介していただき、その中から4社応募しました。そのうち2社は書類選考を通過し、一次面接もすぐに通過しました。この調子ならすぐに内定がもらえるだろうと思っていました。しかし、二次面接の結果はなかなか出ず、正直あせりはじめました。そんなとき[en]のことを妻から聞いて、スカウトに登録してみました。登録後すぐに何社からもスカウトメールが来てびっくりしました。メールにはたいてい紹介予定の会社情報も書いてあったので、そのうち条件が希望に近かった人材紹介会社3社と面談しました。それぞれから紹介してもらった会社のうち、4社に応募。2社は面接に進み、そのうち先に決まり自分の希望にあった1社に決定しました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

面接の際の工夫として、ノートパソコンで自分の仕事のサンプルや作品などを見せながら話すようにしていました。技術力ややってきた内容など、文章だけでは伝えにくいことをビジュアルで伝えることができて良かったと思います。そしてせっかく用意したものは、遠慮しないで駆け足で全部見せたほうが後悔が無くて良いです。あと、自己分析をしっかりすることと、受ける会社の企業分析を書類にしてまとめることは、面接の戦略を固める上で重要だったと思います。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

大手人材会社の方たちにも大変お世話になり、さらに[en]を通じて知りあった人材会社の方たちにもサポートしていただき、私一人の就職活動のためにたくさんの人が手を貸してくださっているんだなあと感謝の気持ちでいっぱいです。何社も紹介していただいたのにそこでは決まらなかった紹介会社様には本当に申し訳なく思いますが、いくつもの面接を受けたことで、最終的に納得して決めることができました。本当にありがとうございました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「会社の方針により、Flashでの開発から、C++やC#での開発へシフト。しかし「Flashに賭けたい」という思いは強く、転職を決意しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。