転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2006/11/13

起業に参加するも1年で失敗。しかし、それを財産として転職に臨みました。

ペンネーム : kuni(32歳・男性)
職種・ポジション : 営業職・情報システム・会員管理
入社日 : 2006年6月1日
人材紹介会社 : アイ・アム
転職先が決まったきっかけ : 人材紹介会社情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 3社
紹介を受け、応募した社数 8社
転職活動期間 約2ヶ月

転職理由

カスタマエンジニアとして11年間勤務していた会社を辞め、友人の起業に参加しました。しかし、1年で失敗。誰にも相談することなく行った前回の転職の失敗を踏まえ、今回は人材紹介会社のお世話になることにしました。

ただし、失敗した1年間は、私にとって大きな財産となりました。次の転職先としても、ベンチャーマインドを失わずに働ける環境を希望しました。

転職活動と内定までの経緯

11年間勤めた会社では修理部門で働いていました。その中では、修理以外のこと(営業・企画)を最も進んでやる社員として、会社からも一目置かれていました。将来の幹部候補として約束されていたことも、自慢ではなく事実でした。

ただし、カスタマエンジニアの仕事は、転職にあたっては非常にアピールが難しい職種だと認識していました。営業でもなく企画職でもなく、日ごろはドライバー片手に、機械を修理するという、つぶしの利かない職種です。

今回の転職の希望は営業・企画でした。したがって、普通に考えたら、カスタマエンジニア経験のみなので、書類審査で落とされます(歳も32歳ですし…)。そこで、履歴書・職務経歴書にはあえて、失敗した一年間(前職)の経験を中心に書きました。

また、どうしても普通のサラリーマンとして一生を終わらせたくない!という強い意志のもと、応募先は、これからのビジネスとして伸びていきそうな会社に限定しました。数社、紹介を受け、自分のやりたい事も見えてきたころ、1社小さなマーケティングリサーチ会社を紹介されました。

マンションの一室に事務所を構え、お世辞にも若いとは言えない社員が3名いて…。でも、何かピンと来ました。「ビジネスモデルも面白いし、システムは全く成熟されていない。これは絶対伸びる!」そう思い、夢中で社長の話を聞くうちに、私はこの会社への転職を決めました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

必ず数社受けることをお勧めします。転職は勢いでするものではなく、将来の自分を考えて、自分で設計するものです。数社受けるうちに、自分が何がやりたくて、自分が何が出来るのか?が見つかります。ゆっくりあせらず、今のフェーズで自分にピッタリの会社を見つけてください。後悔する転職は、ストレスが溜まるだけで、何も進歩しませんのでご注意下さい。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

アイ・アムさん、本当にお世話になりました。色々と親身に考えていただきありがとうございました。全て安心して相談する事が出来ました。今の会社も大変(笑)ですが、ベンチャーなので諦めるところや挑戦するところは理解の上での転職です。次にご連絡するときは大成功の連絡であることをお約束します!
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「起業に参加するも1年で失敗。しかし、それを財産として転職に臨みました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。