転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2005/11/11

4回の転職経験から、私が最もこだわった点についてお話しします。

ペンネーム : めもめも(35歳・男性)
職種・ポジション : マネージャ
入社日 : 2005年12月7日
人材紹介会社 : キャリアサポート
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 8社
紹介を受け、応募した社数 3社
転職活動期間 約3ヶ月

転職理由

以前から目指していた職種があったが、そもそも募集が数少ない職種であり、1~2年ぐらいの期間で転職活動を考えていた。
(運良く、活動をはじめて3ヶ月ぐらいで見つかった。)

転職活動と内定までの経緯

転職先選定時
企業内の情報企画や管理部門を目指していており、希望もそのように記載していた。しかし、経歴上、コンサル案件が提案されることが多かった。紹介案件の中には、決心が揺らぎそうになる条件の良い案件もあったことで、紹介会社に希望を明確に伝えられず、転職活動が一時迷走しそうになった。

面接時
シンクタンクやコンサル関係の職務経験を重ねていたため、転職の回数も多かった。そのため、ジョブホッパーや経験不足の疑念を抱かれることも多かった。したがって、これからの自分の目指す方向性について、きちんと納得していただくよう説明するのに大変苦労した。この点は、専門性や担当業務での経験を踏まえながら説明をすることでクリアした。また、守秘義務上、具体的に話せない事項をうまく説明できず、経験不足と誤解されることも多くあった。

内定時
今回決まった転職では、面接時に転職先のビジネスモデル(コアコンピタンス)について宿題をだされ、次回の面接でそれに回答できたことが内定要因だと思う。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

4回の転職経験から、私が最もこだわった点についてお話しします。

私の場合は、たとえ経験が蓄積できるような場合でも、給与面については、必ず現状の年収を超える転職先を選択することを考えていました。

年収の現状維持やダウンは、他の条件が良くても、自分の価値を高めることには繋がらないと考えています。転職者にとっては年収が、おそらく最も客観的な自己の市場評価ですから。

また、一般的に人事評価は曖昧で、入社後の大きな昇給はあまり期待できない場合が多いように思うからです。人事評価制度やシステムの見直し、被評価者の評価方法や対処方法等はノウハウが蓄積されている会社も多いですが、中には評価する側=評価者の選別や育成に注意が払われず人事評価が適正に機能していない現状もあるからです。

こだわりを持ち続けることは苦労を伴いますが、信念を曲げずに転職を実現して欲しいです。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

どうもありがとうございました。
色々とこちらからの面倒な要求(給与交渉)にも対応してくれて、まことにありがとうございます。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「4回の転職経験から、私が最もこだわった点についてお話しします。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。