転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2006/08/31

自慢できるスキルのない私。上場企業から2日で内定をいただき、少し戸惑ってしまいました。

ペンネーム : akira(35歳・男性)
職種・ポジション : 経営管理
入社日 : 2006年9月1日
人材紹介会社 : 日本マンパワー
転職先が決まったきっかけ : スカウト
登録した人材紹介会社数 6社
紹介を受け、応募した社数 7社
転職活動期間 約1ヶ月

転職理由

強烈なオーナー企業であったため、真面目に働くことが評価されないのではないかという不信感と、将来への不安から転職を考え始めました。

転職活動と内定までの経緯

7月末にエン・ジャパンに登録し、登録初日にスカウトメールをいただきました。その中から、5社ほどの会社を選びました。一番最初に応募したいと思った「一部上場大手メーカー」の求人を持っていた人材紹介会社に登録したところ、第一希望の企業面接が一番最初に入りました。

正直なところ他で少し練習してから望みたかったのですが、断るわけにもいかず、完全な準備不足のまま臨むことになりました。

金曜に面接・筆記試験を行い、月曜に2次(最終)の案内を受け、火曜日の最終面接日の後に内定をいただきました。

最初に受けた上場企業から、実質2日で内定をいただき、かえって戸惑いました。が、第一希望だったこともあり応じました。後は、予定していた面接をキャンセルするため、人材会社の各担当者へお詫びの電話をしました。人材会社に登録してから内定まで、10日くらいで内定まで決まってしまいました。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

私は私大出身、英語もダメ、資格もなし、小さな会社へ出向して高度な業務経験無しという、何も自慢できるスキルのない者でした。しかし、出向先(赤字会社)で担当者・管理職を経験したことを高く評価していただきました。

また、完全に準備不足であったため、面接時に模範解答のような受け答えが一切できず、逆に開き直り、すべての質問に自分の考えを正直に話すように心がけました。内定をいただけた要因を聞いたところ、一緒に働く仲間だから正直なやつがいいと言われました。会社に入ることだけに捉われるのではなく、目の前の面接官とは入社後に同僚となるということも考えて、きれいごとばかり言わないのも良いかもしれません。

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

この度は、スピーディーに転職を決めていただきありがとうございました。

あまりにもスムーズに内定が出たので、予定を組んでもらった他の企業面接も受けないままで、少し申し訳なく思っています。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「自慢できるスキルのない私。上場企業から2日で内定をいただき、少し戸惑ってしまいました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。