転職体験レポート
エン ミドルの転職を利用して、ひと足先に
転職成功した皆さんからの体験メッセージ集です。
掲載日 2007/11/29

体力的・精神的にも大変な転職活動。時にはピンと張った気持ちを緩ませる事が必要だと痛感しました。

ペンネーム : ひよこコンサルタント(28歳・男性)
職種・ポジション : コンサルタント
入社日 : 2007年5月1日
人材紹介会社 : 日本マンパワー
転職先が決まったきっかけ : 求人情報へのエントリー
登録した人材紹介会社数 10社
紹介を受け、応募した社数 10社
転職活動期間 約4ヶ月

転職理由

前職では、プログラマーからアシスタントSEを経てSEを目指す一人のエンジニアでした。元々、それまでの待遇や今後の自分のキャリアパスを考えた上で転職したい願望はありましたが、特定した業界はありませんでした。

その後、親会社の海外関連会社へERPを導入するプロジェクトを経験。そこで習得したERPの知識や英語力がどれほど評価されるのか、自分自身にどれだけの能力があるのか、「外の世界に出て試してみたい」と強く思うようになりました。また、そのプロジェクトを通じて活躍する他社のコンサルタントの方々の活躍を拝見し、「今の上司の下ではなく、こんなコンサルタントの方と働いて自分を成長させたい!」と強く考えるように。これが、SEという立場からコンサルタントへステップアップするきっかけとなりました。

転職活動と内定までの経緯

転職活動を始めるにしても、人材紹介会社に関する情報を全く持っていませんでした。そこで、スカウトを頂いた際のメールのやりとりや電話の内容で、何社かの人材紹介会社にお世話になろうと考えました。求人は保守/運用が中心でしたが、私にはERPの実務経験が2年あり、英語力もある事で多くのスカウトを頂きました。業界上、東京での募集が多いのですが、希望する勤務地の関西ではそれほど案件数が多くなかった事と、譲れない条件(給与、勤務地、業界においてプライムである)を考慮した結果、絞込みに時間がそれほどかからなかった事は幸運でした。

大変だったのは面接です。場合によっては当時住んでいた東京でも面接して頂けましたが、転職活動のピーク時にはほぼ毎週末、関西や名古屋での面接がありました。私は前職で関西から東京へ転勤していた上、独身です。会社からは年に一度しか帰省の交通費を負担してもらえませんでした。そのため、よく金券ショップでチケットを購入してコスト削減を心掛けました。転職活動は予想以上にお金が必要でした。

最終的には3社から内定を頂きました。元々第一志望であった会社からも内定を頂きましたが、自分が働いている姿がイメージできなかったので辞退させて頂く事に。今の会社を選んだ最終的な決め手は、会社の雰囲気や自分のキャリアパス等を考え、自分が働いている姿がイメージできた事。そして、面接をして頂いている方と一緒に働いている姿が想像できたことでした。残念ながら第一志望の会社では、そのようには感じられませんでした。今の会社は働き出してからもほぼイメージ通りの仕事。本当に満足できた転職活動でした。

転職活動中の人へ、一言アドバイス

複数の面接が同時進行すると、現状の仕事のスケジュールの兼ね合い、就業後の移動、休日の面接など、体力的/精神的にどうしてもきつくなってきます。そういった時に気持ちをリフレッシュ/リセットさせる方法を実践しました。例えば入浴に時間をかける、趣味に時間を費やす、お酒を飲むといった、自分をいたわる事が大変重要です。これは非常に重要なスキル。時にはピンと張った気持ちを緩ませる事が必要です。面接時は、リラックス&スマイルで自分が思っている事を背伸びせずに伝えることができれば、自ずと道は開けます。自分を信じる事が一番大事です!

お世話になったコンサルタントへのメッセージ

今回の転職活動でお世話になった日本マンパワーの上西さんは、第一印象が良かっただけでなく、メールのレスポンス、業界情報量ともに他社と比較してズバ抜けていました。私の場合はフィーリングが合っただけかもしれませんが、そう思える人材紹介会社の方がいるのといないとのでは、かなり違ったはずです。本当にありがとうございました。心強かったです。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
転職体験レポート「体力的・精神的にも大変な転職活動。時にはピンと張った気持ちを緩ませる事が必要だと痛感しました。」。人材紹介会社を通じて、転職を成功された方の転職体験談を多数掲載。転職成功者続出!高年収・プロフェッショナル専門の転職サイト。