ミドル世代の転職市場
トレンドがわかる記事をPick up!
16/03/28 UP!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マネジメント・キャリア

人事はこう見ている!「出戻り転職」を成功させる秘訣とは?

転職後、元いた会社の良さに気がついてカムバック転職する。

 

そんな「出戻り転職」をする、ミドル人材が増えているそうです。

 

しかし、一度辞めた会社に、そんなに上手く出戻ることはできるものなのでしょうか。企業の人事担当者に聞いてみました。

 

 

7割の企業が、一度辞めた社員の再雇用経験あり。

 

 

Q:一度退職した社員を再雇用したことがありますか?

 

 

まずは「退職した人を再雇用した事があるか」を伺いました。結果、約7割の企業が「再雇用の経験あり」という結果に。

 

年代別では「男性30代:46%」「40代男性:36%」と、ミドル世代が最も多く再雇用されている実態が、明らかになりました。その要因は、社会的な採用難に加え、経験のあるミドル人材を求めているからのようです。自社で一度働いた事がある人なら、業務もすぐ可能でしょうし、教育コストもかかりません。まさに一石二鳥。

 

…とは言え、誰でも上手くいくわけではないようです。出戻り転職が成功する秘訣について、具体的なエピソードと共に聞いてみました。

 

 

 

出戻り転職が成功する人、失敗する人

まずは、出戻り転職を成功させた人のエピソードです。

即戦力であると共に、恩を感じる為か帰属意識が目に見えて高くなり、経営陣の意図を汲み取り、全体へ波及する一助となっている。
会社の仕組み、社員のひととなりがわかっており即戦力となった。本人も一旦退職した負い目もあり在職社員への挨拶を含め、下手に出たことが良い結果になったと思う。

その企業の”仕組み”を理解した上で、即戦力になる。それは当然として、下手に出ることや、謙虚さが成功のポイントという声が他にも多数散見されました。

 

では、失敗する人はどんな人なのでしょうか?

離職していても、戻ってくると「社歴が長い」と本人が思ってしまい、謙虚さがなくなってしまうこと。
課題は、再雇用する人物の人柄によっては、周りの反発が起こりえることです。

謙虚さが感じられなくなったり、周囲の人々に配慮できない人物だと、会社の雰囲気を悪くしたり、場合によっては反発も….。これでは、どんなに能力が高かったとしても、出戻り転職は失敗する可能性が高まります。

 

 

つまり、持っている能力に加えて、周囲への配慮や「謙虚さ」が、出戻り転職の秘訣。元々いた会社への転職とは言え、前とは違う状況で戻ってきているという意識が重要ですね。

 

参考にしてみてください。

 

ではでは。

 

[今回参考にしたアンケート記事]
エン人事のミカタ – 出戻り社員「再雇用」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWSの一覧へ
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
一度辞めた会社に、上手く「出戻り転職」する秘訣はあるのでしょうか。企業の人事担当者に聞いてみました。