みなさんの声を活かすためのユーザーアンケート集計結果
75回 アンケート集計結果

「将来のキャリア展望」について

これまでのキャリアが「充実していた」と感じる方は、全体の62%。今後のキャリアの志向性は「新興企業の中で、企業の成長に貢献する」。
( ※ 一番多かった回答より )
第75回のアンケートは「将来のキャリア展望について」というテーマで行いました。転職を考える際には、過去のキャリアを振り返ると同時に、将来のキャリアを考えることが必要になります。今回のアンケートでは、今までのキャリアの充実度や今後のキャリア志向・実現したいことなどをお聞きしています。ご自身の将来のキャリアを考える上で、ご参考にしていただければと思います。
実施期間:2012223日~ 2012321
有効回答数:437
担当:事務局 きむら
Q1.これまでの自分のキャリアは、充実していたと感じますか?
【年代別グラフ】[非常に充実していた]全体:9%、20代:4%、30代:9%、40代:11%、50代:9%、[充実していた]全体:53%、20代:21%、30代:56%、40代:48%、50代:64%、[あまり充実していなかった]全体:29%、20代:54%、30代:22%、40代:34%、50代:22%、[充実していなかった]全体:9%、20代:21%、30代:13%、40代:7%、50代:5%
「非常に充実していた」「充実していた」方にお聞きします。どのような点で、そうお感じになりますか?(複数回答可)---【年代別グラフ】
「あまり充実していなかった」「充実していなかった」方にお聞きします。どのような点で、そうお感じになりますか?(複数回答可)---【年代別グラフ】
Q2.今後のキャリアの志向性として、合致するものをお選びください。(複数回答可)
【年代別グラフ】
「新興企業の中で、企業の成長に貢献する」と回答された方の理由より
会社の大きさはあまり気にしないが、自分自身も成長や昇進したいし、会社の成長や業績の向上に貢献したい。(29歳 男性) せっかく仕事をするのであれば、市場を選ばず人を会社を育てる仕事をしたいと思うので。(40歳 女性)
「自ら起業して、ビジネスをつくる」と回答された方の理由より
独立するために企業で経験を積み、独立してから自己実現したいと考えているので。(31歳 女性) これからの時代は企業や国に頼るのではなく、個人ブランドで生きる時代だからです。(41歳 男性)
「海外に出てグローバルに活躍する」と回答された方の理由より
大企業で組織の一部になり、日本で働くことに不安があるから。海外での業務や本業以外の仕事でどこに行っても通用するビジネスパーソンになりたい。(35歳 男性) 海外での経験を活かし、バランスの取れたキャリアアップとスキルアップを目指し、国際的な社会貢献にも今後も続けていきたいです。(38歳 男性)
「規模の大きな企業の中で、昇格・昇進する」と回答された方の理由より
規模の大きな邦銀も経験したが、主に外資系中心で働いてきたので、規模の大きな組織で自分を生かす道を探り続けていきたい。(35歳 男性) 現在東証1部上場企業に所属していますが、業務形態・昇進・昇格制度に不満がある。外資系であれば、実力主義なのでやりがいがある。(42歳 男性)
Q3.今後、仕事を通じて得たいもの・実現したいことは何でしょうか?(複数選択可)
【年代別グラフ】
Q4.今後のキャリアを考えた上で、ご自身がお持ちのスキル・経験・能力で強みとなるものは何でしょうか?
業績管理のための非定型な業務全般に関与していること。プロジェクトを興して推進できること。プログラミングやデータベース操作などを活用した定型業務のシステム化を行えること。(29歳 男性) 今まで海外経験が長かったので外国語での勤務が可能です。また専門職なので、海外勤務で得た経験と知識も私の強みです。(32歳 女性)
会社設立からスターティングスタッフとして環境改善してきたこと。(29歳 女性) きちんとしたトレーニングが無くても、手探りしながら自分でフローを見付けられる。(33歳 女性)
これまで出会って仕事を一緒にして頂いた方々の人脈。(35歳 女性) 高い課題発見能力、課題解決能力、コミュニケーション能力。(38歳 男性)
職域を越えた幅広い経験。(40歳 男性)  
Q5.今後のキャリアを考えた上で、今の自分に不足していると考えるスキル・能力・経験はどのようなものでしょうか?
プロジェクトのスケジュールや工数などを管理する能力、経験。(29歳 男性) 英語を駆使して外部者からの協力を積極的に取りつけること。(29歳 男性)
自身の経験した業務以外にも、他部門の業務内容を把握し、経営者として全体を把握できているようなレベルまで向上したい。自身については最新の分析機器や法令に関して情報を集め、常に最先端にいる意識で業務に取り組んでいたい。(31歳 男性) コミュニケーション力も強みだと思っているけれども、これまでの経歴ではそう見えない結果になっているので、企業内でうまく立ち回れる力が必要だと思う。(39歳 女性)
マネージメント力。周囲の人たちと仲良くやるだけでなく、きちんと管理、適材適所などができるようになる必要がある。(41歳 女性) 経営経験と長期スパンでの物事の見方や計画の立て方。(42歳 男性)
まず、これまでのキャリアが充実していたと感じる方は全体の62%でした。世代別で見ると、20代で充実していたと感じられる方はわずか25%となりました。まだ20代は成長の途中であるということでしょうか。仕事の充実感を味わうことができるのは、キャリアを積んだ30代からということになるようです。

世代別の違いに目を向けてみると、今後のキャリアの志向性については30代では「規模の大きい企業の中で、昇格・昇進する」や「海外に出てグローバルに活躍する」が多くなりました。これまで培ってきたビジネススキルや経験を活かして、より影響力の大きな仕事をグローバルな舞台で展開したいという思いがあるのかもしれません。

また、40代・50代では「新興企業の中で、企業の成長に貢献する」が多く選ばれています。キャリアを積むにつれて、自身の経験やスキルを活かして企業に貢献したいという思いが芽生えてくることが感じられます。

今回のアンケートで、キャリアを積むにつれて組織への貢献の方法が変わっていくように感じました。ビジネスマンとしてより広く組織に貢献するためにも、まず自身のため成長のために仕事をする必要があると感じました。
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
第75回アンケート集計結果「「将来のキャリア展望」について」。ユーザーアンケート集計ページ。エン ミドルの転職 プロフェッショナルをご利用頂いた皆様に「働くこと」「転職について」に関するアンケートを毎月実施。ご回答いただいた皆様には、抽選で豪華商品プレゼント。