みなさんの声を活かすためのユーザーアンケート集計結果
51回 アンケート集計結果

「転職意向と転職活動の状況」について

『近い将来に転職をしたい』とお考えの方は「93%」。
転職したい理由は『賃金水準に不満があるから』。
( ※ 一番多かった回答より )
第51回は「転職意向と転職活動の状況」についてお伺いしました。まだまだ厳しい雇用環境の中、皆さんの転職についての意向度をお聞きしました。また、転職意向はあるけれども活動を始めていない方には、その理由をお聞きしました。転職活動をめぐる環境や、様々な不安などが垣間見られる結果となっています。また、実際に転職活動をされている方には、転職活動を通じての気持ちの変化を伺いました。まさに活動中の皆さんには共感できる部分もあるのではないかと思います。ぜひご覧下さい。
実施期間:2010225日~ 2010324
有効回答数:1298
担当:事務局 きむら
近い将来の転職意向についてお伺いします。
a) 近い将来に転職をしたいですか?(目安として3年以内)---【年代別グラフ】[必ず転職したい]全体:67%、20代:77%、30代:69%、40代:66%、50代:68%[転職したい]全体:26%、20代:20%、30代:25%、40代:27%、50代:27%[あまり転職したくない]全体:6%、20代:2%、30代:5%、40代:6%、50代:4%[全く転職したくない]全体:1%、20代:1%、30代:1%、40代:1%、50代:1%
b) a)で「必ず転職したい」「転職したい」とお答えの方にお聞きします。その理由は何でしょうか?(3つまで選択可)---【年代別グラフ】
今回は、転職意向についてお伺いしました。まず、転職理由をお聞きしたところ「賃金水準に不満があるから」という声が“35%”で、最も多い結果になりました。特に、年代が若いほど賃金水準への不満を選んだ方の比率が高く、20代では“47%”の方がこの回答を選んでいます。
現在の転職活動への意識についてお伺いします。
a) 今現在、転職を考えていますか?---【年代別グラフ】
[転職を考えており、具体的に面接・面談をしている]全体:46%、20代:41%、30代:47%、40代:46%、50代:51%[転職を考えており、情報収集を始めている]全体:37%、20代:46%、30代:37%、40代:36%、50代:34%[転職を考えているが、まだ動き出していない]全体:12%、20代:8%、30代:10%、40代:13%、50代:11%[今すぐの転職は考えていない]全体:5%、20代:5%、30代:6%、40代:5%、50代:4%
a)で、「転職を考えているが、まだ動き出していない」とお答えの方にお聞きします。その理由は何でしょうか?(複数回答可)---【年代別グラフ】
具体的には…
自分のスキルを活かした職種を選びたいが、どういった職種が良いかわからない。またどうやって調べたらよいかわからない。(26歳 女性) リストラを行い、人手不足の中でやりくりをしているのが現状。転職を考えることもあるが、今退職してしまうと業務に支障をきたすことが明らかなため。(33歳 男性)
今の会社に転職し4年目になります。ようやく自分の思うように仕事が出来るようになってきたという手ごたえを感じており、迷いながらも動けずにいます。(36歳 男性) 会社の経営状態は悪化しており、今後の賃金や雇用に対しても不安視している。ただ、緊急性を要していないため、動いてはいない。(41歳 男性)
一時、狂ったように転職活動をしていましたが、結局時間とお金の無駄に終わりました。今は小休止でしょうか。また気持ちが上向いてきたら、あきらめず動きだすと思います。(43歳 女性) 転職するにしても、果たして自分の実力が通用するのか、お役に立てるのかが不安。通用しない時のリスクを考えると、躊躇するのが本音です。(44歳 男性)
c) a)で「転職を考えており、具体的に面接・面談・情報収集をしている」とお答えの方にお伺いします。転職情報の収集のために、どのような手段を使っていますか?---【年代別グラフ】
転職を考えてはいるものの「まだ動き出していない」という方に理由をお聞きしました。その結果「今は自分の希望に合う求人がなさそうだから」という回答が“40%”で最も多かったです。雇用情勢が厳しい結果を反映したものになりました。また「仕事が多忙で、転職活動に取り組めないから」という回答が、特に20代で多かったです。仕事が忙しい時、充実している時ほど、転職は考えられないもの。かたや、そんな時ほど、自分の理想とする転職をする機会であるというコンサルタントもいます。今すぐ転職する・しないは別にして、この機会に少し先を見据えて、ご自身のキャリアを考えてみてはいかがでしょうか。
転職活動を進める中で、転職意向に変化がありましたか?
【年代別グラフ】[転職意向が強まった]全体:60%、20代:68%、30代:64%、40代:60%、50代:56%[変化はなかった]全体:32%、20代:25%、30代:28%、40代:32%、50代:35%[転職意向が弱まった]全体:8%、20代:7%、30代:8%、40代:8%、50代:9%
「転職意向が強まった」と回答した方の理由より
現在不況ではありますが、積極的に採用活動をしている企業もあることがわかった。転職活動を通じて、いろんな企業を見ることが出来るようになり、自分の視野が広がりました。(25歳 男性) 正直、転職するには非常に厳しい時期だと肌で感じているが、2~3年後に状況が飛躍的に良くなるとも考えにくく、少しでも早い(年齢が若い)うちに動き出した方が良いと思いました。(34歳 男性)
様々な企業の探索等をしているうちに、視野が広がった。それによって、自分の能力の再発見にもつながった。これが転職意欲を更に高めるひとつの理由になった。(32歳 男性) 転職活動を通じて、年齢的な問題を実感されるので、景気回復をのんびり待っていられない。今こそ動かなくては、と思う。(33歳 女性)
自分自身を見つめ直すことで、今後の目標やキャリアアップに必要なものが浮き彫りとなり、進むべき方向性が明確になったため。(37歳 男性) 転職活動を通じて、色々な会社の働き方を知ることで、自分で取り組んでみたい仕事の幅が広がったから。(30歳 女性)
転職活動で得た情報は、今の自分に何が足りないかを知る良い機会である。自己分析と企業が求める人物像の相違点を確認し、現職で足りないスキルを磨き、転職ができるように心がけるようになった。(41歳 男性) 求人などないと思っていたら、想像していた以上の求人がありました。それにより、今まで以上に自分の希望に近い仕事をしたいという思いを強くしました。あとは年齢的に厳しくなっているので、焦りもあります。(47歳 男性)
「転職意向が弱まった」と回答した方の理由より
何度面接を受けても落とされてしまうので、だんだんと転職意欲が薄まってきている。ただ、まだ諦めないつもりです。(25歳 男性) 不景気の中で、仕事が見つかりにくいのは承知の上の転職活動でした。しかし、こうも選考が進まないと、くじけそうになります。(30歳 女性)
転職するからには、自分の希望する条件を満たす先を選びたい。という気持ちをもって活動しましたが、なかなかそれは難しいようです。妥協して転職したくはないので、活動を辞めようかと迷っています。(31歳 男性) 市場は厳しいなあ・・・と肌身にしみてきています。最初は怖い物知らずでガンガン頑張っていたのが、だんだん気持ちが落ちてきてしまった・・・。(43歳 女性)
人材紹介会社からのアドバイスで、転職意向に変化がありましたか?(人材紹介会社の利用経験がある方のみ回答)
【年代別グラフ】[転職意向が強まった]全体:41%、20代:59%、30代:47%、40代:41%、50代:35%、[変化はなかった]全体:48%、20代:32%、30代:43%、40代:48%、50代:54%[転職意向が弱まった]全体:11%、20代:9%、30代:10%、40代:11%、50代:11%
「転職意向が強まった」と回答した方の理由より
異なる分野についての情報を得ることができ、興味が広がった。また、自分の経験をどのような分野・職種で活かせるかを知ることができたため、前向きになれた。(27歳 女性) 職務経歴書の訂正などのアドバイスをもらって、書類の通過率が上がったことでやる気がでました。(25歳 男性)
「目的はどこかに入社することではない、転職することで将来的に今よりも幸せになること」と言われて、転職の本当の目的を見つめなおすきっかけになりました。よりよい環境を目指して転職するんだという意欲が高まりました。(31歳 女性) こちらの話を聞いた上で適切なアドバイス(必ずしも転職を勧めるばかりではない)をもらえたし、色々話す中で自分の考えがまとまってきたから。(29歳 男性)
初めは、人材紹介会社を使わずに活動を進めていたが、何社か受けるうちに自信が弱まっていた。そんな時、人材紹介会社を利用し、コンサルタントの方とお話をしていく中で、自信を取り戻せた感じがした。(32歳 男性) 自分では、たいしたスキルが無いと思っていたのですが、人材紹介会社様のアドバイスで「この部分の経験があれば、充分通用します」といただけた事で、チャンスがあるのだという気持ちに変わりました。(36歳 男性)
忙しくて転職を諦めかけたが、自分が動けないときに、面接のアポなどを行ってもらえたり、業界の動向を教えてもらえたりで、再び動き出すきっかけとなった。(41歳 男性) 真剣に取り組んで頂いている紹介会社のエージェント様のコメントや態度に感謝する機会が多々あった為、より頑張らねばならないと感じました。(48歳 男性)
「転職意向が弱まった」と回答した方の理由より
希望条件に合った求人はない、自分の希望と現実がかけ離れていると人材紹介会社に諭されたため。(25歳 男性) 事務的なお断りの対応を受け、紹介も得られなかったことで、転職への意欲は低下した。(32歳 男性)
いくつかの紹介会社に足を運んだが、ミスマッチな案件を提示されたため。人材紹介会社の能力と言うよりは、なんとか合う案件を出してくれようとした努力の結果だとは思いますが、やはり厳しい環境と認識させられました。(44歳 男性) 自分の経験を活かせる求人がないことがよくわかった。逆に分かってよかったと思っている。今の仕事で頑張ろうと考えている。(38歳 男性)
転職活動を進める中での転職意向の変化についてお聞きしました。私は、厳しい市況の中、転職意向は低下するものと考えていましたが、その予想に反して「転職意向が強まった」方が多いという結果になりました。

転職意向が強まった理由をお聞きすると、「仕事に対する視野が広がった」「自分の将来プランが見えるようになった」という回答が多く見られました。同じ会社に長くいればいるほど、考え方が固定化したり、視野が狭まったりするものです。転職活動を通じて、より高い視点・広い視野でご自身の仕事人生を捉えることができるようになるのは素晴らしいです。正直なところ、まだまだ転職するには厳しい市場環境です。安易に転職することはお薦めしませんが、ご自身のキャリアに悩んだときには、転職活動をして動いてみることも、状況を打開するひとつの有効な手段だと思います
転職先がご決定されたみなさまへ
毎月50名様にAmazonギフト券5,000円分をブレゼント!
転職先情報の入力へ
第51回アンケート集計結果「「転職意向と転職活動の状況」について」。ユーザーアンケート集計ページ。エン ミドルの転職をご利用頂いた皆様に「働くこと」「転職について」に関するアンケートを毎月実施。ご回答いただいた皆様には、抽選で豪華商品プレゼント。